2015年09月13日

ちょっと前までなら1日に2試合も見る時間はなかったんですけど、もう時間を気にする必要はなくなったので、レアルの試合だけでなく、アトレティコvsバルサの試合も続けて見ました。


20150913_CR7_getty-560x373

レアルは「得点力不足」と批判されたのがはるか昔であるかのようなゴールラッシュ。
エース、クリスティアーノ・ロナウドが5ゴール1アシストの大車輪の活躍でだったし、ベイルのトップ下がようやく機能し始めてきたし、ベンゼマのポストプレーはやっぱり素晴らしいし、クロースがいなくても、カゼミーロ、モドリッチ、コバチッチのセンターハーフに少しも危なげがなく、6-0の圧勝。

しかし、後味が悪いのも事実。

後半、5-0で勝っていたとき、エスパニョールのクロスがマルセロの手に当たったんですよね。主審は充分見える位置にいたにもかかわらず、PKの笛を吹きませんでした。どう見てもあれはPKでしょう。

同じことがアトレティコvsバルサの試合でもありました。

ネイマールのシュートがアトレティコの選手の手に当たったのに主審はハンドの笛を吹かなかった。バルサの猛抗議にも「脇を締めてただろ」というようなジェスチャー。でもスローで見るとぜんぜん脇を締めてない。あれは明らかにハンド、PKでしょう。

この2試合、1試合は愛するレアル・マドリードの試合であり、もう1試合は強豪同士の対決ということで見たんですが、奇しくも、多民族国家スペイン王国の首都マドリードのチームvsカタルーニャ州の州都バルセロナのチームの対決だったんですね。

カタルーニャといえば、独立運動が盛んであることがよく報道されてますが、どうも今日の主審はカタルーニャ独立に反対の立場で、それがジャッジに影響を及ぼした感があります。というか絶対そうでしょう。マドリード中央政府に反旗を翻すとこうなるぞ、みたいな。

レアルが大勝したけど、あまり気分がよくないし、逆にバルサが勝ってよかったと思います。そりゃマドリディスタの私からすれば、引き分けかアトレティコが勝ってバルサが勝ち点0で終わってくれるほうが都合がよかったんですが、審判に試合を壊されるくらいなら実力通りバルサが勝つほうがずっといい。

ロナウドの圧巻5ゴールやフェルナンド・トーレスの先制弾にも燃えたし、ネイマールの劇的同点フリーキックもすごかったけど、主審の不可解な判定のあとのメッシの意地の勝ち越しゴールが今日の2試合通して一番感動した場面でした。

人間は政治的な動物だから、それぞれ政治的主張はあってかまいません。特に選手がそういう思いを胸に戦うのは相乗効果を生むと思いますが、審判が政治的立場から不公平な判定をするのは絶対に許してはなりません。

政治的主張をしたいなら試合中でなく、別のところでやってもらいたい。

と切に思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字