2019年08月07日

先日チャンネルNECOで放送された、貝原クリス亮脚本・監督による『振り込め詐欺』を見ました。

hqdefault

ろくでなしの男にウリをやらされている女が、もっと金が必要だということで、「振り込め詐欺研修会」みたいなところに送り込まれるんですね。

そこで、こんなに簡単に大金が手に入る、と振り込み詐欺の手口のイロハを教え込まれ、首尾よく騙せたら1割もらえるという仕組み。ほんとにこんな研修会があるのかどうかは定かじゃないですが、かなり高い確率であると思われます。現実の日本社会では史上最も詐欺師が多い時代じゃないかと思えるほど振り込め詐欺に手を染める人が多いですもんね。前の職場で同僚さんが「石を投げたら詐欺師に当たる」と言っていたけど、そこまで多いとは思いませんが。

で、その組織が振込口座をタレコミされてしばらく活動を凍結することを決めたのをきっかけに、主人公は一緒に研修会に入った女と組織には秘密で大金を騙し取っていくんですが、それが組織にばれてしまい…

という物語なんですが、この映画には一人も善人が出てきません。主人公だけは仕方なく、という感じでしたけど、後半は自分から率先して詐欺に手を染めるし。

現実に振り込め詐欺の被害に遭う人がいまだに多数いますが、主人公に対する反発はありません。

なぜなら、研修会と称してはいるものの、おそらく暴力団の末端構成員とおぼしき男が、恫喝に恫喝を重ねて無理やり詐欺の手口を教えていくんですが、主人公は彼から9割も搾取されているわけで、だから、これはもう「プロレタリアートによるブルジョワジーへの反逆」なんですね。階級闘争。思わず応援したくなっちゃう。

とはいえ、研修員の男にも反感を感じないところがミソ。
彼は、「世の中カネだ、カネがすべてだ!」とわめくんですが、その言葉の是非はともかく、そこに彼の人生観・人間観が詰まっていると感じるからです。おそらく貧しい幼少時代を過ごし、金を騙し取られたこともあったのでしょう。金さえあれば、金さえあればこのクソみたいな人生を変えられる、そう信じて振り込め詐欺に血道を注いでいるのがわかるのです。

そうです。彼もまた階級闘争の下位に属する者なのです。何割かは知りませんが、組から搾取されているはず。

てことは、その上位にいる人間、金をたんまりもっていながら自分では何もせず人をこき使うだけの輩を出さないと片手落ちじゃないの? 主人公とその男が手を組んで半グレ集団に喧嘩を売るぐらいのことをやってほしい、と思いましたが、これはないものねだりかな。この映画の予算ではあまり大がかりな立ち回りとかできそうにないし。

でも、『真夜中のカーボーイ』みたいなエンディングにちょっと引いたのも事実。できれば、主人公には勝ってほしかった。金は得たけれど…という最後じゃなくて、金をゲットして超ハッピー! という能天気な映画を見たかった。

悪事に手を染めた主人公が何の裁きも受けずにハッピーエンド。それが正しい「階級闘争映画」のあり方じゃないかな、と。

とはいえ、何だかんだと考えさせてくれるこの『振り込め詐欺』はマジで面白かった。おすすめです。

関連記事


振り込め詐欺 [DVD]
星野ナミ
株式会社オールイン エンタテインメント
2015-03-06





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字