昨日(史上最高のアメリカ映画!? 『ゴッドファーザー』)の続きで今日は『ゴッドファーザーPARTⅡ』です。

世に続編映画は数あれど、ここまで完璧な続編というか、これは正確には続編ではないんですよね。マイケルのその後、マイアミのドン、ハイマン・ロスとの闘いなどより、それと対比された若き日のヴィトー(ロバート・デ・ニーロ)を描くことが主眼ですからね。だから今風に言えば、『エピソード0』ですかね。PARTⅠの前日譚をやるのはこの『ゴッドファーザーPARTⅡ』が嚆矢でしょう。すぐれた発明です。

このPARTⅡではデ・ニーロの芝居が何といっても素晴らしいんですよね。

imagesCRC6MKOA

とはいえ、上の場面を選んだのは、デ・ニーロだからではなく、ここにこのPARTⅡのあらゆるドラマの種が潜んでいるからです。


街のガン・ファヌーツィ
ヴィトーはパン屋でまじめに働く好青年でしたが、ある日、街を牛耳るファヌーツィというドンが甥っ子をこの店で雇ってくれとやってくる。店主はファヌーツィにだけは逆らえない、逆らったら恐ろしい目に遭うということで、しょうがなくデ・ニーロをクビにします。店主の気持ちが痛いほどわかるのであっさり店を去っていくヴィトー。

ファヌーツィは街のガンでした。誰も彼もがファヌーツィのために苦しんでいる。ひょんなことからすでに闇の稼業に手を染めていた、後年彼の右腕になるクレメンツァと知り合ったヴィトーは、同じく将来の右腕テシオと3人で裏の商売を始めます。が、ファヌーツィから法外な金を要求される。ヴィトーは誠心誠意を込めてファヌーツィにもう少し負けてはくれまいかと頭を下げますが、金の亡者ファヌーツィはビタ一文負けるわけにはいかないと去っていきます。

そこでヴィトーは決心します。ファヌーツィを殺そうと。あいつを殺さなければ街のみんなは幸せになれない。


マイケルのために初めて人を殺す
そして、あの名場面です。祭りで賑わう街をよそにヴィトーはファヌーツィを見事に殺します。ヴィトーにとって初めての殺人です。そして、拳銃をバラバラにして始末したあと自分の家に帰ります。家の前の階段に座っていたのは他でもない、幼少時のマイケルでした。ヴィトーは「マイケル、マイケル」と、おまえのために俺はやってきたぞ、という感じで抱き上げます。

ヴィトーは金の亡者であるファヌーツィを殺して新たなドンとして街を支配しますが、決してファヌーツィのように法外な金を要求したりしません。払えない人の願いでもちゃんと聞いてあげる。PARTⅠで金のことばかり言う葬儀屋を叱責するのは俺はファヌーツィにはならないと決意したからでしょう。

でもヴィトーは悪人です。暴力で問題を解決する以上しょせん薄汚れた悪人にすぎない。ヴィトーはそれをよくわかっています。だからPARTⅠで「マイケル、おまえにだけはこの仕事はさせたくなかった」と言うのです。

俺は薄汚れた悪人だ、でも俺のような悪人がいなければ苦しまねばならない人がいる。とヴィトーは汚れ役を買って出るのです。納得のいかない理由で仕事をクビになったことがその原因ですね。だから上の画像を選んだわけです。

街のみんなのために、家族のために、かわいい三男坊マイケルのために初めてヴィトーは人を殺します。

PARTⅠでマイケルも中盤で初めて人を殺します。マイケルは戦争の英雄ですから、すでにたくさんの人を殺してるはずです。だから初めての人殺しではないものの、非合法の人殺しはあの場面が初めてです。トイレの貯水槽に隠した拳銃で殺す場面ですね。

ヴィトーはマイケルのために、マイケルはヴィトーのために初めて人を殺すのですが、それを契機にヴィトーとマイケルの運命は真逆の方向へ変わっていきます。ヴィトーが誰からも敬愛されるドンになっていくのに対し、マイケルは誰からも愛されない、金しか信用できない孤独なドンに成り下がっていきます。

マイケルのために金の亡者ファヌーツィを殺したのに、そのマイケルがファヌーツィと同じ金の亡者になってしまう。

壮大にして完璧な悲劇です。ここまで完璧な悲劇は映画の世界では他にないんじゃないでしょうか。

PARTⅠで描いた「父親を乗り越えられなかった息子」の物語を、父親の若き日を描くことでその悲劇性をさらに高める。PARTⅠとPARTⅡではほとんど同じことを語っているんですが、PARTⅡでより深化してるんですね。Ⅱのほうが好きという人が多いのもうなずける出来栄えです。

実はこの次、『PARTⅢ』は封切の時に1回見たっきりなんですが、これをいい機会に見直してみようかな、と思っています。
PARTⅡのブルーレイの音声解説で最後にコッポラが「Ⅲでは、善人になった元悪人と悪人になった元善人の対決が描かれる」と言ってるんですよね。

そんな話でしたっけ??? 見なくては。