イギリスのBBCが世界各国の映画評論家にアンケートを取って、「最高のアメリカ映画100本」を選出しました。

1位はまたぞろ『市民ケーン』ですが、2位は『ゴッドファーザー』でした。そして10位に『ゴッドファーザーPARTⅡ』が入っています。だから合わせ技でこのシリーズが史上最高のアメリカ映画といっても過言じゃないのでは?

cap015


『ゴッドファーザー』の主人公は誰か
よく、「『ゴッドファーザー』の主人公はマイケル(アル・パチーノ)だ」というと、「ヴィトー(マーロン・ブランド)だろう」と言い返されるんですが、それは明らかな間違いです。

この映画のクライマックスは、上の画像にあるように、マイケルが妹コニーの旦那を平気で殺す冷酷非情なゴッドファーザーになった場面です。妻のダイアン・キートン(役名失念)に「ほんとにコニーの旦那さんを殺したの?」と聞かれて「ノー」と答えます。ファーストシークエンスではあどけない顔の若者として登場したマイケルが最終的に最愛の妻にさえ平気で嘘をつく人相の悪い男になってしまう。あの「ノー」の場面がこの映画のクライマックスですね。

ヴィトーはクライマックスのはるか前に死んでしまうのだから主人公であるはずがありません。


ホームドラマ
この記事には「ホームドラマ」のタグを付けていますが、「『ゴッドファーザー』はホームドラマだ」というと、これにも異議を唱える人がいるんですよね。

なぜでしょう?

マイケルが裏の稼業に手を染めるのは父ヴィトーが撃たれ少しでも家族の役に立ちたいと思ったからですが、なぜヴィトーが撃たれたかというと、タッタリア・ファミリーからの「手を組んで麻薬取引をやらないか」という申し出を断ったからです。なぜ断ったか。「麻薬は家族を滅ぼすから(ヴィトー)」です。
長男ソニー(ジェームズ・カーン)が殺されたのは、コニーが旦那から暴力を振るわれていて助けに行こうとしたからです。

すべての登場人物が「家族のために」行動しているのに、それがすべて裏目に出てしまい家族がバラバラになってしまう物語なのに、ホームドラマじゃないなんて絶対におかしい。

ヴィトーは、かわいい三男坊のマイケルにだけは暴力で人を動かす汚れた稼業に手を染めてほしくないと思っていました。それが、マイケルが跡目を継いだばかりか、義理・人情を重んじるヴィトーとは対照的に、マイケルは金しか信じない極悪人になってしまう。ヴィトーの思いをことごとく裏切り、偉大なる父ヴィトー・コルレオーネとは似ても似つかぬゴッドファーザーに成り下がってしまいます。


金では動かない男ヴィトー
「アメリカはいい国です」から始まる印象的なファーストシーンで、葬儀屋は娘をレイプした男たちを殺してほしいとヴィトーに依頼に来ます。
「おまえの娘は殺されたわけじゃないから痛めつけるだけで充分だ」
「私は殺してほしいと頼んでいるんです。いったいいくら払えばいいんですか!」
「俺はそんなに情けない男か⁉ おまえが俺を常日頃からゴッドファーザーと呼んでいれば頼まれなくたってそんな奴らは痛めつけてやる」
葬儀屋がかしずいて「ゴッドファーザー」とヴィトーの手にキスをすると、
「これでおまえは友人だ。頼みを聞いてやる」

金では決して動かない男ヴィトーの礎を作ったのは何だったのか、それはPARTⅡで明かされます。


パン屋がもってくる「一輪の花」
撃たれたヴィトーが入院している病院をマイケルが訪れたとき、パン屋が来ますよね。このままでは殺されるから病室を移す、おまえも手伝えと強引に手伝わされる人。あのパン屋がもってくる「一輪の花」がヴィトーという男を象徴していると思います。

パン屋だって豪勢な花束を買いたかったはずなんですよ。でも貧しいから一輪の花しか買えない。でもヴィトーは何よりも相手の気持ちを汲む男です。金なんてどうでもいい、見舞いに来てくれたことがうれしいと喜んで受け取る男なのでしょう。

しかし!

ベッドを移動させようにも花が邪魔でパン屋が手間取っていると、マイケルはあろうことかその一輪の花を奪って床に捨てるんですね。あそこにこそ父と子のスケールの違いが顕わになっていると思います。


フレドーについて口を閉ざすヴィトー
マイケルの次兄はフレドーという能無しの男ですが、そのフレドーについてヴィトーは何も語りません。腹の中では能無しと思っているんでしょうがそれだけは決して口にしない。それを口にしたら終わりだという良識をヴィトーという男はもっていました。薄汚れた仕事に手を染めながらも、人としての矜持を失わない男でした。

しかし、マイケルは『PARTⅡ』において、そのフレドーを能無し呼ばわりするばかりか、自ら殺してしまいます。

主人公はあくまでもマイケルですが、マイケルを通してヴィトーという男の偉大さがどんどん浮き彫りになっていきます。

続き
史上最高のアメリカ映画?! 『ゴッドファーザーPARTⅡ』