久しぶりにアメリカン・ニューシネマの名作『明日に向って撃て!』を見ました。


Img_0_2














この映画、私にとってかなり特別なものでして。

実は、いままで1万本以上の映画を見ているんですが、そのきっけかになったのがこの映画なんです。
17歳の秋でした。それまで映画などほとんど見てなかったのに、ひょんなことからたまたまビデオ(DVDではなくもちろんVHS)を借りて見たのでした。
そして、その面白さにやられてしまい「世の中にこんなに素晴らしいものがあるのか!!」と驚愕、それから今日まで狂ったように映画を見続けてきました。

デビッド・フィンチャーもこの映画の大ファンらしく、いままで200回以上見ているらしいです。

他にも周りの友人でこの映画のシンパはたくさんいます。


ラストシーンにおける大きな誤解

しかしながら、この映画に関して大きな誤解をしている人が多く、残念な思いをしているのも事実なのです。(以下、ネタバレあります。ご注意を)

この映画のラストで主人公二人は警官隊が取り巻いているところに飛び出して行き一斉射撃を浴びて死ぬわけですが(あのストップモーションの何と美しいこと!)多くの人が、あの二人が警官隊が取り巻いていることを知っていて自ら撃たれるために飛び出して行った(つまり自殺)と勘違いしている人がとても多いんです。

本当は、二人は警官隊が自分たちを取り巻いていることを知らず、それまで追われ続けた名うての保安官が相手ではないことに気づき、それなら勝てる! と飛び出していくのですよね。あれを自殺と思っている人たちは、この映画がヒロイズムを謳っているとでも思っているのでしょうか。

この映画は「愚か者二人が時代の流れを見誤り、蜂の巣にされて死んでいく悲劇」です。ヒロイズムではありません。どこまでも愚かな男たちへの哀切きわまりない挽歌なのです。


新時代の象徴=自転車

時代の流れといえば、この映画の前半部で自転車を売る男が出てきます。「もう馬に乗って走る時代じゃない。これからは自転車の時代だ。自転車こそ未来なんだ」と。主人公たちはこの自転車を買うのですが、時代が馬から自転車、そして車へと移行していく流れを少しもわかっていない。いつまでも馬にまたがって銀行強盗ができると思っている。

最初のほうでポール・ニューマンが、「俺は世界を見通している」と自慢げに言う場面がありますが、少しも見通してなどいないのです。見通してると思い込んでいる愚か者なのです。
だから、名うての保安官に追われて命からがら逃げ延びたあと新天地ボリビアへ旅立つとき、「なにが未来だ、ボロ自転車が!」と自転車を投げ捨てます。(あの場面の自転車のタイヤがカラカラと淋しく空回りするカットの美しさ)

DVDの音声解説では、撮影のコンラッド・L・ホールが、「彼らを追っているのは『20世紀の文明』なんだ」と言っていました。「未来が過去を凌駕する物語なんだ」と。追手たちがいくら巻いても正確にどこまでも追ってくるのはその象徴だと。うーん、なるほど、それにはまったく気づきませんでした。


Img_1










ともかく、そういった「自分たちを取り巻く世界の流れが見えていない」ことを象徴するのがこのラストシーンなんですよね。自分たちを取り巻く警官隊にまったく気づかず出ていけば勝てると思い込んでいるという。

どこまでも愚かな男二人の悲劇。

しかし、ただ単に愚かなだけでは、このラストシーンがあんなに美しく衝撃的でいつまでも胸に残るものにはならなかったでしょう。(私が最初見たときはあまりの美しさにしばらく身動きできませんでした)


愚か者から脱却する千載一遇のチャンス

ラストシークエンスの前に、名うての保安官の姿を垣間見た二人は、このままだとあいつに殺られると銀行強盗をやめ、カタギの仕事に手を染めます。労働者に払う給料を運ぶ親方を護衛する仕事です。それまで銀行の金を奪い取っていた彼らが、今度は守る側になる皮肉。

最初の仕事でいきなり親方が山賊に撃ち殺され金を奪われるんですが、二人は金を山分けしている山賊の前に立ちはだかります。そのときのセリフが素晴らしい。

「俺たちはその金を守るのが仕事なんだ。それは俺たちの金じゃないんだ」

それまで他人の金を奪い取ることしか知らなかった男たちが初めて見せる男気。自分たちの金じゃないからこそ命がけで守るんだという。

それまでも二人はとてもチャーミングで観客はみんな彼らのことが好きだったでしょうが、この場面において彼らはただの「悪いけど愛嬌のある奴」から「本当のヒーロー」へ転身するわけです。しかし、そのまま改心すればよかったものを、またぞろ強盗に走ってしまう。

彼らは自分たちを取り巻く世界の流れにも盲目なら、自分たちの心にも盲目でした。己の心に宿った正義に気づかなかった。

どこまでも愚かな男たちの悲劇。

でも、どこまでも愚かな人間を描いているからこそ、いつまでもこの映画が好きなのかもしれません。