聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

『アイ、トーニャ』(暴力の面から考察してはいけない)

トーニャ・ハーディングがナンシー・ケリガンを暴行させた(と言われる)スキャンダルを描いた話題作『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』。

この映画は、トーニャ・ハーディングを徹底して「かわいそうな人」として描くことが主眼のようですが、私はまったく納得がいきません。

いや、別にハーディングが嫌いとか、元夫とそのお友達のケリガン襲撃をまったく知らなかったなんて嘘だろう! なんてことも思いません。

事件のことはリアルタイムで知っていますし、私は判官贔屓の強い人間なのでどちらかといえばハーディングに同情的だったような気がします。(うろ覚えですが)

ケリガン襲撃事件は、いろいろ話がこじれた結果だったと。そういう立場を取るならそれでいいですが、それでは本当に「トーニャ・ハーディングはかわいそうな人でした」ってだけの話じゃないですか。

母親から暴力を振るわれていたことも、とんでもないDV男と結婚してしまうことも、彼の友達に頭のおかしな人たちがいたということも、どれもこれも「彼女はかわいそうな人」と言うための道具ですよね。

貧しい家庭に生まれ、金がないから衣装にもお金がかけられない。審査員に「衣装代に5000ドルくれたら自分で作らなくていいのに」と文句をつけていましたが、あそこをもっと掘り下げるべきでは?



i-tonya

私はかねてから「フィギュアスケートはスポーツじゃない」と思っています。なぜなら、人間の主観で点数が決まるから。「芸術点」という言葉がすでにスポーツではないことを暗示してるじゃないですか。そして、この映画を見てその感を強くしました。

だって、きれいな衣装を着ていたらそれだけで得点が高くなるんでしょう? そんなのスポーツじゃない。音楽によっても変わってくるし、やはりあれは「芸術」でしょう。そりゃ「スポーツ」の側面もあることは否定しませんよ。

トーニャ・ハーディングの悲劇は「フィギュアスケートを純粋なスポーツとしか捉えていなかった」ことにあると思います。母親も、夫も、周囲の人みんな含めて。

貧しくて幼い頃からクラシックを聴いたり、オペラを見たり、美術展を見に行ったり、そういう体験がまったくなかったわけでしょう? でもスケーティング技術は抜群。それならなぜフィギュアスケートだったんでしょうか? スピードスケートだったらよかったのに。

ハーディングはアメリカ人で初めてトリプルアクセルを成功させることに執着して見事に成功させます。運動神経やスケーティング技術、精神力は申し分ない。でも、どうしてもそれだけでは高い得点が得られないのがフィギュアスケートという競技。



ITonya1

だから、この人がなぜ娘にフィギュアスケートをやらせようとしたのかがわからない。上流階級の連中を驚かせたかったのか、何なのか。

スピードスケートをやらせていたらあんな事件は起こらなかっただろうし、栄光の金メダリストになれていたかもしれない。衣装に金をかけなければ優勝できないと知っても、貧しいこととろくな芸術に触れたことがない育ちの悪さが影響してトリプルアクセルを飛ぶことしか頭にない。

これらも「彼女はかわいそうな人」という主張の一助にはなっていますが、私は作者が主人公に同情しているだけの映画を面白いとは思えません。

フィギュアスケートを完全なスポーツと捉える主人公と、芸術的側面を重視するお偉方の葛藤劇をもっと掘り下げてほしかった。まだ関係者はみんな存命みたいだから、もっと突っ込んだ取材をして作ってほしかったと思います。

特に母親は主人公に最も影響を与えた人物だし、フィギュアスケートをはじめさせたのも彼女。

どうしても暴行事件が目玉だからか、母親も夫も「暴力」ばかりが前景化するよう描かれてますが、それは違うんじゃないの、と。暴力が原因で主人公が悲劇に遭遇した。それじゃやっぱり「同情」ですよね。

彼女がケリガン暴行事件のことを知らなかったという立場を取るなら、暴力の面から考察してはいけないと思いました。


『中動態の世界』と依存症③断酒会の意味

(承前)①TOKIO山口達也の事件をめぐって
   ②薬を飲むのは自発的な行為か


激情に駆られている人は「強制」の状態にある
山口達也の事件について、多くの人が「酒で傷んだ体を治すために入院していたのに、退院したその日に焼酎一本空けてしまうなんてけしからん」「酔っぱらって前後不覚の状態だったと言ったって、飲んだのは山口自身じゃないか。自業自得だろう」とかいろいろ意見が飛び交っています。

それらはどれも正論なのでしょうが、中動態の観点からすると、山口達也も彼を批判する人たちも同じ「強制」の状態にあるのです。山口は酒という外部の刺激に圧倒されて猥褻行為に及んでしまったし、彼を批判する人たちも、山口達也の愚行という外部の刺激に圧倒され我を失っています。彼らはみな「まったき強制」の状態にあります。


松岡昌宏の会見
13224eb3

TOKIOの他の4人の会見で、特に松岡昌宏の言葉に感動した、という人が大勢います。私も感じるものが多かったですが、彼の言葉は、はたして「自由」(自分の本質の表現)なのか、それとも「強制」(外部の刺激に圧倒されている状態)なのか、はたしてどちらなのでしょうか?

私はどちらでもある、と思います。

『中動態の世界』の著者、國分功一郎さんは、中動態の世界では、まったき自由もまったき強制もないと言います。山口達也など依存症患者も、彼らを感情的に非難する人たちも、まったき強制の状態にあるわけだから、中動態の世界に生きていないことになります。

でも、松岡昌宏は中動態の世界に生きていると思うのです。それは「完全に自由になってもいないし、完全に強制の状態にも陥っていない」ということ。

松岡以外の3人は、どうもあまり自分の言葉で語っている気がしないんですよね。事務所からこう言えと文字通り強制された部分もあるだろうし、世間受けするためにはどういうふうに言うのが一番いいかという計算が透けて見えます。

松岡だって事務所からの指示はあったでしょうが、他の3人が芝居がかっているのに対し、彼だけは芝居に見えない。自分の本質を表現している。つまり「自由」の状態にある。とはいっても涙を流したり唇を震わせたり、激情に駆られている面も否めないから「強制」の状態でもある。

自由と強制のはざまで揺れ動く。まさに中動態の世界に生きているからこそ多くの人の耳目を集めたのでしょう。


post_23158_20180426

山口達也はボロボロ泣いているだけで、完全な「強制」の状態ですね。酒に強制され、自分が犯した罪に圧倒されてしまっている。一番ダメな状態です。
彼は、松岡昌宏のように、自分の本質を表現するように語らねばならない。いまは無理でも。


断酒会の意味
今回、断酒会というものの意味が初めてわかった気がします。
映画の中でしか見たことありませんが、同じ依存症患者同士で体験談などを語るのって、いったい何の意味があるのかいままでよくわかりませんでした。同類相憐れんでいるだけじゃないの? と。

でも、違うんですね。断酒会で体験談を語るのは治療にとても有効だそうです。

だから、やっぱり薬を飲むのは自発的行為ではないのです。医師に言われたから飲んでいるだけ。そして薬が効いている状態で酒を飲むと気持ち悪くなるから酒と縁遠くなる。それは外部の刺激に圧倒され「強制」に陥っているだけ。それだけでは酒は断てない。
かといって、強い意志をもつこともダメ。それは外部からの「やめるべき」という刺激に圧倒されているから。
酒を断つためには「自由」の境地が必要。

自由になるためには、強制と自由のはざまで揺れ動くためには、断酒会で体験談を話すのが有効なのですね。それも、心にもないことを言うのではなく、松岡昌宏のように自分の言葉で話す。自分の本質を表現するように話す。それが依存症克服のカギだと。

何だか当たり前の結論になっちゃいましたが、でも、自分の本質を表現するように周りが誘導するのも大事なのでしょう。だから、強い意志で克服しろ、とか、だからおまえはダメなんだ、と叱責するだけでは何の解決にもならない。

山口達也は松岡昌宏の言葉に応えないといけないと思う。せっかく仲間がお手本を示してくれたのだから。


自分自身の病気を考える
ならば、私自身はどうでしょうか。

いままで自発的に薬を飲んでいたけれども、本当は非自発的であることがわかりました。ずっと「強制」の状態にあったのですね。

もしかすると、脚本を書いていたのは自己の本質を表現するためだったのかもしれない、と初めて思い当たりました。そして、いまは脚本ではなく小説という形で自分の半生を徹底して批判的に書くということをやっている。それって強制の状態から無意識に自由を志向しているのかもしれない、などと。

いろいろなことを考えさせてくれた『中動態の世界』に感謝します。




『中動態の世界』と依存症②薬を飲むのは自発的行為か

(承前)①TOKIO山口達也の事件をめぐって

依存症を克服するには「意志」は関係ないことがわかりました。逆に「強い意志をもとう」と思っているとダメであると。
では、患者の意志に任せて薬を処方することってほんとに治癒に役立つんだろうか、という疑問が湧きおこります。


3cd11844868282dde6cd04d070f3a56a-1


そもそも、薬を飲む、というのは、自発的な行為なのでしょうか。

私自身、精神科の薬を30年近く飲んでいますが、はたして自発的に飲んでいるのか、それとも医者からこれを飲むようにと言われているから飲んでいるのかよくわかりません。


カツアゲされることと乞食に恵むこと
『中動態の世界』の著者、國分功一郎さんは、主にハンナ・アーレントの哲学を援用して、カツアゲによって金を差し出すことは自発的行為か否かと過激な問題提起をします。

脅されて金を相手に渡すのは、脅されたからという理由があるにせよ、自分の意志で財布から金を出して相手に差し出すのだから、自発的行為だというのが「意志」という言葉を知らなかったアリストテレスの考え方だそうです。でも、普通の考え方としておかしいですよね。脅されてるわけだから非自発的行為でしょ、と。

では、乞食に金を恵むのはどうか。
それは自発的行為に違いない、と普通は思いますが、カツアゲと同じく外部からの刺激で行動を起こしている以上、カツアゲが自発的行為でなければ乞食に金を恵むのも自発的ではないことになります。

え、それっておかしいよ! というのがごく普通の人の直感でしょう。この直感を直感に終わらせないのが「中動態」という哲学なのです。


「方向」ではなく「質の差」
著者はここからスピノザの考え方を援用します。スピノザは中動態という概念を知らなかったので、もっぱら能動か受動かを問題にします。能動か受動か、ならば「する⇔される」の考え方かというとそうではないと。

普通の考え方なら、自分→他者という方向なら能動、自分←他者という方向なら受動であると見なされます。
しかし、それだと脅されて金を差し出すのが能動か受動かがわからない。乞食に金を恵むのも外部の刺激があって金を出す以上、まったき能動とは言えない。

「方向」を問題にするからわからなくなるのであり、大事なのは「質の差」だというのがスピノザの考え方らしい。

つまり、乞食に金を恵むのは自分の本質から出た行為だと。困っている、かわいそうだという感情が心に湧き起こり、金を恵む。憐憫の感情というその人の本質を表現しているからこれは能動的な行為となる。

逆にカツアゲは、外部の脅しによって無理やり金を差し出さねばならないわけで、外部の刺激に圧倒され、その人の本質よりも外部の本質のほうが色濃く表現されている。だからこのような行為は受動的な行為なのだと。


post_23158_20180426

「受動」から「能動」へ 「強制」から「自由」へ
山口達也は酒という外部の刺激に負けて酒を飲んだ。そして酒の影響で前後不覚の状態で女子高生に無理やりキスをした。これらはすべて山口達也という人間の本質より、酒の本質のほうが色濃く表現されているから受動的な行為となる。
そして受動とは「強制」の状態にあることだというのがスピノザと著者の主張です。だからといって酒が山口に猥褻行為を強制した、だから酒が悪い、と言ってるんじゃないですよ。むしろ依存症患者は強制の状態にあるからダメなんだと。強制の状態を脱却しなければ、というのが著者の主張のようです。

そのためには、できるだけ自分の本質を表現する能動的な行為をせねばならない。そのような状態が「自由」であると著者は言います。決して「自由なる意志」をもって何事かをなすのが自由ではなく、自分の本質を強く表現する行為が本当の「自由」なのだと。

山口にかぎらず、私の知人の元アル中患者も、すべての依存症患者は、まず本人が酒なり薬物という外部によって刺激される、つまり「強制」の状態にある。少しも自由ではない。

前稿で書いたように、アルコール依存症患者が飲む白い粉薬。あれを飲んで酒を断とうという強い「意志」をもつことが治癒の糸口なのではなく、大事なのは自己の本質を表現して「自由」になることらしい。

まったき能動もまったき受動もない。酒や薬物など外部からの刺激に圧倒されている依存症患者も、自分の本質を表現できる余地がある。そこに依存症を克服するカギがありそうです。


アルコール依存症を治す薬の是非
では依存症患者にとって、薬を飲むことが自己の本質を表現することなんでしょうか? でも、それなら、強い意志をもって薬を飲むことを別の言い方にしているだけで何も変わらない気がします。
それに、薬が効いている状態で酒を飲むと気持ち悪くなって酒を飲めなくなる。それはそれで、今度は薬という外部からの刺激に圧倒されている状態です。少しも強制から脱却できていない。

あるサイトで著者のインタビューを読むと、最近は糖尿病患者の治療でも、単にカロリーを制限するだけでなく「食事を楽しむ」ことを重視すると治療の効果が上がるそうです。

ということは、薬をとてもおいしいものにするとか? あの薬はおいしかったんだろうか。そんなことは一言も聞いてないし、ごく普通の苦い粉薬にしか見えませんでしたが。

一方で、うちの犬は毎月フィラリアの薬をもらってきますが、昔は苦かったのでソーセージやチーズに混ぜたりしてやらないといけませんでした。最近のやつは薬そのものがとてもおいしくできているらしく、喜んで食べます。

そういうことなの? え、それだけの話? そのためにあんな難しい本を書いたわけじゃないはずですが……?

と、ここまで書いてきて気づいたのが、TOKIOのメンバー松岡昌宏の会見でした。おそらくあの会見に依存症を解くカギがあるんじゃないかと。

続きの記事
③断酒会の意味



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。