聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

アニメ除外の「映画芸術」ベストテン&ワーストテンについて

遅ればせながら、アニメを除外して大騒動の「映画芸術」ベストテン&ワーストテン発表号を立ち読みしてきました。

ポイントは3つですね。
eigageijutsu462_01_fixw_234



①アニメ除外は是か非か

①のアニメ除外についてですが、ある人のツイートで、
「せっかく実写とアニメの何が同じで何が違うかを議論する千載一遇のチャンスなのに、どちらも頭に血がのぼっていてもったいない」
という意味の意見がありました。私もまったく同意見。

アニメと実写はもちろんのこと違います。実写では、急に風が吹いてヒロインの長い髪がなびいてそれがすごくいい、とか、ハプニングを取り込んでいけますけど、アニメは100%人為的に作り込まれているのでね。演技だって、肉体や表情だけの芝居も含む実写に比べ、アニメだと声の演技だけだし。それを同列に扱うのはどうかと。

アニメをベストテンから一方的に排除する「理由」は誰の目にも明らかで、去年、荒井晴彦編集長が非難した『この世界の片隅に』がベストに選ばれたからでしょう。とはいえ、「前から違和感があった」というのは嘘ではないと思います。私ですら感じていたわけだし。

でも、『この世界の片隅に』がベストに選ばれたことが「大きなきっかけ」になったことは間違いないわけで、それならそれで堂々と正直に言えばいいと思うんですよ。それを「あれは関係ない」とかいう弁解はいただけません。

「映画芸術」というのは荒井晴彦さんの「主観」で作って売ってる雑誌なのだから(私自身そういうところが好きで定期購読していました)もっと「アニメは実写映画とは違う」と堂々と言えばいいんじゃないですかね。ただ、最近の映画は役者以外はすべてCGやアニメと合成している場合も少なくないわけで、とすると『シン・ゴジラ』とかはアニメ扱いになるんですか? 河村さんという人が「仮想現実に依拠した映画を排除」とかって言ってましたが、どこに「線」を引けばいいんでしょう?

いずれにしても、「アニメ排除」というか「アニメは実写とは違う」というのは荒井晴彦という人の「主観」として受け取ればいいんじゃないでしょうか。もちろん、そのような意見は受け容れられないという「主観」をもつ人だっているでしょうし、議論を深めていけばいいのでは? 実写と仮想現実を合成している映画は「実写」なのか、それとも違うのか。そもそも「何が映画なのか」というところまで。テレビドラマとして作られながら劇場公開されたものははたして映画なのか、どうか。

私はアニメ除外より、次の問題のほうが大きいと思いますよ。

②機械的な点数決め

これまでは「ベストもワーストも10本まで(0本でもOK)」「合計55点のうち1本の最高点を10点として自由に配分できる」という規定が、「ベストもワーストも必ず5本選ぶ」「点数配分は1位10点、2位7点、3位5点、4位3点、5位1点とする」と大幅に変わりました。

なぜこのほうが問題が大きいかというと、「主観」が売りだったはずの映芸が「客観公正幻想」に毒されてしまったと思うからです。確か12年前だと記憶していますが、田中千世子や塩田時敏らが「監督をした」「出演をしている」という理由でキネ旬の選考委員から排除されました。自分の作品に投票されたらベストテンが客観公正でなくなってしまうというキネ旬の判断に対し、荒井さんは「ベストテンが客観公正なんて幻想だよ」と言って批判していました。私もそう思います。(別にベストテンだけでなく映画批評は主観のぶつけあいだと思うし、そもそも人生そのものがそうですよね)

今回の誌面でも「映芸はキネ旬への批評なんだ」と言っています。であれば、徹底的に「主観」を売りにしてほしいんですよ。荒井さんの作品が1位になったりすると「お手盛りだ」といまだに非難する人がいますが、あんなのもはや恒例の「芸」みたいなもんなのだから、「あーやっぱり!」と楽しめばいいと思う。

それよりも、ベストもワーストも全員が5本ずつで点数配分まで決められてしまうと選者の「主観」が薄まって「客観公正幻想」に染まってしまうんじゃないですかね。「アニメは除外」という炎上覚悟の「主観」をぶち上げておいて、一方で「客観」「公正」を売りにするというのは矛盾しています。この矛盾こそが今回の選考基準変更の一番大きな問題と考えます。以下は蛇足です。

③ワーストの点数をベストから引かないこと

ワーストの点数をベストから引くことで順位の逆転が起きるという「底意地の悪さ」が私は好きだったんですがねぇ。それをなくしてしまったら楽しみが薄まってしまうと考えるのは私だけではないと思います。

そりゃ真逆の考え方の人もいるでしょう。確かあれは2004年でしたか、『血と骨』と『誰も知らない』がワーストでも結構な票を集めて瀬々敬久監督の『ユダ』が逆転1位になったとき、前者2本に高得点を入れていた山根さんが「単純につまらない」と言って選考委員を降りちゃったんですよね。今回のようにベストとワーストを別々に選ぶのもいいんですけど、奇しくも今年は「映画秘宝」が、ベスト1位ととほほ1位に同じ映画を選ぶという「快挙」を先にやっちゃったし、やはり映芸にはいままで通りワーストの点数を引くという底意地の悪さを発揮してもらいたいもんです。それもまた映芸の「主観」では?(だって『ユダ』を1位に選ぶなんて映芸にしかできないですよ)

ほんとに蛇足
荒井晴彦さんの名誉のために言っておくと、いままで通りワーストの点数をを引いていたら『幼子われらに生まれ』が逆転で1位でした。決して自分の作品を1位にしたいだけでやってるわけではないということです。

そこのけそこのけ、キャンディーズが通る!

昨日お話した「寒冷ストレス」というのは相当に強烈です。
だって、熱さのストレスでダウンした場合、長くても3日で復活できますが、今回は5日半もダウンしたうえに、昨日復活したと思ったら今日またプチダウンしてしまいました。
今日こそはハローワークのあと『スリー・ビルボード』に行こうと思ってましたが断念。帰って寝ました。
晩ご飯は近くの市場で買ってきた天ぷらの盛り合わせ。これに、れんこんきんぴら、黒豆、シジミの味噌汁という健康食。

それはさておき、こういう寝込んだときのためのカンフル剤があるのを忘れていました。

キャンディーズの「ゴールデン・ベスト」2枚組。これを聴いたら元気があふれる!





特に『春一番』は・・・と思ったんですが、やはり寒冷ストレスの威力が凄まじく、まだまだ快復とまではいきません。

医者が言うには、「寒いと生き物は死ぬからね。それぐらい寒さのストレスというのは強烈。だから冬眠する動物がいる」とのこと。

しかし、動物なら冬眠もできますが、吹きっさらしの外気の中で耐えている植物は何と強いことか。

人間が滅亡したら、この地球を支配するのは植物ではないか。原初の地球に戻るのではないか。そんなことを思いながら眠ることにします。


『T2 トレインスポッティング』(悔恨と希望と)

T2-trainspotting

もともと1作目がそれほど好きではないということもあり、劇場に見に行かなかった『T2 トレインスポッティング』。あまりに評判がいいみたいなので21年前の前作を再見したうえで鑑賞しました。

もう滂沱の涙! 涙で画面がかすんでしまうとは思ってもみませんでした。

まだ若かった彼らはただの愚か者であり、愚か者なりに自分の人生を歩んでいましたが、21年たってもやっぱり愚か者でしかないという厳しい現実が身につまされます。恋仲だった女は立派な弁護士になっているというのに。

我が身を振り返ってみると、1作目を見たのはまだ20代前半のときでした。そして21年たって40代半ばになってわかったことは、「自分はいつまでたっても子どもで愚か者でどうしようもないバカである」という悲しい現実だけです。悔恨と自己嫌悪。

21年前と確実に賢くなったこともあります。それは、

「歳をとらないとわからないことがある」

ということです。

でも、その「歳をとらないとわからないこと」とは何だろう? と考えると途端にわからなくなる。わからないからいまだに愚か者のままなのでしょう。

昔は、40代の人間ってもっと大人だと思っていました。いろんなことを学び、いろんなことを悟り、若造にはわからないことがわかるようになるんだと漠然と思っていました。でも、実際にこの歳になってわかったことは、「人間はいつまでたっても子どもだ」ということです。

おそらく、20代の私がこの映画を見ても少しもよさがわからないでしょう。後悔するという経験をある程度積まないと理解できない『レイジング・ブル』のような映画ですね。

もしかすると、この映画の良さがわかるということは、少しは1作目を見たときより大人になったということかもしれない。うまく言葉にはできないけれど、それが「歳をとらないとわからないことがわかった」ということの正体なのかもしれない。

というわけでユアン・マクレガーと一緒に、21年前の自分の残像とともに踊るのです。

ユアン・マクレガーのように踊れるかどうか。そこにこれからの人生を生き抜いていく鍵がある気がします。そこに「希望」があるのだと。



T2-trainspotting-ending


一期は夢よ、ただ狂え! 


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。