聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

宇宙開発と飢餓問題(両方大事の哲学)

先日、映画『ファースト・マン』を見に行ったら、思いがけなく私小説作家の車谷長吉さんの言葉を思い出しました。

2493_TP3_00040R-1024x626 (1)

「宇宙開発とかそんなことに費やすお金があるなら、なぜ飢えてる子どもたちを救わないのか」

正論ですね。100%正しいから少しも反論できない。

『ゼロ・グラビティ』が公開されたとき、脚本家の荒井晴彦さんも同じようなことを言っていました。

「この人たちは宇宙まで行っていったい何をしてるのか。そんなことより地球上の山積みの問題を何とかしようと思わないのか」

しかし私は両者の言い分に納得できないんです。


mig

確かにこのような子どもたちを見ると胸が痛むし、車谷さんや荒井さんの言い分は正しいと思う。でもちょっと待ってよ、と。

宇宙開発や物理学や数学よりも飢えてる子どもを救え。それは「政治的に正しい」から誰も反論できないんですが、宇宙開発や物理学の最新理論の研究にはまったく意味がないかというとそうではないでしょう。

スーパーカミオカンデで粒子を超高速で飛ばして素粒子の秘密を解き明かすとか、そういうのって「ロマン」もあるんでしょうけど、何よりも『ブレードランナー』のセリフを借りれば「我々はどこから来てどこへ行くのか」を探究してるわけでしょ? それって政治的には正しくなくても哲学的な営みだと思うんですよ。

米ソの宇宙開発競争は政治的なものでしたが、宇宙の秘密を解き明かしたいという純粋な欲望は人間なら誰しももっているだろうし、もしもっていないなら、あまりに政治に毒されていると思います。

そりゃ私だって飢える子供を少しでも減らしたいから慈善団体に寄付したりしています。政治的に正しい行いをしている。だから車谷さんや荒井さんのような考え方が悪いとは言いません。

でも、衣食住が足りている人間は宇宙の秘密を研究してはいけない、「我々はどこから来てどこへ行くのか」という哲学的な探究をすべきでないという主張には賛同できないし、何か胡散臭いものを感じてしまうのです。

「マタイの福音書」にある「人はパンのみに生きるにあらず」という言葉は常に忘れたくないと思います。そして、今日食う物さえないない子どもたちのことも忘れずに。

別の記事でも書きましたが、どちらかだけが重要なんてありえない。

両方大事!




『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)

まずは以下の動画を見てください。
全部で8分ちょっとありますが、私が言及したいのはちょうど3分後からです。




このダンスシーン、いいと思います? 私は少しもいいと思えないんです。

『シカゴ』でもそうだったと思うんですが(うろ憶え)このロブ・マーシャルという監督はなぜあんなにダンスシーンでカットを割るのでしょうか。もっとこのカットを見ていたいと思うと必ずそこで割られてしまうんです。ほとんど編集でごまかしてると言ってもいいほど。

昔のMGMミュージカルはフレッド・アステアやジーン・ケリーというダンサーの芸をできるだけ長く見せることに腐心してましたよね。最近のだって『ラ・ラ・ランド』みたいな良質なミュージカルではダンスシーンというミュージカルの肝になる場面ではできるだけ役者の芸を意図的に長く見せています。

なのにこの『メリー・ポピンズ・リターンズ』は何? ミュージカルをここまで愚弄されたら怒り狂うしかありません。
ミュージカル以外でも、もう10年以上前の作品ですが『ボーン・アルティメイタム』という映画では細切れの映像ばかり見せられ辟易しました。変に画的に凝らず、もっと役者の芸をちゃんと見せてほしい。


mary_poppins_returns_2 (1)

色づかいはとてもいいんですけどね。近々発表されるアカデミー賞では美術賞や衣裳デザイン賞を取ってほしいとさえ思います。

でも肝心要のダンスシーンがあれでは……


バンド・ワゴン(字幕版)
フレッド・アステア
2013-11-26


甦った決定力! 欧州CL アヤックス1-2レアル

バルサ、アトレティコとのアウェー戦を引き分け、勝利としのぎ、調子の上がってきた我がレアル・マドリード。今日は再開した欧州チャンピオンズリーグのアヤックス戦。またアウェー。また中二日。でも何とか勝つことができました。


real-madrid-celebrate-vs-ajax (1)

世界中で物議を醸しているであろうVAR。今日はレアルの味方でした。え、今日も? そうかな。

問題のアヤックス先制かと思われた場面。私の目にはオフサイドに見えましたけどね。ほんの少しだけ最終ラインより出てるし、クルトワの動きを妨害しているからプレーに関与している。だからオフサイドで間違ってないと思いますが? ただ、試合が止まるのはやはり興を殺がれますね。ただ、テクノロジーの導入は誰よりも選手たちが望んでいるはずだからしょうがないのでは? しかし本当は来季からの導入が先日のトンデモ判定によって今季からに前倒しされて命拾いしました。

そんなことよりレアルの先制シーンの素晴らしさよ! レギロンがヴィニシウスをマークしていた相手DFの頭上にパスを出し、ヴィニシウスはうまく抜け出してドリブルでカットイン。彼は強引にシュートを打つ癖があるので嫌な予感がしましたが、充分マークを引き付けてから落ち着いてベンゼマにラストパス。美しい。ヴィニシウス(とレギロン)がチームを変えてくれました。何だかんだ言っても、彼らをBチームで指導していたソラーリが昇格したのが大きかったのかな。もしコンテ招聘に成功していたらいまの良好なチーム状態はなかったでしょう。

そういえばアヤックスの本当の先制シーンにもVARが発動してましたが、あれはアヤックスのファウルを認めずゴールが認められたじゃないですか。レアルばかりが恩恵を受けているという主張には説得力がありません(さすがにダービーでヴィニシウスが倒されたのはエリアの外だったと思いますが)。

さて、タイトルにある「甦った決定力」というのは1点目ももちろんですけど、むしろ2点目ですかね。

決めたのはアセンシオでしたが、彼は交代で入って最初のタッチが決まっていたらゴラッソというシュートで、そのせいでシュートを打つことしか考えられなくなり2度ほどチャンスをつぶしてましたが、カルバハルからの素晴らしいクロスにはインサイドできれいな面を作って落ち着いたゴールへのパス。今季は打っても打っても入らないことが多く、特に今日のアセンシオみたいに打つことに貪欲な選手ほど入らない。だから嫌な予感がしてたんですよ。このままゴールが入らず引き分けか、あるいは逆転負けか、と。

そしたら一番心配していたアセンシオが決めたのでね。マリアーノも先日、途中出場で再三再四の空回りの挙げ句ものすごいダイビングヘッドを決めていたし、振り返れば先週の国王杯クラシコでもベンゼマの素晴らしいラストパスがあったとはいえルカス・バスケスの先制点はちょっと前なら入ってなかった。

ようやく決定力が戻ってきたかというのはそういうことです。もう「クリスティアーノ・ロナウドの不在」なんて言わせない。

とりあえず強敵とのアウェー3連戦を2勝1分けで終えることができ、ホッと胸をなでおろしています。今日の試合はともかく、クラシコとダービーは内容も伴ってましたし、これはひょっとするとひょっとするかも。



ギャラリー
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード