2019年07月07日

大絶賛御礼の映画『新聞記者』を見てきました。非常にタイムリーな映画と聞いていたのでずいぶん期待していたのですが、これがトンデモ映画のお手本のような作品でした。

1015762_01

外務省から内閣情報室に出向している杉原(松坂桃李)が元上司・神崎(高橋和也)の自殺をきっかけに政権の闇を暴くべく、機密資料を新聞記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)にリークする。

というのが全体のあらまし。

このあらまし自体がよくないとは思いません。が、それをどうプロットとして組んでいくか、はたまた、「機密資料」とは何なのか、といったことがあまりにあんまりなので白けてしまいました。


勧善懲悪でいいのか
AS20190703003229_commL

主人公が勤める内閣情報室。こんなに薄暗いって変でしょ? 「ここは悪の巣窟です」という印象操作(誰かさんのお得意の言葉ですね)にしか感じられない。

この映画では、政権側は全員悪人で、それを暴こうとする主要人物がすべて善人という設定になっていて、善が悪を懲らしめる内容になっていますが、それって都合の悪い人間を情報操作で社会的に抹殺する官邸と何が違うというのでしょうか? 

しかも、極秘資料というのが「大学の名を借りた生物兵器の研究所」というトンデモ設定。

そこまでして官邸を「悪」の設定にするのは、単にこの映画の原作者や彼女に共鳴するリベラル派の人たちが、映画の中だけでも政権に煮え湯を飲ませて溜飲を下げようという歪んだ欲望としか思えない。反政権を唱える人物を反日分子だと決めつけ攻撃するネトウヨと何が違うというのでしょう。

以前、私が書いたシナリオを読んだ高名な脚本家がこんなことを言いました。

「君は『善と悪』の対立で葛藤を作ろうとしている。それじゃダメなんだ。悪の側が作為的な悪になってしまうし、そもそもの問題として『善と善』の対立にしなきゃいけない。どちらの言い分にも理がある。そうしないと深みのあるドラマは生まれない」

この『新聞記者』はトンデモ設定を根幹に据えたためにドラマ全体がものすごく安っぽいものになってしまっています。


国民が出てこない
この映画では、政権のスキャンダルを暴きたてて倒せば問題がすべて解決する、みたいになっていますが、本当にそうでしょうか?

前川喜平さんや伊藤詩織さん、加計学園の問題、公文書改竄など映画と同じいろんなスキャンダルが現実に起こりましたが、内閣支持率はいっこうに下がりません。支持し続ける国民が多数いるのです。

国民の支持というのが「政権側の理」ですよね。だから、主役の新聞記者は政権のトンデモな悪を暴くのではなく、政権を支持する国民と対立させないといけなかったんじゃないでしょうか。

れいわ新選組の山本太郎の動画を見ていると「この国で一番偉いのはあなたたち国民ですよ」といつも言っています。でもこの『新聞記者』ではそういう言葉や思想は皆無でした。聞こえてくるのは、ただ「あいつらをやっつけたい!」という声だけ。

そういえば政治家も出てきませんよね。官僚ばかりで。政治映画なのになぜ?


松坂桃李の動機は?
48059586012_a378a47222

松坂桃李が自分の社会的生命を賭けてリークする動機もよくわかりませんでした。直前に子どもが生まれますが、流れとしては「この子のためにもこの国をまともにしなきゃいけない」という思いを感じました。そして「向こうが誤報だと主張したら僕の実名を出してもらって結構です」とまで言う。なのに記事が出たあと上司の田中哲司から出産祝いを渡され「外務省に戻りたいならいまもってる情報は全部忘れるんだ」と言われて目が泳ぐ。

あれは結局、子どもが枷になってシム・ウンギョンを裏切るということを暗示しているんでしょうか? だとしたらそれまでの流れは何だったの? というか、子どもを人質に取られることぐらい簡単に想像がついただろうに。

逆に、もし最後の表情がシム・ウンギョンと最後まで共闘するという決意だったのなら、なぜ田中哲司から「この記事は君じゃないよな?」と言われたとき「私です」とはっきり答えなかったのか。「外務省に戻りたくないのか」と訊かれたとき「結構です」となぜ答えなかったのか。それ以前に、資料をリークした時点で辞表を出すんじゃないですか、普通は。クビや左遷は覚悟の上なら自分から辞表を叩きつけてくれたほうが見ているこちらは喝采を贈ったんですが。


羊の絵
物語を推進する役目を担った羊の絵はよかったですね。映画なんだからやはり「画」で勝負してほしい。

とはいえ、あの絵が子どものために描いた絵じゃなかったらシム・ウンギョンは神崎の家に入れてもらえなかったわけでしょう? ちょっとご都合主義な感じがしました。それにもとの羊の絵と違う点があって、サングラスをかけてるみたいに目だけ黒く塗りつぶされてましたが、あれはどういう意味があるんでしょうか? 国民は盲目だという意味? それならそれを匂わすセリフを生前の神崎に言わせておかないと観客に伝わらない。

というわけで、今年のワースト候補がついに登場。といった感じですね。ベストワン候補がまだ登場していないのに。。。


補遺
「善と善」の対立がわからないという方はこちらの記事を参照してください。⇒『トイ・ストーリー3』(「善と善」の対立とはこれだ!)






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月05日

今日はふと30年前のあるエピソードを思い出しました。

高校時代の数学教師です。名前は憶えていませんが、1年のときだけ受けもってもらったのは憶えています。そして「教え方が悪い」という悪しき評判も。もう定年間近の腰の曲がったおじいさんのような人でした。

ちょいと話が脱線しますが、「教え方が悪い」という言葉、どう思います?

私は非常にけしからんものの言い方だと思います。

教え方が悪いとケチをつけられるということは、いい教え方がどういうものかすでに知っているということですよね? なら授業なんか受けなくてもいい成績が取れるはずじゃないですか。

「教え方」じゃなくて「学び方」でしょう? 「教え方が悪い」という生徒は「学び方」がなっちゃいないと思います。

さて、この話はこれぐらいにして、くだんの数学教師の話です。

いつもは宿題を出した問題を黒板に書かせてそれを添削していくというだけの授業だったんですが、なぜか月1回くらい数学と関係ない話をしてくれました。

そのときも「たまには数学以外の話をしましょう」と、ソ連よりも三重水素を先に見つけていたとかトンデモな話が満載な50分でしたが、はっきりと憶えているのは最後のエピソードです。

中学生だったその先生は、大好きだった女の子に告白するも大失恋してしまい、三重水素の発見に一役買ったという自作の自転車で隣町の隣町の隣町まで突っ走ったそうです。気がついたらものすごく遠いところまで来ていた、と。

ちょうど海岸沿いの道で、砂浜に腰を下ろして、沈みゆく夕日に彩られた海を眺めていたそうです。


NVpIM2NX

虚心坦懐に寄せては返し、寄せては返す波の動きをじっと見ていると、あることに気づいた、と。

常識的に考えると、波というのは「寄せる」「返す」という二つの動きしかしないわけだから、その二つを1:1のリズムでやっていると思いませんか? と先生は私たちに問いました。

そうですよね。普通そう思う。でも先生は「違うとそのとき初めて知った」というのです。

「とにかく何かを考えようとするとフラれた子のことが浮かぶから、じっと寄せては返すリズムにだけ集中していたらね、驚くべきことに1:1のリズムじゃないことに気づいたんだ。どういうリズムだと思う? 五七五七七なんだよ!」

私たちは爆笑しました。たぶんここまで読んで笑った人も多いことでしょう。この話を誰にしてもここで爆笑するんです。

しかし先生は「笑い事じゃない!」と一喝しました。

「どんなに複雑に見える事柄でも、突きつめていけば単純な法則に行きつく。数学とはそういうことを学ぶための学問です。君たちはそこのところを忘れちゃいけません」

そこでキンコーンとチャイムが鳴り、先生は静かに出ていきました。

息を呑みました。かっこいい。かっこいいとはこういうことなんだ、と。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月02日

山田太一さんの1981年作品『沿線地図』がBSトゥエルビで再放送。楽しみにしていました。
どんな内容か知らなかったので驚きました。まるで自分のことが描かれているみたいだったので。


title-752

真行寺君枝が電車で本ばかり読んでいる主役の広岡瞬に声をかけ、「あなたを探しに学園祭も行った」みたいなことを言う場面では、普通の恋愛ドラマなのかなと思いましたが、じゃあ岸恵子とか児玉清とかはどう絡んでくるのだろう? と思っていたら『早春スケッチブック』みたいな感じの内容だったんですね。

あの傑作では「おまえらは骨の髄までありきたりだ!」と吠える山崎努が主人公とその家族を変えていき、それがフィードバックして山崎努自身が大変化するのが主眼でしたが、この『沿線地図』では、普通に勉強すれば東大合格が約束されている広岡瞬に真行寺君枝が疑問を投げかけ、予告によると第3話では二人は疾走するようです。


私も一流と言われる大学を目指していましたが、やめました。広岡瞬も受験をやめるのかどうかは知りませんが、やめようかと思うきっかけがえらく似ているので驚きました。

さすがに父親の部下が家に訪ねてきて会社を辞めたいと相談し、説き伏せられて銀行を辞めたらいい大学に入ったことがすべてパーになる、ということで辞めるのをやめるなんてことはありませんでしたけど、部下の風間杜夫に父親の児玉清が言い聞かせる場面は似たようなものがありましたね。

あれは高3の夏休み。ちょうとお盆の頃、アホみたいに勉強してましたが、祖母の月命日でお経をあげに来た坊主と、翌年大学を卒業する次兄が話をしているのを横で聞いていました。二人は大学がどうのこうの、彼はどこを目指してるの、ほぉそりゃすごいね、みたいなことばかり言っている。それを聞いたとき「もうやめよう」と思いました。

それには伏線があって、夏休みに入る直前にも「やめよう」と思ったことがあったのです。何がきっかけか忘れましたが、親父からえらく叱られたので「やめよう」と。親父はえらく私に期待していたので、その期待に反することをしてやろうという、まぁいまから思えばかなり甘ったれた考えが原因でした。

しかし風間杜夫のように、大学に行くことと行かないことを天秤にかけた結果、やっぱり行く、ということにしました。が、坊主と次兄の会話を聞いて本当にやめることにしました。別に児玉清みたいに「どの大学に入るかでその後の人生の半分が決まる」なんてことを言われたわけではない。あの会話の何がいやだったのか、いまでもはっきりとはわかりませんが、児玉清と同じく「大学の名前で人生が決まる」という匂いを感じてしまったような気がします。

あの日の午後からまったく勉強しなくなったので、夏休み後半の夏期講習では勉強しているふりをするのが大変でした。行くのをやめると友だちからいろいろ言われるだろうから行ってたんですがね、もう受験への情熱を失っていたので、そういう情熱しかもっていない連中と一緒に授業を受けて、しかも頑張っているふりをするのは憂鬱でした。

結局、何だかんだの末に私は2学期に入ってから登校拒否をしました。あと体育を一時間落とせば卒業は無理というところまで。『沿線地図』で主人公が失踪するのと同じですね。

まるで自画像のような、というのはそういうことです。

来週はプロ野球のため放送がないのが残念ですが、2週間後の3話4話に期待が高まります。


続きの記事
②親たちのウロウロ
③恐怖と自己欺瞞と1本のレール

関連記事
『早春スケッチブック』(慙愧の念に耐えられない)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加