2019年12月31日

さて、2019年ももう終わり。2010年代も終わり。平成も終わったし、新たな気分で今年の映画ベストテンを。


①ドッグマン(マッテオ・ガローネ監督)
ブラック校則(菅原伸太郎監督)
さよならくちびる(塩田明彦監督)
グリーンブック(ピーター・ファレリー監督)
マリッジ・ストーリー(ノア・バームバック監督)
⑥ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形(藤田春香監督)
ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(ブレット・ヘイリー監督)
ダンスウィズミー(矢口史靖監督)
さらば愛しきアウトロー(デビッド・ロウリー監督)
⑩嵐電(鈴木卓爾監督)
⑪きみと、波にのれたら(湯浅政明監督)
⑫眠る村(齊藤潤一&鎌田麗香監督)


え? 全部で12本ある? 別にいいじゃないですか。誰が10本って決めたの。

以前にも書いたことですが、ベストテンというのはただの遊びなのに「10本に絞り切れない。ベストテン選びは楽しいけどつらくもある」みたいなツイートを今年も散見しますが、遊びで苦しんでどうするの。絞り切れないんなら12本でも14本でも21本でもいいじゃないですか。

ま、かくいう私も去年まではきっちり10本選んでたんですけどね。ただ、それは簡単にふるい落とすことができたからであって、今年はそれが難しかった。

ベスト5は絶対的存在ですが、あとの7本は横一線。どれもふるい落とせない。というわけで12本並べてみた次第。

例によって選考基準は「図太くて厳しくて哀しい映画」。そして去年から加えた「監督の演技指導力」「俳優の想像力・演技力」。

では、1本ずつ簡単なコメントを。


①ドッグマン
dogman

完全な受け売りになるけれど、週刊文春のシネマチャートで翻訳家の芝山幹郎氏が次のように語っています。
「弱者の逆襲はともかく、濁った海辺の空気と、そこでささくれる男たちの対比が目に刺さる。荒れ方や錆び方が映画的だ
『バハールの涙』にも似た感想を抱きました。荒れや錆びが美しく感じられる。映画ならではの感じられ方。
最後はなぜか『地獄の黙示録』を想起しました。殺しちゃうからかな。でもマーロン・ブランドを殺したマーティン・シーンは新たな「王」となるけど、この映画の主人公はただうろうろするだけ。
私はやっぱり「主人公がうろうろする映画」が好きなようです。「もっと主人公のウロウロを描いてみろよ」という長谷川和彦監督の激励の言葉がいまだに脳裏に残響しているのでしょうか。


②ブラック校則
640 (1)

この壁画一枚で物語の流れを説明するというのが発明。映画というのは「説明をいかに説明と感じさせないか」だなと改めて思いました。
主役二人のうち、「面白かったら笑うよ」というほう(名前が憶えられてない)はどんどん伸びる気がする。芝居が自然すぎて逆に不自然な気がするくらい。


③さよならくちびる
431107

今年はハルレオの歌声にしびれまくった年でありましたことよ。
小松菜奈という女優はこれまで好きになれなかったけど、いっぺんに好きになったのでありました。しかしこの傑作が3週間で打ち止めというのには憤りしか感じない。宣伝が足りないのか何かわからないけど、もう少しうまく売ってほしかったと思う。


④グリーンブック
greenbook1

あのピーター・ファレリー作品がアカデミー賞⁉ ほんの1年前まで誰も信じなかった事態が起こってしまった。
でも、こういう社会的に深刻な問題を取り上げないと栄誉に輝けないというのは問題だと思う。というか、これはアカデミー賞だけでなくすべての「賞」の限界ですかね。
「あのシーン」のマハーシャラ・アリは素晴らしすぎたし、ヴィゴ・モーテンセンもよかったけれど、ヴィゴの奥さん役の女優が一番印象的でした。かわいい。


⑤マリッジ・ストーリー
marriagestory1 (1)

感想にも書きましたが、あのシーンが、というか、ほぼすべてのシーンをワンシーン・ワンカットを基本に撮ってくれていたらベストワンだったんですけどね。
しかしあのスカヨハがアカデミー賞に輝く日も近い。あの『のら猫の日記』のあの女の子が。感慨深い。


⑥ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形
友人の強い薦めに感謝します。TSUTAYAに在庫がなかったので、わざわざNetflixに入って(ちょうど30日でぬけたけど)全話視聴したうえで劇場に駆けつけました。
来年4月に正統的な劇場版が公開されるとか。本当なら来月10日が初日だった。あの犯人には怒りしか感じなかったけど、「こんなに他人からやさしくされたのは初めて」という言葉を聞くと、複雑な気持ちになる。
物事は一筋縄ではいかない。それはこの映画のテーマでもありました。


⑦ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
hblmovie_01

何だかんだ言っても、やっぱり『ナタリーの朝』は偉大だった、ということでしょうか。


⑧ダンスウィズミー
001_size6

最近の歌が出てこない、昭和の歌ばかりとか、そんなのどうでもいい。ミュージカルという時点で「大ウソ」なんだからリアリズムを追求するのは違うと思う。
失ったものを取り戻す物語。つまり喪失プロット。どうしても物語というのは過剰プロットのほうが多いですから、喪失プロットというだけで心惹かれてしまいます。しかも神話的世界観がそれを裏打ちするのだからなおさら。


⑨さらば愛しきアウトロー
TheOldManAndTheGun2

ロバート・レッドフォード、いい花道になったんじゃないですか。シシー・スペイセクにまだ華が残っていたのもうれしい。役者で魅せる映画。


⑩嵐電
これは何か不思議な映画でした。「面白かった!」と満面の笑みで他人に紹介したくなる類の映画ではないし(観客を選ぶ映画ですから)かといって独りで静かに余韻に浸っていたいかというとそれも違う。虚実皮膜といってわかったつもりになってはいけないのだけど、それしか味わい方がないような気もする。不思議な映画。


⑪きみと、波にのれたら
湯浅政明監督はこれまであまりピンときませんでした。『夜は短し歩けよ乙女』も『夜明け告げるルーのうた』も画作りの面白さは感じても肝腎の物語に没入できなくて。
でも、この映画はノリノリで見ましたね。アニメであんなにうまそうなコーヒーやオムレツは初めて見た。
年初から始まる『映像研には手を出すな』、期待してます!


⑫眠る村
1961年に起きた名張毒ぶどう酒事件に関するドキュメンタリー。死刑囚は愛人関係を清算しようとして、というのが検察の言い分らしいけど、村の人たちは頑なにそれを信じている。おそらくは「愛人とよろしくやっている」ことへの妬み嫉みが根っこにあるのでしょう。たったそれだけのことが人間の判断力を狂わせる。見えているものを見えなくする。おそろしい。(それにつけても東海テレビの取材力のすごさよ。『さよならテレビ』が楽しみでしょうがない)


ワースト
さて、毎年恒例のワーストですが、いつも言っているように、『運び屋』『多十郎殉愛記』『天気の子』『記憶にございません!』『楽園』『ジョーカー』などといった単につまらない作品を選んでも面白くない。

というわけで以下の作品を。


2019ワースト
『新聞記者』(藤井道人監督)
1015762_01

ノーコメント。


関連記事
2019書籍ベストテン!
2019テレビドラマ・アニメ ベストテン!
2018映画ベストテン!
2017映画ベストテン!
2016映画ベストテン!






さあ、2019年もあと1日ちょっととなりました。今年の読書を振り返ります。

例年のことですが、映画は最新の作品を健気に追いかけていますが、音楽や本は昔のものを好んで鑑賞しています。というわけで、旧作が多いんですけど……


①資本主義から市民主義へ(岩井克人&三浦雅士)
十二人の手紙(井上ひさし)
となりの脳世界(村田沙耶香)
怠惰の美徳(梅崎春生)
答えより問いを探して 17歳の特別教室(高橋源一郎)
脳はみんな病んでいる(池谷裕二&中村うさぎ)
会社員でぶどり(橋本ナオキ)
僕はイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディみかこ)
⑨文化防衛論(三島由紀夫)
宵待草夜情(連城三紀彦)



結構感想を書いているものが多い。これは意外。いま読み返してみると、だいぶ細かいところを忘れていることに気づきました。

しかしながら、「憶えてないから読んだ意味がない」みたいなことを言う人にはまったく賛同できません。

本というのは読むことで自分が内側から変わることが大事なのであって、憶えているかどうかなど二の次三の次です。憶えていても何の感動もなかったのなら意味がない。

『資本主義から市民主義へ』は『貨幣論』という秀逸な本を著した経済学者に文芸評論家が真っ向っからぶつかっていく様が非常にスリリング。カント、ヘーゲル、マルクス、などなど、いろんな哲学者の名前や著書が出てきます。私はそのほとんどを読んでいませんが、「とんでもない会話が交わされている」ことだけはわかりました。

高校の頃に読んだ井上ひさしを30年ぶりに読んだ『十二人の手紙』の素晴らしさ。

去年その存在を知った村田沙耶香の相変わらずの絶好調ぶり。

そして、「遺書を書くために文字を習った木村セン」という名前を教えてくれた『答えより問いを探して』。

『会社員でぶどり』は第2巻を読んだらちょいと残念でした。第1巻は自ら社畜として働く「でぶどり」と、そんな彼を冷徹に見つめる後輩の「ひよ君」の葛藤が描かれていましたが、第2巻は面白いキャラクターは出てくるものの「日常あるある」に終始している感が否めない。

梅崎春生は小説しか読んだことがなかったけれど、『怠惰の美徳』を読んで随筆家としても一流という感じ。『悪酒の時代/猫のことなど』も読んでみたい。

リンク先を読んでもらえればわかるように、今年、私を救ってくれた書物は『怠惰の美徳』でした。


ダウンロード

自分の影に追い立てられるのは益田ミリの『すーちゃん』シリーズでも描かれますが、私も未来の自分とか過去の自分とかそういうものとの葛藤を演じたりせずに、「いま・ここ」の自分と闘っていかねば、というのが新年に向けての決意です。

関連記事
2018書籍ベストテン!
2019テレビドラマ・アニメ ベストテン!

2019映画ベストテン!




怠惰の美徳 (中公文庫)
梅崎 春生
中央公論新社
2018-02-23







2019年12月30日

前回の記事
『すーちゃん』の哲学(とりあえず、風呂入ろ)

に続いて、第3作『どうしても嫌いな人』から第4作『すーちゃんの恋』を経て、最新刊にして第5作『わたしを支えるもの』まで一気読みしました。


第3作『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』
410NI6MQ8WL._SX331_BO1,204,203,200_

カフェの雇われ店長になった「すーちゃん」こと森本好子36歳が職場で直面する悩みを主軸に、前作まで重要な脇役を担っていた「まいちゃん」「さわこさん」はほとんど出てこず、代わりにすーちゃんのいとこで30歳の「あかねちゃん」の結婚話がサブプロットとして並行して描かれます。

二人とも職場に「どうしても嫌いな人」がいるんですが、その人を避けたいあまり結婚に逃げようとするあかねちゃんとは対照的に、すーちゃんは徹底的に悩みます。

嫌いな人を好きになろう、いいところを挙げてみよう……だけどそれがよけいにストレスになってしまう。

職場のいやな人、いやな上司、いやな部下、社長と知り合いというだけででかい面をする奴などどこにでもいますが(いまの私の職場にも当然ながらいます)最初は「どこがいやなんだろう?」と不思議だったすーちゃんも、次第次第にその人のいやな部分がはっきりしてきて……。

対照的に、結婚に逃げようとしていたあかねちゃんは、結婚相手の男が「店の人に偉そうな態度を取る人」で、そこに疑問を感じてしまう。でも「仙台に転勤になるから」とプロポーズされたらホイホイと受けてしまう。それぐらい辞めたかったんですね。

でも、そのあかねちゃんも結局、プロポーズを保留にする。はっきりと「店の人に偉そうにするのやめて」と言って。破談にしたわけではない。保留にしただけ。はっきり苦言直言したのはやっぱり彼のことが好きだから。もし改めてくれたら晴れて結婚するのでしょう。

一方、すーちゃんはいやな人のいやなところがますますはっきりしてきてしまい、改まることなど期待できないと思ったすーちゃんは辞職を決意。ありとあらゆる嘘をついて有休を取りまくり、その間に次の仕事を決める。

そのとき田舎から出てきた母親の言葉が泣かせるんですよ。

「お母さん、ごめん。仕事辞める理由に、母危篤まで入れちゃったがよ」
「よかよか、そんぐらい。あんたのためならお母さん、何回でも死んであげるが」


第4作『すーちゃんの恋』
51zkbVhvobL._SX350_BO1,204,203,200_

これははっきり言ってあまり面白くありません。『オレの宇宙はまだまだ遠い』で主人公を張る「土田さん」という書店員さんと、カフェを退職し保育園の調理師さんとして働くすーちゃんの恋が描かれるのですが、どこまでも臆病で恋に恋しながらも、それ以上に自分を守るのに必死で自ら幕引きしてしまうすーちゃんのどうしようもなさは身につまされるんですが、前作『どうしても嫌いな人』の圧倒的なリアリティ、さりげない日常を描きながらその実、どこを切っても血が流れるドラマの煮えたぎりようの前ではかすんで見えてしまうのです。


第5作『わたしを支えるもの すーちゃんの人生』
813wdZAUekL (3)

これもさして面白い物語ではありません。とはいえ、これまで積み重ねてきたすーちゃんシリーズの集大成と言って過言ではありません。

前回の記事では「とりあえず、風呂入ろ」がすーちゃんの哲学だと書きましたが、『どうしても嫌いな人』あたりから「とりあえず、風呂入ろ」というセリフが鳴りをひそめます。そして『わたしを支えるもの』までついに一回も出てこない。

逆に、傷ついたときに無理せず正直に傷つくこと、大丈夫じゃないときに無理して大丈夫な顔をしないこと、悩ましいときにはしっかり悩むこと、が本当は大事だという諦念に至ります。

つまり『とりあえず、風呂入ろ』の一言は悩みを一時保留するにはうってつけですが、逃げたり大丈夫なふりをしないで悩むべきときにはしっかり悩むことの大切さを、シリーズ全体で説いているように私には感じられました。

すーちゃんには「悩む才能」があるのです。とことん悩んだからこそ、カフェの店長を辞めるときにも応援したくなる。

だからお母さんも「あんたのためならお母さん、何回でも死んであげるが」という。

うん、それでいいのだ。