2020年07月18日

石原さとみ主演の木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の第1話、なかなかよかった。

何しろあの隠れた名作『ようこそ、わが家へ』の黒岩勉さんが脚本を書いているので、内容自体はたいしたものではないけれど、構成がしっかりしているというか、このシーンの次はこれしかないという直線的な脚本構成にしびれました。

とはいえ、第1話を見るかぎりでは一番面白いのは、真矢ミキ演じる薬剤部部長の軽さですね。


真矢ミキ
unsung-sinderera3

あの軽さは、おそらくですが、昔はスパルタで新人教育していたけど、時代が変わり、ちょっと言っただけでパワハラと言われてしまう、だから新人や部下との距離の取り方がわからなくなっていることから来ているのではないか。真矢ミキの小芝居がとても楽しい。


主人公を襲う理不尽
unsung-sinderera

「感謝されたいんなら薬剤師には向いてないかもね」

と石原さとみは新人の西野七瀬に言います。この『アンサング・シンデレラ』は医師ばかりが感謝される業界で決して日の目を見ない存在でありながら、医師よりも患者のことを考える薬剤師が主人公。感謝されないどころか、患者のことを考えるあまり処罰されそうになるなど、主人公を襲う暴力的な理不尽さは充分で、これからの展開が楽しみですが、私はお話には満足だけど演出にちょいと不満があります。


シャッター
unsung-sinderera2

薬剤部ではこのように緑色の服を着たエキストラが何人も主要俳優の前や後ろを通ります。薬剤を運ぶ人たちですかね。

彼らは「シャッター」と呼ばれる役割をもっています。主役の前を通って消えたかと思うとまた逆から通ったりするからそう呼ぶんですが、私はこのシャッターの数をもっと増やしたほうがいいように思いました。

そりゃ、実際の病院薬剤部ではあの程度の運び屋しかいないのかもしれませんが、桜井ユキが言うように猫の手も借りたいほど忙しい部署なので、その慌ただしさを表現するためには、ウソとしか思えないほどの、画面を埋め尽くしかねないほどのシャッターを使ったほうがよかったんじゃないでしょうか。



unsung-sinderera5

これはオフショットですが、1話のクライマックスは、ゲストの女の子同士の別れが描かれました。

桜が散るなかでの別れなんですが、ここでも桜の花びらの量が足りないと思いましたね。もっと大量に散らせるべきだと思う。それこそ画面を埋め尽くしかねないほどに。

あざといぐらいの手法で見せるべきシーンだったと思うだけに残念。

とはいえ……


unsung-sinderera4

クライマックス前のこのシーンは何とも言えない味わいがあってよかったですよね。(何かさっき感想を書いた『のぼる小寺さん』に似たシーンですけど)

でも、あくまで私は真矢ミキを目当てに来週以降を楽しみにしますがね。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦春馬が自殺した日に見たのがこの映画だったのは何やら象徴的のような……?

内容をまったく知らず、ただ京アニ作品などで敬愛している吉田玲子さんが脚本を書いているというただそれだけで見に行ったのだけど、これが大当たり。やっぱり吉田さん、天才だと思う。


ひたむきな、どこまでもひたむきな
noborukoterasan3

小寺さん(ちなみに「コデラ」ではなく「コテラ」です)はボルダリング部に所属してクライマーを目指す高校生。ひたすら登ることしか考えていないので不思議ちゃんと陰口を囁かれている。

それでも彼女は登る。


noborukoterasan2

クラスメイトで写真家を目指す子が自分を盗撮していたと知っても怒るどころか自分の登るフォームのおかしさのほうが気になってしまう。というかそれしか気にしていない。「盗撮」という概念そのものが小寺さんにはない。

進路希望でも第一志望に「クライマー」と書く小寺さん。もっと現実的になれ、体育大学とかスポーツ推薦を目指すとか、と担任教師は諭すけれど、それに対する返答が「嘘を書けってことですか?」。

担任は図星を衝かれて何も言えない。小寺さんはあくまでクライマーを目指すという。先輩の話によると、宇宙飛行士やハリウッド女優を目指すのと同じぐらいの難関だという。それでも目指すという小寺さんに教師はもう何も言えない。言わない。

ここが素晴らしい。凡百の映画ならもっと叱責するところ。それが世界の原理。でも『のぼる小寺さん』の映画の原理は「ひたむきな人間を嗤ってはいけない」というものだから、教師は受け容れる。

現実にこんなことありえない、などと腐す人とはおそらく私は一生友だちになれない。映画がファンタジーを語らなかったらいったい何が語るというのか。

教師だけでなく、普通なら馬鹿にするであろう先輩たちも小寺さんのひたむきさに何も言えない。最初は小馬鹿にしていたけど、大会での小寺さんのひたむきさに思わず「ガンバ!」と叫んでしまう。

ほとんど学校に来ないヤンキーみたいな子も、小寺さんに感化されたのか、いまは自分で学費を稼いでネイルアートの学校に通っているという。小寺さんのような人をいの一番に馬鹿にするようなかわいい女の子が、小寺さんのクライミングを見て「何か泣けるじゃないですか」という場面は圧巻の素晴らしさ。

小寺さんのことばかり語ってきたけど、実はこの映画の主人公は小寺さんではなく、彼女に恋慕するクラスメイトの男子。


noborukoterasan4

彼は卓球部に所属するも、隣のボルダリング部ばかり見ている。クラスでも小寺さんばかり見ている。そのひたむきさがいい。

ひたむきといえば、四条君という、中学の時分に小寺さんに告白して振られた男子がいて、彼は気が弱いにもかかわらずクライミングシューズをはかずに登ろうとした不良たちに「シューズをはかずに登るな!」と引きずりおろす。そのせいで首領格の男子に馬乗りになられるのだけど、四条君は勝ったんですよね。不良たちはゲラゲラ笑いながら去っていったけど、あれを負け犬の遠吠えという。

四条君のそういうひたむきさに打たれたのか、バレー部(だったっけ)の女の子に告白されてつきあうことになる。

それを聞いた我らが主人公・近藤君は驚きながらも、自分はあくまでも小寺さんをひたむきに見つめ続けようと決意する。

その決意のご褒美がこれ。


noborukoterasan1

「静けさや岩にしみいる蝉の声」
松尾芭蕉の句が好きだという小寺さんと蝉の声を聞きながらこんなことになる。

「世界中の脚本家が『アイ・ラブ・ユー』に代わるセリフを毎日探している」

とは君塚良一さんの言葉だけれど、セリフなしで背中に寄り掛かるだけで表現したことの素晴らしさに感涙しました。抱き合うんじゃなくてそれとは真逆というのがね。ささやかな幸福感があってたまらなかった。


三浦春馬の死
miuraharuma

映画に行く直前に「三浦春馬が死亡。自殺とみられる」というニュースを見て心がざわざわしながら家を出たんですが、いま最新のニュースを見てみると、東出昌大が不倫で大バッシングの嵐に晒されていたとき、そんなに叩くのはおかしいんじゃないか、とツイートして、逆に彼がバッシングされていたとか。

別にネット民はひたむきであることを嗤ったわけじゃないけれど、小寺さんや近藤君や四条君のような人たちを嗤う人間と、三浦春馬を自殺に追いやった者どもは同じ穴のムジナだと思う。

世界がコテライズムに染まるといいと思う。
誹謗中傷したくなる気持ちを抑えて「ガンバ!」と叫びたい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月17日

職場に鉄ちゃんがいます。7年前の職場にも鉄ちゃんがいました。

Railfantokyo

鉄ちゃんといってもいろいろあって、画像のような「撮り鉄」もいれば「録り鉄」といって駅のアナウンスを録音するのが趣味の人もいるとか。

かつて脚本家を目指していた頃、鉄道会社に勤める男が主役の話を書くにあたって読んだ本が『愛した男が鉄道だった』というなかなか秀逸なタイトルの本でした。もちろん、あの「愛した男が極道だった」の『極道の妻たち』のパロディです。

それはさておき、いまの職場の鉄ちゃんは一番オーソドックスな「乗り鉄」です。とにかく鉄道に関する話になるとブレーキが利かなくなるほどどんどん言葉が飛び出てきます。別に鉄道そのものでなくても、ICOCAなどのICカードの話とかでも熱弁をふるいます。

私はなかなか面白いと思うこともあれば、いまは黙って飯食わしてほしいんだけど……とちょっぴり迷惑に思うこともある。ただ、鉄道にほとんど関心がないので、知らない話がどんどん飛び出すから基本的には興味深いことこのうえない。

でも、いまの職場では訊かれないけど、7年前の職場では、「○○さんって電車オタクだからイヤ」などと言うのが時折耳に入ってきました。

私はこの「オタク」という概念が本当にわからない。どこまでがオタクじゃなくてどこからがオタクなのか。

若い子に訊いてみました。

「俺はいままで1万タイトル以上の映画を見ていて、映画のことになると目の色が変わるし、映画にすべてを捧げてもいいという気持ちは脚本家を目指していた頃と何も変わらない。俺は映画オタクなの?」
「いえ、ピッチコックさんはオタクじゃないですよ」
「そうやって間髪入れずにオタクじゃないと言えるということは、どこまでがオタクじゃなくてどこからがオタクか、その境界線がわかっているということだよね。いったいオタクとそれ以外を分ける境界線って何なのだろう」
「それは…(絶句)」

こういう会話を私はいままで記憶にあるだけでも三度はした。今回が四度目。

みんな口々に「あなたはオタクではない」という。でもオタクと非オタクを分ける境界線については「わからない」と口をそろえる。


maxresdefault

結局、他人に「レッテル」を貼りたいだけなんでしょう。よくわからないものにはレッテルを貼って安心したいだけなんでしょう。実際、職場の鉄ちゃんは少しばかり「話の通じない人」と主に女性から思われているみたいだから、ただそれだけの話なんでしょう。

オタクとはしょせんその程度のこと。だって、鉄ちゃんをオタク呼ばわりしていた若い子はかなりのゲームファンらしく、世間で言うところの「ゲームオタク」みたい。でもオタク呼ばわりされるのはいやらしい。

何と自分勝手な!

しかもですよ。アニメやゲーム、映画に鉄道など、そういうものに夢中すぎるほど夢中だとオタクの疑いがあるらしいんですが、音楽ならいくらのめり込んでいてもオタクの範疇に入らないらしい。んなアホな。

最近の若い人は自分のことを誇らしげにオタクと自称することがあるそうな。実際、ツイッターのフォロワーさんでそういう人がいる。でも、現実にそういう人に会ったことがない。会うのは、オタク呼ばわりされるのは嫌がるくせに、他人をオタク呼ばわりしたい人たちばかりだ。

繰り返しますが、他人を「オタク」と呼ぶ人間は、自分の嫌いなもの、理解できないものにレッテルを貼りたいだけ。どちらが幼稚かは火を見るよりも明らか。以上!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加