聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

中野信子『不倫』を読んで思ったこと

脳科学者・中野信子先生の『不倫』を読みました。


不倫 (文春新書)
中野 信子
文藝春秋
2018-07-20


ソフトバンク新書の『人はなぜ不倫をするのか』と同じように、「生き物にとって不倫をするのは別に悪いことではない」というのが本書の主張。そもそも一夫一婦という制度が人間には合っていないのだと。

中野先生の『シャーデンフロイデ』や『サイコパス』でも触れられていた「フリーライダー」という言葉。共同体の決まりごとを無視して自分勝手に行動する人間。不倫は一夫一婦という制度を破って自分だけいい思いをするフリーライダー的行為だから「共同体の維持のため」という大義名分のもと断罪される。

しかしフリーライダー的に生きることに快楽を覚える人間は時代を超えて確実にいるから、いくら不倫を断罪しても不倫する人間はいなくならないだろうと。

そこから、『シャーデンフロイデ』や『人はいじめを止められない』の著者は昨今の「不倫バッシング」について語ります。

しかし、不倫バッシングについては『人はなぜ不倫をするのか』に書かれてあったことのほうが私にはいまでも充分面白いし新しい。→こちらの記事『学校化するニッポン』を参照してください。

さて、話は本に書かれていることから離れ、ここからが本題です。

芸能人の不倫を叩く人、不祥事を叩く人、とにかく何も考えずに炎上に加担する人たちにこそ、この『不倫』という本は読まれねばならないと強く思うのですが、『サイコパス』はかなり売れたみたいですが、この『不倫』はあまり売れてないみたい。

それはやはり『不倫』というタイトルにあるのでしょうね。『夫のちんぽが入らない』という名作エッセイがありますが、あれもタイトルを見ただけで食わず嫌いをする人が多い。不倫バッシング華やかなりし時代ですから「不倫」というワードに嫌悪感を催す人がたくさんいると思われます。

しかし、そういう人にこそ読まれないと意味がないですよね。なのにそういう人には届かない。

それだけでも厄介な問題なのに、『夫のちんぽが入らない』に話を戻すと、食わず嫌いの人が多いだけでなく、実際に読んでも嫌悪感を催す人が多いとかで、これはおそらく「この本は汚らわしい」という先入観が強すぎるのが原因だと思われます。先入観が読む力を奪っている。

だから、不倫バッシングに血道を上げる人たちがもし『不倫』を手に取ったとしても、先入観に支配されて読んでしまうから結局「不倫を肯定する本なんてけしからん」という感想しかもたないのではないか。

百田尚樹の『日本国紀』が話題ですが、あれも最初から「百田尚樹の本だから」というのが右派にとっても左派にとっても先入観になってしまい、読む前から感想が決まってしまっているんじゃないか。私はまだ読んでないからわからないけど、どうもツイッターの百田非難の声を読んでいると、そうなんじゃないかと思えてしまう。

そうやって、いろんな問題で日本人は断絶してしまっている。経済的にも格差は拡大する一方だし、イデオロギー的にも考え方の違う人同士の間隔は開く一方。

本を読んだり、映画を見たりするのって、自分自身が刷新されるところに無類の楽しさがあると思うんですけど、どうもいまの日本人は「自分と同じ考え方が載っている本しか読まない」という人が増えてる気がする。いまの自分の考え方を変えられるのをとても恐れている。変わったあとの自分を恐れている。


ダウンロード

もしかすると、ネトウヨさんたちが威嚇するような言葉遣いをするのは「恐れているから」ではないか。

生きているかぎり人は変化するのが普通。だから変化することを忌避するのは「自殺」に等しいと思う。

ということを『不倫』を読んで思った次第です。




人はなぜ不倫をするのか (SB新書)
亀山 早苗
SBクリエイティブ
2016-08-06

久しぶりの4枚ストーリー執筆

おととしは友人が監督する短編とテレ朝シナリオ大賞に応募した長編の2本を書き、去年は生まれて初めて小説を書きましたが、小説は「死ぬまでに1本だけ書けたらいい」と思っていたものが書き切れたのでもうごっつぁんです。

というわけで、去年の下半期はまたぞろ脚本を書こうと頑張ってはいたんですが、まったく書けずじまい。夏に新しく思いついたアイデアをこねくり回しているうちに頓挫し、秋には6年前に書いたものをリニューアルしようと考えていたんですがまた頓挫。(アイデアはよかったんですが語り口を間違えたという後悔がいまだにありまして)

年末、くだんの東京の友人が来阪して旧交を温めたんですが、そのときに「もっとどんどん書くべきだ」と発破をかけられ、それがいい刺激になったのか、夏に考えていたアイデアをちょっとだけ設定をいじってみたら結構うまく行くことに気づき、この年末年始は一気呵成にキャラクターを作ってしまいました。

で、いつもならプロットという段階は飛ばして、バックストーリーを作ってハコ書きをしてすぐ書き始めるというスタイルなんですが、どうも最近このやり方に問題があるんじゃないかと思いまして。

もう8年も前になるコンクール受賞作は、上記のやり方だったんですけど、あれはほんと偶然うまく行ったというか、あまり計算せずに気の赴くままに書いていったら運よく面白く書けた、といった感じで、ちゃんと計算して書けたわけじゃない。あれぐらいのレベルのものをもっと戦略的に書きたいと思って東京の専門学校に行ったりしました。でも、その学校でも「プロットなんか書かない」という講師が幅を利かせていたので「俺のやり方は間違ってない」と安心してしまったり。

でも、私の場合、初めて書いた脚本は「別冊宝島」のあの伝説の「シド・フィールドのシナリオライターのためのワークブック」を唯一の教科書にしたものだったんです。


だから、今回はシド・フィールドのやり方に返ってやってみようかな、と。

どういうやり方かというと、

有無を言わさぬ4枚ストーリー

というものです。

ファーストシーンを0.5枚で書き、第1幕の流れを0.5枚で書く。プロットポイント①を0.5枚で書き、第2幕の流れを1枚書く。プロットポイント②を0.5枚で書き、第3幕の流れを0.5枚で書く。そして結末を0.5枚。合計4枚。

ともかく、この4枚ストーリーというのが難しいんですよ。昨日書いてみましたが、合計で5枚になったうえに、第1幕だけで3枚もある。そして第3幕はあんまり面白いとは思えない。

「第3幕でうまく行かないのは第1幕に問題があるからだ」

とは、かの有名なビリー・ワイルダーの至言ですが、はたして本当に第1幕に問題があるのか、それとも、ここまでが第1幕と思っているのが誤りで、実はそここそミッドポイント、つまり第2幕のちょうど真ん中なのではないか。

などと考えれば考えるほどわからなくなる有り様。

どうなるかは神のみぞ知る。しかし創作というものは何と楽しいものでありましょうか!


「姪の子ども」は何という続柄?

もう何年も前に働いていた職場で、

「姪の子どもは何という続柄なのか」

という疑問を口にする人がいました。続柄が大事な職場だったのでね。

で、調べてみると、このような家系図と出会いました。


d0092767_5453817

姪子ではなく「姪孫」
おわかりのように、姪の子は姪の孫と書いて「姪孫(てっそん)」といいます。

え? 姪の孫じゃなくて姪の子どもなんだけど。姪孫じゃなくて「姪子(てっし)」にして、その子どもを姪孫にしたほうが理に適っているのでは? と思った方も多いことでしょう。私も当時疑問に思って調べてみました。簡単なことでした。

「姪子」と書いて「めいっこ」と読むらしいんです。姪っ子の「っ」が省かれたんですね。「めいっこ」といえば姪のことですから、姪の子どもも姪子と表記した場合、文脈や状況によって「めいっこ」と読んだり「てっし」と読んだりしないといけなくなる。それは不便だから「姪孫」にしたのでしょう。

姪孫の孫は「まご」ではなく、子孫という意味だと思います。

ただ、ここで大きな問題があります。


甥の子どもは何というの?
実は甥の子どもも「姪孫」なんです。

なぜ???

と疑問を抱くのが普通だと思います。これについてはいくら調べてもわかりません。一応、甥の配偶者も姪ですからどちらも姪の子どもと考えることもできます。

じゃあなぜ「甥孫」じゃないのか? という疑問が湧きます。

これはただの推測ですが、日本では(世界のいろんな地域で多いですが)大昔は女系社会だったからじゃないか、という理由です。でも、それは関係ないという人もいて、本当によくわかりません。

ただ、姪の子どもと甥の子どもを区別する呼び方もあります。


又甥・又姪
又従兄弟の又をつけて、甥の子どもなら「又甥(またおい)」、姪の子どもなら「又姪(まためい)」というそうです。これならわかりやすい。

ただ、これと似た言い方でぜんぜん違う意味のものもあります。


大甥・大姪
これはおそらく姪孫から見た自分が大伯叔父・大伯叔母だからその逆ということなのでしょうが、一見すると大甥が甥の子ども(つまり又甥)、大姪が姪の子ども(又姪)のような気がしますが、実は違って、甥の子どもだろうが姪の子どもだろうが、その子の性別が男なら「大甥」、女なら「大姪」となるそうです。兄弟姉妹の孫息子か孫娘か、ということですね。

ややこしいから全部「姪孫」にしてしまえばいいと私は思うのですが、おそらく、もともとは姪孫という呼び方しかなかったと思われます。

だって姪孫が一番、漢語っぽいでしょ? こんな言葉は漢字の本場でしか思いつかない。又甥、大甥なんていかにも亜流という感じ。

姪孫しか呼び方がなかったけれど、それではその子が男か女かわからない。甥の子なのか姪の子なのかもわからない。そこで又甥・又姪、大甥・大姪という言葉を作ったのだと思われます。

父母、祖父母、兄弟姉妹、伯父・叔父、伯母・叔母、従兄弟・従姉妹など、だいたいの続柄は性別や年上かどうかとかもわかりますけど、姪孫だけはわかりませんから。

とはいえ、なぜ甥の子どもも姪の子どもと同じ「姪孫」なのかという謎だけは残ってしまいますがね。(笑)






ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード