聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

『犬猿』(理想的な「善と善」の対立ドラマ)

main

ある高名な脚本家から教わったとても大切なこと。

「君は善と悪の対立でドラマを作ろうとしている。それじゃダメなんだ。善と善が対立するようなドラマじゃないと人の心は打たない。どちらにもそれなりの言い分があり、どちらの言い分にも納得できる。それこそが豊かなドラマだ」

吉田恵輔監督の『犬猿』はまさにそういう映画でした。
前作『ヒメアノ~ル』では、最初共感していたはずの主人公に最後は少しも共感できなくなり、最初は恐怖の対象でしかなかった殺人鬼に最後は共感してしまうという離れ業を演じていましたが、この『犬猿』では非常にオーソドックスなドラマ作りがなされています。

ある犬猿の仲の兄弟と姉妹の愛憎がクロスする物語。


main


窪田正孝と新井浩文の兄弟は、刑務所から出所したばかりで弟に迷惑ばかりかけている兄と、そんな兄を嫌悪し、見下している弟。
兄は弟に迷惑を掛けながらもそんな自分を嫌悪している。弟に罪滅ぼししたくても弟は受け容れようとしない。そもそも兄を密告したのは弟であり、兄はそれを恨んでいる。弟はヤクザな兄を見下し、兄はくそ真面目な弟を見下している。
「何だおまえ」とどちらもが言う。


14260


江上敬子と筧美和子の姉妹は、親から受け継いだ下請けの印刷会社を切り盛りする切れ者だけどブサイクな姉と、姉とは似ても似つかぬ、といってもそれほど美人でもない微妙な女優志望の呑気な妹。
姉は見た目がいいだけで得をしている妹に嫉妬しながらも、同時にろくにパソコンを使いこなせず英語の勉強も身につかない妹を見下している。妹は見た目がいいことを鼻に掛けているし、「お姉ちゃんは社長だから責任があるの」とかばってみせたりもするが、何だかんだ言いながらやっぱり姉を見下している。
「何よあんた」とどちらもが言う。

4人全員にそれぞれの言い分があり、どの人物の言い分にも納得できる。私はこういう脚本が書けなかったので激しく嫉妬します。


d359fab935729f2d


数々のスッタモンダの末に、二組とも流血事件によって大団円を迎えるのですが、自傷にせよ他傷にせよ、暴力によって事態が解決に向かうというのはいささか安直な気もしました。ただ、両者とも和解のあとのオチがあるので、あれでいいような気もします。(でもやっぱりこの映画で血を見たくなかった、とは思いますね、やはり)

しかし・・・

「善と善」の対立というが、おまえが大好きな『ダーティハリー』は「善と悪」の対立ドラマじゃないのか。と言う人もいそうですが、それは違うと思います。


e0169157_10483144

『ダーティハリー』の悪役・蠍座の男は「トラブルメーカー」にすぎないというのが私の解釈です。

主人公ハリー・キャラハンと真の意味で対立を演じているのは、彼の上司、署長、市長、そして弁護士と憲法学の権威の判事です。

弁護士や判事は「なぜ令状を取らなかった。令状がなければ証拠として認められない」と言います。確かにその通りだけれどハリーは「そんなことしてたら人質が殺されていた」と返します。これもごもっとも。どちらの言い分にもそれなりの理があります。だから『ダーティハリー』も「善と善」の対立ドラマなわけですね。

もしかすると、同じ勧善懲悪なのに『ダーティハリー』のような時代を超えた名作と、忘れ去られたあまたの凡作がありますが、その差は、「善と善」の対立まで豊かに織り上げられているか、「善と悪」の対立で終わっているかの差なのではないか。

これは研究すべきテーマですね。



人生は単線にあらず(幸福とは何か)

昨日、ある人のツイートで、

「教師はみんな『勉強ができるからって幸せにはなれないぞ』と言うけれど、それは何らかの才能に秀でた人たちにだけ有効な言葉であって、たいていの人間が幸せになるには学校の勉強をしまくるしかないと思ってる」

という意味のがあって、かなりの数のリツイートといいねを集めていました。


DMpzKiVUEAAnIj4


うちの親父の話になりますが、私が映画の道に進むと言って専門学校に行ったり、現場に就職するも脚本家の道を行くと1年で辞めてしまったりしていた頃だったかな、こんなことを言いました。

「いままで人生には一本道しかないと思っていた。平社員から係長。係長から課長。課長から営業部長。営業部長から事業部長。そして重役。あわよくば社長」

「でも、おまえみたいな生き方もあるんだと知った」

くだんのツイート主は、まさに親父の言っていた「人生には一本道しかない」と思っている人なんじゃないですかね?

勉強を頑張っていい学校に入り、いい会社に入ってそこで出世する。それだけが「人生」だと。それだけが「幸福」だと。

だとすれば非常に愚かとしか言いようがない。

だって、それって「カネ」が人の幸福度を決めるってことでしょ? 「肩書」がその人の価値を決めるってことでしょ?

んなアホな。

世の中にはいろんな人がいるし、いろんな価値観がある。

以前の職場でこんな人の話を聞きました。あるタクシーに乗ったら運転手が女性で、女性って珍しいなと思い「なぜこの仕事に就いたんですか?」と聞いたら、「映画が好きで、休みの日は映画館を何軒もハシゴするんです。この仕事は比較的好きなときに休みが取れるから私には好都合なんです」

たぶん給料は安いのでしょう。それでも好きな映画を見れるから幸せなわけですね。
別に映画じゃなくてマンガを読むのが何より好き、旅行が好き、登山が好き、スキューバダイビングが好き、だから味のために仕方なく働く、という人生だってアリでしょう。

別に「何らかの才能」なんかなくたって、楽しむことができればいいわけです。そのためのお金があればいい。


4f2bc0f426e99e3a663dfb74d2e9fe3c


↑こういう顔になるためのお金を稼げればいいのであって、何も大金持ちになる必要なんかない。

そりゃ、難病で苦しむ人を助けたいという純粋な気持ちで「医者になるためには勉強を頑張らないと」と勉強しまくるならそれでいいと思います。

ただ、「自分がどういう人生を歩んでいきたいのか、何をしたいのか(「何になりたいか」は間違い)を少しも考えずに「学校の勉強をしまくっていい学校に入ることだけが幸せへのパスポートである」という考え方は愚かとしか言いようがありません。

ウォール街で大儲けしてる連中なんてみんな一流大学と言われる学校を出ているはずですが、そんな彼らは大勢の人を泣かせて私腹を肥やしている。

それが「幸せ」なんですか? 


貴闘力がワイドナショーで復活!?

waidonashow

今日の『ワイドナショー』を見ていたら、最後に松本が「あれ? 今日は貴闘力さんは? レギュラーやのに」と冗句を言ってましたが、フジテレビは本気で1コーナーだけのゲストではなくメインコメンテーターとして出演交渉をしていると。

いいですねぇ。だって、あの昭和の大横綱・千代の富士を引退に追いやった男ですよ。


DUBy72ZVoAAi1vA


あのとき、千代の富士は初日に確か貴乃花と当たって負けたんですよね。で、2日目に板井と当たって勝ち、まだ行けるかと思ったら3日目貴闘力に負けて、あの有名な「体力の限界! 気力もなくなり・・・」という引退会見と相成りました。

形としては貴闘力が引導を渡したんですが、実質的には初日の貴乃花に負けたときに「もう俺の時代は終わった」と思ってたはず、と当時は誰もが言っていました。

だから、そんな心境の千代の富士に2日目で負けた板井の立場がないなぁ、と当時思ったことを鮮明に憶えています。

板井とはこんな力士↓



itai


閑話休題。

貴闘力は賭博問題でクビになり、いまはただの焼肉屋のオーナーみたいですが。それでも大鵬の娘との間に子どもをもうけてその子が角界入りしているし、角界の事情通として3週連続してワイドナショーに出演。二言目には「江戸時代では・・・」と江戸時代の例を出して解説するのが得意スタイル。

政治でも芸能ネタでも「江戸時代では・・・」で行くのか。とにかく貴闘力自体が面白いうえに、とってもチャーミング。ウソの言えない人柄が滲み出てますよね。それに松本がやたらいじりたくてしょうがないみたいなので、これは楽しみ。早速来週出てもらいたいもんです。

それか、相撲協会がまた不祥事を起こすとか。(笑)






LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。