聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

大阪府スマホ学校持ち込み解禁について思うこと

大阪府が公立小中学校へのスマホ持ち込みを解禁するニュースが1週間たっても巷を賑わせているようです。

直接のきっかけは昨年6月の震災で、安否確認のためということらしい。

しかし、いくら安否確認のためといっても、スマホを解禁したら依存症になる、授業が混乱する、スマホをもってない子がいじめられるなどなどいろんな反対の声が上がっているようです。


5c6b7f903b000069046b7e46

私はこのように休み時間に外で遊ばずスマホをいじる子どもが増えないように工夫するなら別にいいと思っています。

依存症については、すでに依存症の子どもってたくさんいると思う。学校が終わったらスマホばっかり見てるとか。いまさら学校で解禁したところでそういう子が増えるとは思わない。いま依存症じゃない子は学校に持ち込んでも依存症になることはないでしょう。

逆に、これをいい機会に外で遊ぶ楽しさを教えてやってほしい。
最近は公園とかでも鬼ごっことかかくれんぼとかドロケイとか缶蹴りとかやってる子どもたちほとんどいませんよね。子どもの数自体が減ってるのもあるんでしょうが、外で遊んだら危険だとアホな親が禁止してる場合も多そう。

特に小学校で大事なのは勉学よりも体力作りだと思う。体育と食育をきちんとするならあとはそれほど大きな問題じゃないだろうし、安否確認できる利点のほうが多いのではないか。

食育といえば、私の高校時代、保健体育の先生が、

「いまは魚を切り身で食べるやろ。あれはアカン。ちりめんじゃことかめざしとか、その生物のすべてをいただく『全体食』が大事」

と言っていました。

全体食? それがスマホ解禁と何の関係が?

国語の教科書ですよ。

日本の国語の教科書では、作品の抜粋しか載ってないじゃないですか。あれ、ほんとよくないと思う。ひとつの物語を最初から最後まで全部読むのが大事。

また、世界史の先生はこう言っていました。

「欧米の学校では、ある本を読んでレポートを提出するという課題がある。学校の図書館に生徒の数だけ本をそろえているからそういうことができる。日本の学校は1冊ずつしかないからとうていできない。世界史を理解するために必読の本がたくさんあるのに子どもたちに読ませることができない」

と嘆いていました。

だから、スマホなどタブレット端末の持ち込みOKにすることで、電子書籍で読めるようになるんじゃないか。あの先生の夢がかなうんじゃないか、という期待があるんです。

私自身は電子書籍が苦手です。兄貴がキンドルで中島敦の『山月記』を読んでるというので見せてもらったことがあるんですが、大好きな作品なのに少しも頭に入ってこない。でもデジタル・ネイティブ世代ならそんなことはないでしょう。むしろ日本の学校図書館に世界の古典を生徒の数だけそろえるなんて金銭的にも無理だろうし、そもそもそんな巨大な図書館を置ける土地がないのだから、スマホなどで電子書籍を読めることは教育効果が高いと思う。

家で読んだらいい?

いやいや、教室でみんなと同じものを読むのがいいんじゃないですか。ブックマークとかも簡単にできるだろうし、授業で聞いたことを書きこんだりもできるんじゃないの? よく知らないけど。

それに家で独りで読むと黙読になるでしょう? みんなで音読するのが大事だと思う。寺子屋みたいに『論語』の素読をするとか。そのためには『論語』をまるごともってないと。

マンガもいいと思うんですよ。下手な小説よりマンガのほうが面白いし真実に迫ったものは多い。「学校でマンガなんてけしからん」とか言う保守的な人間は相手にしないほうがよろしい。真面目なテーマを扱ったマンガばかりじゃなくてギャグ漫画とかもね。教室全体が笑いに包まれるなんて素敵。

とにもかくにも、国語は教育の基幹だから安否確認だけに使うんじゃなく、「読書における全体食」の楽しさ、大切さを子どもたちに教えてやってほしいと思います。

もちろん費用は税金で。自費だと家で読むことすらできない子もたくさんいるでしょうし。出版社も学校が買うぶんについては大幅に安くするとかね。再販制度があるから無理? いやいや、そういうのを変えていくために国会があるんでしょ。


20190218-00115142-roupeiro-000-36-view


『仁義の墓場』(父を追い求めた子どもの悲劇)

深作欣二監督による1975年東映実録映画『仁義の墓場』。


0274

この映画は石川力夫という実在した狂犬のようなヤクザを主人公にした、映画自体が狂ってるような作品ですが、今回見直してみて、狂っているのは力夫ではなく周りのほうなんだと、力夫はただ純粋な男だったということに初めて気づきました。敗戦直後の政治状況を絡めて実にうまく語っています。


Boogie Nights fight scene

初めて見たとき『ブギーナイツ』と同じ構造だというのには気づいたんですよ。
父親が父親として機能しておらず、母親が父親の代わりを一生懸命務めようとするあまりヒステリックに怒鳴り散らしてばかりで主人公マーク・ウォールバーグは家出し、ポルノ映画ファミリーを第二の家族としてその家長バート・レイノルズを父親として慕い、反抗し、また家出して、最後には赦しを請う、という「父親探し」の映画でした。

s072258001a
『仁義の墓場』も同じですよね。石川力夫の実の父は描写がないので、映画内世界に関してだけ言えばハナ肇が実の親みたいなものでしょう。力夫はハナ肇をかなり慕っていた。それは彼が最初に刑務所に入る傷害事件の理由から明らかです。喧嘩の原因は親分を馬鹿にされたからだと供述したそうです。彼がハナ肇の組に拾われたのは戦中。そのときのハナ肇がどんな人物だったのか、はっきりとは示されませんが、おそらく力夫が慕うほどなのだから大人物だったのでしょう。

『仁義の墓場』は『ブギーナイツ』の冒頭と同じように、親が親としての機能を果たしていないために子どもが苛立ちを募らせる物語です。

ところが、ここからが今回初めて気がついたことなんですが、敗戦を経てアメリカに占領され、ハナ肇は変わってしまった。『ブギーナイツ』との決定的な違いもここからです。


20170227120706 (1)

彼は進駐軍の大佐と懇意で、彼らから仕入れたウィスキーを高く売ってボロ儲けしている。なのに大佐が出ていくと「毛唐が」と馬鹿にしています。戦争に勝ったからって偉そうにしやがってと。力夫はただ黙って聞いています。

馬鹿にするといえば、この映画に出てくる日本人はみな、いわゆる三国人(在日朝鮮人、台湾人、中国人)を馬鹿にしています。宗主国・日本が負けたことでそれまでの鬱憤晴らしとばかりに街を荒らしまくっている。日本人は敵も味方も警察も全部グルになって、三国人だけブタ箱に入れるという卑劣な手段を取ります。石川力夫はこういう差別にもただ黙って見ているだけ。

アメリカと日本
日本と中国、朝鮮、台湾


この二つは完全な相似形です。かつては日本がアジア諸国の父親として彼らの「庭」を荒らす横暴な振る舞いをしていた。いまはアメリカが日本の父親としてのさばっている。自分たちがやっていたことをやられているだけ。それならそれで三国人のように反抗すればいいものを、愛想笑いでお追従を言い、陰口をきくという卑劣さ。

父と子の正常な関係は、自分を押さえつける父に子が反抗し、父の支配から脱することです。三国人たちは正常に日本の支配から脱した。しかし日本は(いま現在も)アメリカに少しも反抗できず、お追従を言うだけ。これはとても異常な関係です。

正々堂々と喧嘩を売ってくる三国人のほうがよっぽどまし。と石川力夫はたぶん考えていたはず。なぜなら、新宿の街に進出しようとしたヤクザと争って刺したとき「俺はただ自分らの庭を荒らされたからけじめつけようと思って」と、力夫は自分は間違っていないとハナ肇に言います。ハナは「いま奴らとことを構えたらどうなるか、よく考えろ」と諭す。つまり損得勘定をしろということです。庭を荒らされても損をするから喧嘩はしない、そしてあろうことか、くだんの大佐に仲裁してもらう。何とも情けない親。そんな親は力夫をボコボコにしながら「何だその目は。それが親を見る目か!」とさらに打擲する。

筋を通しているのは力夫のほうです。ハナ肇をはじめ他の連中は損得勘定を筋目と勘違いしているだけ。

『ブギーナイツ』のマーク・ウォールバーグは家族を捨てて第二の家族を求めます。しかし力夫はそうしなかった。彼はハナを刺します。常軌を逸した行動に見えますが、「親は親らしくしてほしい」という彼なりの純粋な想いだったのでしょう。

親分を刺した。それがミッドポイントとなって後半はガラリと様相が変わります。もう政治状況とかそういうのは出てこない。ひたすら石川力夫という個人を追いかけます。

所払い10年ということになり、兄弟分でいまは一家を構えている梅宮辰夫の計らいで大阪に身を潜めるんですが、そこでシャブの味を憶えてしまう。そこからはもうごろごろ転がり落ちるだけ。何とかしようと説得する梅宮まで殺してしまう。

しかし保釈になると今度は殊勝に「線香あげさせてほしい」と梅宮の家を訪ねる。妻の池玲子は泣きながら断ります。当然でしょう。それがわかっていながら行ったのか、どうか。自分で殺しておいて線香をあげたいというのは殺された側からすれば残酷、身勝手の一語でしょうが、力夫には筋目だったのでしょう。殺してしまった兄貴に線香をあげたい。何となくだけどわかる気がする。

唯一の理解者で妻の多岐川裕美も自殺してしまい、その遺骨をもって彼はハナ肇のもとへ行きます。一家を構えたいから土地をくれ、事務所も作らないといけないから2000万ほしい。と言いながら遺骨を食べる有名なシーン。

彼がほんとに一家を構えたかったのか、それとも親がどう出るかを試そうと思ったのか定かではありませんが、いずれにしろハナ肇はヒステリックな足取りで出ていくだけ。力夫は最後まで父親に父親らしいことをしてもらえなかった。

彼は多くの人を殺し、傷つけた加害者であることは間違いありません。しかし彼は本当に「狂犬」だったのでしょうか? 私には親に恵まれなかった子どもの悲劇にしか見えない。石川力夫は被害者です。


128855543216616208155_PDVD_148 (1)

とはいえ、大事なのは、彼が被害者面をしないことです。

本を正せば、親のために、一家のために喧嘩をした。なのに……。でも彼は恨み言を言わない。独房の壁に「大笑い 三十年の 馬鹿さわぎ」とだけ書き記し、自殺します。そしてただひとつ遺された彼の墓石には「仁義」の二文字が刻まれている。

一番悪いのがハナ肇なのは明らかです。でも彼はいっさいの弁解を拒み、ただ「仁義」の二文字だけをこの世に遺すことを選んだ。石川力夫の仁義。わかる。いまはもうはっきりわかる。






アカデミー賞2018大予想!

いよいよ明日に迫ったアカデミー賞授賞式。

今年は史上最も予想が難しいと言われていますが、私の予想は以下の通り。



作品賞:ボヘミアン・ラプソディ
監督賞:アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ)
主演男優賞:ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)
主演女優賞:グレン・クローズ(天才作家の妻)
助演男優賞:マハーシャラ・アリ(グリーン・ブック)
助演女優賞:エイミー・アダムス(バイス)
脚本賞:バイス
脚色賞:ブラック・クランズマン
撮影賞:女王陛下のお気に入り
美術賞:女王陛下のお気に入り 
作曲賞:メリー・ポピンズ・リターンズ
編集賞:ボヘミアン・ラプソディ
衣装デザイン賞:女王陛下のお気に入り
録音賞:ボヘミアン・ラプソディ
音響編集賞:ボヘミアン・ラプソディ
視覚効果賞:ファースト・マン
主題歌賞:「Sharrow」(アリー スター誕生)
メイキャップ&ヘアスタイリング賞:バイス
外国語映画賞:ROMA/ローマ
長編アニメ賞:スパイダーマン:スパイダーバース
長編ドキュメンタリー賞:RBG 最強の85才


とまぁこんな感じ。またも大穴狙い。『ボヘミアン・ラプソディ』がノミネートされた5部門すべて獲るというという予想。

今回は『ROMA/ローマ』がどうなるかですね。
前哨戦は圧勝ですけど、外国語映画に本当に作品賞を取らせるのか、監督賞で充分では? と考える会員は多いのではないか。そして私は未見だけれど、見た人の話によるとアンゲロプロスやタルコフスキーみたいな作風らしく、それなら編集賞にノミネートされてないのは当たり前かとも思いますが、しかし、ハリウッド映画というのはカットバックなどカットの積み重ねで盛り上げていくのが昔からの手法なので、だから編集賞が作品賞を占ううえで大事なんだと思うんですよね。(ちなみに編集賞と作品賞が密接な関係にあると最初に言い出したのはおそらく私です。もう16年前ですか。ヤフーの掲示板にアカデミー賞を語ろうみたいなトピがあって、そこに「編集賞」と題したカキコをしたハンドルネーム=unforgiven2939とは私のことです。これははっきり言って自慢)だから『ROMA/ローマ』の作品賞はないような……?

さて、作品賞のノミニーが最大10本になってから、1位票を過半数とった作品があれば文句なしでそれが作品賞になるわけですが、もしどれも過半数を取れなかったら2位票、3位票もたくさん取らねばならない。『ROMA/ローマ』はたぶん監督賞は圧勝なんだでしょうが(組合賞も獲ってるし)作品賞は上記の理由で1位票を過半数取れないと思う。となると、まんべんなく上位票を取れるのは何かと考えると『女王陛下のお気に入り』『バイス』『グリーン・ブック』はコメディだから難しい感じ。特に『グリーン・ブック』はピーター・ファレリーのスキャンダルがあったからダメでしょう(20年前のお遊びを出してきたのはおそらく誰かの陰謀でしょうね)『ブラック・クランズマン』もどうもそこまで作品の評価が高くなさそうで、『ボヘミアン・ラプソディ』だってゴールデングローブ賞を取ったけれど監督賞にも脚本賞にもノミネートされておらず確率は低い。じゃやっぱり『ROMA/ローマ』? ということになるんですが……

話は変わって、私の予想では『女王陛下のお気に入り』が3部門受賞することになっています。今日見てきましたがつまらない映画でした。エマ・ストーンに獲ってほしいと思うけれど、2年前に主演賞獲ってるから望み薄かな、と。
予告編を見たときから美術と衣裳は当確だと思ってましたが、今日見て撮影賞も確信しました。下馬評では『ROMA/ローマ』か組合賞を獲った『COLD WAR』みたいですが、白黒は分が悪い。白黒撮影賞とカラー撮影賞が統合されてから白黒映画で撮影賞獲れたのって『シンドラーのリスト』だけですよね?(うろ憶え)しかもあれさえもう四半世紀も前。最近の撮影賞って極彩色のものが獲ること多いじゃないですか。『SAYURI』とか『ライフ・オブ・パイ』とか。『女王陛下』は極彩色ではないけど、窓を白く飛ばす絞り方や魚眼レンズを多用した仰々しい撮影手法を評価する会員は多くいそう。夜のシーンなんか普通によかったし。

だから、作品賞も同じようにインパクトのあるものが獲るんじゃないかと。未見のもののほうが多いので何とも言えませんが、『ボヘミアン・ラプソディ』のお祭り感はアカデミー賞にふさわしい。批評家が公開前に酷評したってところもいい。私も出来がいいとは思いませんし、批評家賞をまったく獲れなかったのは当然と思います。でもアカデミー賞は実作者が選ぶんだから批評家賞を蹴散らす独自色を出してほしい。

そういう意味でやっぱり作品賞は『ボヘミアン』で!!! ラミ・マレックの魂の受賞スピーチも楽しみです。




ギャラリー
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード