2016年01月02日

一年の初めのブログがはたしてこの映画の感想でいいのか。しかも、今年見たんじゃなくて去年見た映画の感想でいいのか。さらに、もう1週間近く前に見たんだけど。

まぁいいでしょう。ブログにルールなどありません。

8375a8f1

マーティン・キャンベル監督作品『カジノ・ロワイヤル』で幕を開けたダニエル・クレイグ・ボンドシリーズ。『カジノ・ロワイヤル』はすごく面白かったですが、『慰めの報酬』『スカイ・フォール』『スペクター』とどんどんつまらなくなるので見ていてつらかったです。

何よりも、クリストフ・ヴァルツ演じる悪の組織スペクターの親玉にあまりに魅力がない。というか、あれ、ただのアホでしょう。

最初、ほとんど音のしない大きな暗い部屋に登場してボンドが隠れていることを察知するところなど「おお~、ついに出てきたぞ、スペクターの親玉が!」ってな感じでやたら興奮しましたが、あまりに頭悪すぎ。簡単に砂漠のアジトを爆破されるし、最後はすぐ逃げればいいものを逃げないがために爆発に巻き込まれて…と。しかも自分が仕掛けた爆弾ですよ。アホらしくて付き合ってられません。

クリストフ・ヴァルツという役者さんはとても聡明な人だから、こんなアホな役は手抜きで大丈夫と思ったんじゃないでしょうか。『イングロリアス・バスターズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』あるいは『おとなのけんか』なんかとはまったく別人。ほとんど二流役者に見えるぐらい愚昧な芝居に終始しています。

と、ここまでは些末な問題。もっと大きな問題は「殺しのライセンス」に対する「思想」ですね。

この映画は、スペクターが合法的に各国のスパイ組織を解体して世界を牛耳ろうとするんだけれどもそれをジェームズ・ボンドはじめMI6の有志たちが未然に防ぐ、という物語なんですが、スペクターの傀儡であるCが「殺しのライセンスなどもう古い」とダブルOのライセンスを失効させ、さらにMI6そのものをも解体しようとする。それに対抗してレイフ・ファインズMが、

「殺しのライセンスは、殺さないライセンスでもある」

と言うんですね。このセリフ自体は「なるほど、それは言い得て妙だ」と思ったんです。「一口に殺しのライセンスといっても、そのために情報を収集し、潜入し、そして引き金を引く瞬間に相手の目を見て撃つべきか否かを判断するんだ」と。ダブルOはただの殺し屋じゃない、みたいなことを言うんですが、それはそれで感動したんですよ。

でもね、最後に引き金さえ引いてしまえばスペクターの親玉を殺せるという段になって、クレイグ・ボンドは撃つのをやめるんですね。レイフ・ファインズMの言った「殺さないライセンス」を実証してみ
せるんですが、何というか、テーマが先走ってる感じがするんですよ。

映画は思想を伝えるための道具ではありません。しかしこれは、思想を伝えてはいけないと言っているのではありません。思想のない映画に価値はありません。

しかしながら、あるテーマがあって、それを言いたいがために物語がある、というのは順番が違います。

あるキャラクターなり、あるシチュエーションなりがあって、それらが展開していくとテーマが浮かび上がってくるというのが本当でしょう。

レイフ・ファインズMの言い分などどうでもいいから、クレイグ・ボンドにはやはり最後でクリストフ・ヴァルツを撃ち殺してほしかった。あの男一人殺したところで問題の解決にならない、ということなんでしょうか。確かに現実世界ならそうでしょうが、これは映画です。1800円払って夢を見に来ている客に対してそんな物分かりのいいことを説いても金返せと言われておしまいです。

もっと物語が現実世界の政治を反映したリアリズムに徹した映画ならそれでもいいですが(『ミュンヘン』とか『パラダイス・ナウ』とか)『007』というのは最初からウソ話なんだから悪の親玉を殺して一件落着という能天気な結末でいいと思うんですがねぇ。

親玉を殺したところで問題は解決しないと誰もが知っているからこそ「親玉さえ殺せばすべて解決」という映画の需要って絶対あると思うんです。

『007』はまさしくそういう需要に応えるべきシリーズだと思っていたのでとても残念です。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月31日

前節、ホームでのラージョ・バジェカーノ戦は結果だけ見れば10-2の大勝でしたけど、内容は恥の上塗りもいいところと言いたくなるぐらいにひどい試合でした。

ラージョの一人目の退場は仕方ないと思いますよ。審判によってはイエローで済ませる場合もありましょうが、足の裏を見せて完全に足首狙ってましたから。あれは危険。でも二人目の退場はもう完全にレアル贔屓の判定。その前にセルヒオ・ラモスがエリア内でハンドを犯したにもかかわらずお咎めなしだったのに。ラージョが9人での戦いを強いられたときスコアは1-2でしたが、あのハンドを取っていれば1-3だった。

で、9人になったらいくら何でも個々の能力の高いレアル攻撃陣を止められるはずもなく、そこから9失点。それでもラージョのパコ・ヘメス監督は「ひざまずかなかった選手たちを誇りに思う」と発言。さらに「あのようなバカげた判定はうちのチームだけでなくレアル・マドリードにとっても、スペインサッカー全体にとってもよくない」と言って罰金を科せられました。何ともはや。あまりに馬鹿げています。

見てるこちらも10点も入れば普通ならお祭り騒ぎなのに、どうにも釈然としない。何だか恥ずかしい。本当なら大敗しておかしくないチームが逆に大勝してしまった。穴があったら入りたい。

と、地球の裏側でこっそり応援する人間ですらそう思うのだから、実際あのピッチに立っていた選手たちはもっとそれを痛感していたのでしょう。

今日も、疑惑の判定がありました。エリア内でベンゼマを後ろから倒したとPKの判定。確かに倒してはいるけどあれでPKではないですよね、普通なら。しかも、その直前、ペペが自陣エリア内でハンドを犯していたのにまたもお咎めなし。もう完全に審判を買収していると言われてもおかしくない。

で、そのPKをクリスティアーノ・ロナウドがわざと外したんですよ。そしてPKを外したのにホームのサポーターは大喝采。実況アナや解説の北澤は「変な事態ですね」としらっと言ってたけど、内心は「なるほど、わざと外したか。そう来たか」と思っていたはずです。

だってロナウドがあんな外し方するわけないですもの。いつもはあんな高く浮くボール蹴らないし、何しろボールスピードが遅すぎます。あれは絶対にわざと。またも審判に助けられて勝利なんてことになったら恥の上塗りのさらに上塗り。それだけは避けたかったのでしょう。私も外れた瞬間ホッとしましたもんね。そして拍手するサポーターの気持ちもよくわかりました。

完全に選手たちが見限ったベニテス監督を解任してもらうには試合に負けるのが最も近道。とはいえ、そんなことをしたらタイトルが遠のく。勝ちたい。ベニテスの首はすげ替えてほしいけど、その前に俺たちはやっぱり勝ちたい。

それなら勝とうじゃないのさ。勝ってやろうじゃないの。でも審判に助けられて勝つのは二度といや。

というわけで、前半の終盤、ベイルのクロスが相手DFの手に当たってまたもPK。でも、このPKは俺たちの実力で勝ち取ったPK。だから絶対決めると、ロナウドはいつものボールスピードでネットに突き刺しました。キーパーがコースを読んでるのにセーブできないのだから、いかに1本目のPKが緩かったか、つまりわざと外したかどうかがわかるというものです。

先制はしたけど勝てるのかな、と懐疑的でしたが、案の定、後半開始早々にあまりに緩い守備からゴールを許してしまいます。クロースの脇にスペース空きすぎてるってずっと言われてるのに何で修正しないんだろう。
ダブルボランチと両サイドハーフでしっかり中盤を支配する4-2-3-1のほうがいいんじゃないの? そのほうがハメスも生きてくると思うし。

こうなったら負けろ、負けろ。負けたほうが監督交代の口実ができていいや。
しかも、ベニテスはヘセ、ルカス・バスケス、イスコといった攻撃のカードがあるにもかかわらず、ハメスを下げてコバチッチを入れるという不可思議采配。そりゃ勝てませんよ、そんな弱腰な采配してたら。

ところが、今日のレアルは最近のレアルとは一味違いました。

珍しくマルセロが蹴ったコーナーキックをロナウドが後ろに下がりながらボレーで決めちゃったんですよね。

GettyImages-502906192-500x356

あれはすごかった。久しぶりに見たウルトラゴラッソ!!! 

その後、ベニテスの采配は、ベンゼマに代えてルカス・バスケス投入。FW同士の交代というのはわからなくないんですが、ルカスを右サイドハーフ、コバチッチを左サイドハーフに据えた4-4-2にするというのがわからないんです。コバチッチってボランチでしょう? ロナウドを2トップの一角に据えるのなら、そういうときこそ左サイドが主戦場のチェリシェフを使うべきだと思ったら監督判断で招集外と。うーん。

しかし、右サイドで最近生き生きしているルカスがベイルからの素晴らしいクロスをピタッと止めてゴールに突き刺すという、この日初めて流れのなかで取った得点。お見事。

何だか「監督がアホでも俺たちだけの力で勝ってみせる!」という意気込みを感じた試合でした。そりゃまぁ、ソシエダのアギレチェやカナーレスが怪我しなかったら負けてたかもしれませんがね。

決してベニテスの力で勝ったわけではないこの試合、すでにソシオのみなさんに次期監督は誰がいいかというアンケートを取っているらしく、もう既定路線でしょう。ペペが「監督交代は間違っている」と優等生発言をしたらしいですが、そんなの嘘八百に決まっています。

何しろ選手との間に溝ができたのは、試合中に自チームの選手を小声で口汚く罵っていたのをベンチにいた地獄耳の選手(誰だろう?)が聞きとがめたのが発端らしいですから。もう関係修復は不可能じゃないでしょうか。

問題は、時機と理由(口実)ですよね。

負けるのが一番いいんですが、それはもう許されない。審判の助けを借りて勝つなんてもういやだ。となると、残された道は「監督の采配ミスを選手がカバーして勝つ」試合を積み重ねること、と選手たちは話し合いで決めたものと見受けられます。

ちょっと前に毎年行われる選手だけの決起集会が開かれたとのことですが、今日の試合を見るかぎり、そういう結論に至ったんじゃないかと。

だからロナウドのゴラッソにはしびれたんですよね。ハメスが替えられたあとだっただけによけいに。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月29日

見てきましたよ。『ロッキー』シリーズ最新作『クリード チャンプを継ぐ男』。

20151123-creed-thumb-950x633-16487

でも今回はロッキー・バルボアじゃなくて、かつて敵でありその後親友になったアポロ・クリードの息子アドニス・クリードが主人公。ロッキーは彼のトレーナー役です。

私は長年のアカデミー賞ウォッチャーなんですが、このところの賞レースでスタローン先輩が助演男優賞にノミネート、あるいは受賞というケースが相次いでおり、第1作以来39年ぶり、しかも同じ役でのノミネート、そして初受賞はあるのかないのか、というところが最大の関心事でして、もう映画を見るというよりスタローン先輩を見に行くという感じでいそいそと劇場へ出かけて行ったのでした。

最初は乗れませんでしたね。何かこう脚本の構成がぎこちないというか、主人公アドニス・クリードにすんなり乗れない語りになってるんですよ。気のせいか?

で、それはクライマックスであるタイトルマッチ直前まで続きました。何か乗れない。ロッキーが癌に侵されていると知っても「あ、そういう手を使ってきたのね」とものすごく冷静に見てしまう。作品自体の評価も高いようだけど、どこが?という感じでした。スタローン先輩もそんなにいい芝居してないし。いつもよりはいいんだろうけど、と。

それがですね、タイトルマッチが始まると一変するわけです。もう血沸き肉躍ってしまったんですよ。普段はボクシングとかぜんぜん興味ないんです。サッカーにしろ野球にしろ相手の体を直接攻撃しない、したら反則というのがスポーツの面白さだと思ってるのでね。

でも映画の中で主人公がやることとなると話は別。

「映画においては、愛してると一言つぶやくより一発ぶん殴るほうが決定的なのだ」

とは黒沢清監督の言葉ですが、ボクシングこそはその決定的な事態がいくつもあるわけで。

まぁ、現実のボクシングに比べてクリーンヒットがありすぎ、というのはどのボクシング映画でもそうですが、この『クリード』でも、いくら何でもいまの一発でKOでしょう、と言いたくなるのをグッとこらえて画面を見つめていますと、もうノリノリというか正真正銘血沸き肉躍ったわけです。

そして、最終ラウンドの直前、左目が開かなくなったクリードに対してロッキー・バルボアが言うセリフが泣かせるんですよ。

「アポロはミッキーの死から俺を救ってくれた。でもおまえにはもっと救われた。俺は癌と闘う。必ず勝つ。だからおまえもあいつを倒してこい」

そして、あろうことか、ここで初めてあの「ロッキーのテーマ」が高鳴るわけですよ。アドニス・クリードがロッキー・バルボアの魂を受け継いだ瞬間でした。あの瞬間に鳥肌立てられないような人間とはお近づきになりたくありません。

だから、チャンプを継ぐ男と銘打ってはいますが、この映画はロッキー・バルボアの魂を受け継いだ男の物語なのですね。

ちょっと前に、『ロッキー』とまんま同じ話型をもつ『英国王のスピーチ』なんて映画がありました。同じころ『オーバー・ザ・トップ』の変奏曲『リアル・スティール』なんて映画もありました。

ロッキーの魂のみならず、スタローン先輩の魂が受け継がれていってるわけですね。

クレジットをよく見てみると、脚本がスタローンじゃない! 『ロッキー』シリーズの生みの親は他でもないスタローンなのに。プロデューサーはアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフという第1作からのコンビ。それなのになぜスタローン脚本じゃないのか。

考えてみれば、これもスタローン先輩の魂が受け継がれていることの何よりの証左かもしれません。監督自身が原案を担当してるんですもの。ロッキー・バルボアとスタローン先輩の遺伝子はもうアメリカ映画界に蔓延していると見ていいようです。

もうオスカー取れるかどうかなんてどうでもよくなりました。

ロッキー・バルボア万歳! シルベスター・スタローン万歳!!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加