2019年08月13日

先月再放送が始まった『沿線地図』ももうラストまで幾話もありませんね。


前回までの記事
①まるで自画像のような
②両親たちのウロウロ
③父親の落とし穴
④脚本家の苦心
⑤前面に出てきた笠智衆


前回、笠智衆が気味悪いほど前面に出てきたので、その続きがあるのかと期待したんですが、12話の最後に思いつめた笠さんが出てきただけで、あとはいつものように親と子のウロウロが描かれていました。

が、今回は初めてつまらないと思いました。


EBR1iDDU0AEaFIY

今回はこの河内桃子と、岸惠子の夫・河原崎長一郎のウロウロが中心でした。前回の予告で河内が河原崎を誘惑するシーンがあったのでそのこと自体には驚きませんでしたが、何かこう親子の葛藤を描くこの物語にはそぐわない気がするんですよね。

確かに、広岡瞬と真行寺君枝の二人は、親の望むありきたりな人生ではなく、自分が本当にこう生きたいという人生を切り拓こう、そのために二人で自活しよう、と同棲を始めたから、そんな二人から生き方を否定された親が不倫に走るのも、子どもたちのように世間的な常識を踏み外してみようという親たちの悪あがきと言えば言えるのかもしれません。

しかしそれなら、なぜ口紅という小道具が必要なのでしょうか?

nomuraakiko (1)

岸惠子と河原崎長一郎の電器店の向かいに住む不動産屋の野村昭子が河内桃子の口紅を発見し、不倫の匂いを嗅ぎ取って岸惠子に告げ口するのは面白いと言えば面白い。

でもテーマから外れてませんかね?

これは不倫ドラマではないのだから、ばれるかばれないかのサスペンスで引っ張るのはおかしいと思う。すぐ「過ちを犯した」と自白したほうがよくなかったでしょうか。

そりゃ小物の河原崎長一郎はそんなことしないだろうから、河内桃子が岸惠子に言うのがいいとは思いますが、なぜそのほうがいいかというと、これは生き方ついてのドラマ、世間的な価値観に乗るか乗らないかについてのドラマなのだから、すぐ自白して、

「だってあの子たちが言うありきたりじゃない人生ってどんなものか試したかったのよ」
「だからって人の亭主を誘惑してそういうことになっていいんですか⁉」

というようなやり取りにもっていくほうがよかったように思います。


↓この二人もどうなんでしょう?↓


1b99f3cbc2fc046260494d18c35a1f8b

真行寺君枝が妊娠した。広岡瞬は堕ろせという。子どもができたら子どものための生活になってしまう。そうなったら子どものためにあくせく働く親たちと同じになってしまう。みたいなことを言っていましたが、うーん、それってどうなんだろう。

そりゃま、こういう考え方の人が40年前から増えたことが今日の少子化の原因である、という時代の証言としての価値はあるのかもしれません。(前回の記事で触れた「フリーター」という生き方についても)

人がうらやむほどの学力をもちながら大学には行かない。それはいいでしょう。いろんな生き方があっていい。そこには共感しますが、好きな女との間にできた子どもは自分の生き方にとって「邪魔者」でしかない、と言い切れる広岡瞬にはまったく賛同できません。

別に子どもができたって、大学に行かず一流企業にも勤めない、ありきたりでない生き方は貫けるんじゃないですか? どうしても「子どもができたら生活が苦しくなる、それなら大学に行っておけばよかった」というふうに聞こえてしまうんです。これもテーマから外れているように感じられてならない。


009-01-3

今回は児玉清の影の薄さが気になりましたね。おまえのやりたいようにやればいいと理解を示したからとはいえ、あまりに影が薄くて親と子ども、計6人のバランスがいびつになっているのが妙に気になりました。

影が薄いといえば、広岡瞬と真行寺君枝の友だちがまったく出てきませんね。高校を中退することになったのにまったく訪ねてこない。父親が高学歴だから低学歴の岡本信人を説教役として登場させているのだろうとは思うのですが、高学歴を志向する友人が意見する場面がひとつくらいあったほうがいいようにも思いました。(いままで友人が出てこないことに気づかなったので、それほど大きな瑕疵ではないのでしょうけど)


続きの記事
⑦仰天の笠智衆!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月12日

脳研究家の池谷裕二さんと作家の中村うさぎさんの対談本『脳はこんなに悩ましい』。

続編の『脳はみんな病んでいる』を先に読んだのですが(感想はこちら⇒「①AIが神になる⁉」「②この世はわからないことだらけ 」)今回は前編を読んでみました。

m40634313158_1

もう7年も前に出ているので、いまの脳科学では否定されていることもあるのかも、と思って読みましたが、なかなかどうして、とても面白い。


Googleのせいで、ではなく、おかげで
一番印象的だったのは「Googleのせいで人々の記憶力や思考力が低下している」という俗説について池谷教授が否定的なところでした。

「人は文字を学ぶことで記憶力が減退してしまった」と古代ギリシアの哲人プラトンが嘆いたという逸話が紹介され、さらに、文字がなかったころは教典や神話、伝説の類はすべて口述で次世代に伝えられてきた、だから文字発明以前の人間の記憶力はそれ以降の人間の記憶力とでは比べ物にならない、と。確かに文字という新しいツールのせいで記憶する力は減退した。

しかし文字を使うようになったおかげで文明が発達し、さまざまな文化が花開いた。だから「ワープロを使うから漢字を憶えなくていい」「わからないことがあればググればいい」というのを「退化」と呼ぶのは時期尚早だろう、と池谷教授は言います。

パソコンやGoogleを使うようになったおかげでいままで使ってこなかった新しい能力が開発されている可能性もあると。Googleやパソコン、スマホなどによって人間は新しい進化をし、文明や文化を生み出すかもしれない。なるほど。蒙を啓かれました。

次に仰天したのが、


メールを送る間隔も「べき則」
何を美しいと思うか、という問題について黄金比率というものがありますが、それらをひっくるめて「べき則」というらしい。地震や雪崩もその原則に従っているとか。すべての自然現象はべき則にしたがっていて、べき則に従っているものを「美しい」と感じるらしい。龍安寺の石庭も完璧なべき則とか。

そして、ここからが仰天ポイント。
実はメールを送る間隔もべき則に従っているそうです。何通も連続して送るときもあれば、かなり間隔を置いて送るときもある。用事で忙しいとか、ちょっとここは相手をじらせようとか。しかし、人間がどう考えようと、すべては自然法則の「べき則」に従うことになるんだとか。

ということは「自由意思」というものが非常に揺らいでくる。自由に行動しているつもりでもすべては自然の法則に縛られているのか……?

次は、実際に私が実験してみたこと。


5円玉が動く⁉
5円玉の穴に紐を通して吊るす。そのまま手を動かさず5円玉がぐるぐる動いているイメージを頭の中に描くと……あら不思議。5円玉が動いてしまう。

実際にやってみました。ほんとだ! 動く!!! イメージしただけで。

これはもちろんテレパシーとかではなく、強く念じたイメージに合わせて体が動いてしまうらしい。ぐるぐるとは回りませんよ。でも静止していた5円玉がゆらゆら動き始めたときは……恐くなってすぐやめました。

実験といえば、科学とは実験によって再現可能なものを言うとか。だから進化論は科学じゃないという意見があるそうです。なぜなら、過去は一回こっきりで再現不可能だから。ニュートンのリンゴのように実験可能なものを科学と言い、そうでないものは科学ではないと言い切る科学者がとても多いそうです。

実験はできないけど、数式で表せるかどうかも重要らしく、いま4割もの小学生が天動説を信じているという驚くべき統計が示されます。しかし池谷教授によると、天動説も地動説と同様、数式で記述できる。数式化できるからには「天動説は間違っている」とは科学的には言えないそうな。へぇ~。


自分にも「心」があると気づいてしまった人間
進化的に考えると、動物は自分よりまず「他者」に心があることを察知する能力を獲得したそうです。

例えばジャングルの茂みでガサゴソと音がしたら、その相手が敵か味方かをすぐに判別しないと死ぬ可能性がある。つまり相手に「意図」があることを仮定し、その「心」を正しく読んで対応することが必要だった。

が、動物はここまで。人間は「他者に心があるならひょっとすると自分にも心があるのでは」と気づいてしまった。

犬にも心はある。それはうちの飼い犬を見ていればよくわかります。が、彼らは飼い主たちの「心」の動向には過敏すぎるほど気にしているけれど、自分の中にも「心」なるものがあるとは思っていないよう。

一方ヒトは「自分には他者とは異なる心がある」と知ってしまった。「あなたと私は個別な存在である」と。この「私の発見」が心の進化にとって大きなステップだった。次のステップでは、自分の「心」を相手の「心」に読まれないように隠す、つまり嘘をつくようになった。動物は嘘をつかない。


男性が必要ない時代
いま、生命科学的には男性が必要ない時代を迎えつつあるそうです。なぜなら、クローン技術が急速に発達しているから。女性が自分の細胞を複製して自分の子宮で育てて我が子を産むことは既に可能。

しかし本当に「男はいらない」となって女性しかいない世界になったとき、男の目がなくてもやはり女は化粧したりするのだろうか。恋愛感情は生まれるのだろうか、と中村うさぎは問います。

女子校出身のうさぎ女史によると「女しかいなくても恋愛感情は生まれる」らしい。あの子の体に触りたい」という欲求は自然に芽生えるとか。では「恋愛感情は生殖活動のための口実にすぎない」という池谷教授の説は否定されるのか……?


天才中村うさぎ
『脳はみんな病んでいる』でも思ったことですが、中村うさぎという人はほとんど天才ですね。

他の人だったら池谷教授からこんなにいろんな話を引き出せなかったでしょう。

「セックスのときに声が出るから、逆にオナニーのときも声を出したらもっといいのかと大声出してみたら、もう超興奮!」

「薬物中毒者で自分が鳥だと思い込んでいる人がビルから飛び降りた場合と、そんなこと思っていない普通の人が飛び降りた場合、飛距離に差は出るのか?」

などなど、とんでもなくアホな、いやいや、面白い質問が飛び出します。常人には思いつかない。

中村うさぎは相槌うってるだけじゃないか、とか言う人もいそうですが、私はうさぎ女史あってのこの本だと思いますよ。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月08日

『5時に夢中!』は今日も、滝川クリステルと小泉進次郎の結婚を取り上げていて、というか、滝クリと同じく神戸出身の宇垣美里のコメントが紹介されていました。


koUjRzRuCiDSp

神戸の神格化
宇垣は高校の後輩だから当然知っていたけれど、滝クリが神戸出身とは知らなかった。それはともかく、二人の結婚についてイベントで語ったとされる言葉は、

「神戸の女性は自立している」

というもので、え、そうなの? と。

コメントを求められた同じく神戸出身の大橋未歩(何と彼女は須磨区出身とか。私も30年前まで須磨区在住でした)は、

「なぜ神戸ってここまで神格化されてるんでしょう」

と神戸人なら誰もが抱いている疑問を口にしました。

そうなんです。なぜか神戸は「おしゃれ」とか何とかポジティブなイメージがあるらしく、それでいて「気取ってる」という裏返しのネガティブなイメージもないらしい。


o1046058314384284904

大橋未歩は最後に「神戸の女は品がいい」と言っていましたが、あれは冗談にしても、そういう冗談が嫌味にならない何かがあるような気もします。


大阪人の神戸コンプレックス
一番それを強く感じているのは大阪人じゃないですかね。

以前、ケンミンSHOWでやってました。

「大阪のおばちゃんに、奥さん、何かちょっと神戸っぽいですね、というと異常に喜ぶ」と。

確かに、大阪の人と喋っていると「神戸にだけはかなわない」みたいな強烈なコンプレックスを感じます。なぜそこまで? ほとんどお隣さんじゃないですか。同じ関西なのになぜそこまで。

大阪人の東京コンプレックスは有名ですが、あれは裏返ってほとんど殺意みたいな感じになっちゃってますけど、なぜか神戸コンプレックスは少しも裏返らず、素直に「参りました」という感じらしい。


美人が多い
神戸人同士で喋っていると、「神戸なんてそこらへんの小さな街と何も変わらない」とみんな口をそろえて言いますけどね。

しかし、ちょっと前に東京に住んでいたとき、東京生まれの人間ですら「神戸って美人が多いらしいですね」と言ってきた。「それはただのイメージでは?」「横浜みたいな?」「そうそう!」と少しも東京人の横浜イメージを知らないくせに肯定しちゃいましたけど、しかしよく考えてみれば、神戸と東京では人口が10倍近く違うのに美人に遭遇する頻度があまり変わらない。ということはこっちのほうが美女率が高いのか。うーん、わからない。ま、確かに北川景子とか美人芸能人はたくさんいるけど。(他に誰がいるのか忘れちゃった。能年玲奈は神戸じゃないですよね。兵庫県ではあるけど)


インスタントラーメン
もう20年ほど前ですけど、何かの番組で京阪神をまたにかけるナンパ男たちにインタビューしていて、彼ら三人が意気投合していたのが、

「大阪や京都の女と違って、神戸の女はインスタントラーメンなんか食わへん」

ということでしたが、まさか! 普通にカップラーメン食ってまっせ!


神戸スイーツ
そういえば東京にいた頃、「神戸はスイーツが種類も多いしおいしいし」と言われたことがあって、さすがにそれに関しては「そうかもしれん」と思ったものの、仙台から移り住んできた人に言わせると、こっちのスイーツはダメだそうです。仙台のほうが断然いいと。他は神戸大好きだけどお菓子だけは不満と言っていました。

その人からもらった「萩の月」ってお菓子は確かにめちゃくちゃうまかった!

というわけで、神戸がなぜここまで神格化されているのかは、結局わかりませんでした。(笑)

イメージだけが一人歩きしてるんでしょう。宇垣だって別にそれほどの美人じゃないし。かなりの闇キャラであることが明らかになってしまったし。


関連記事






  • このエントリーをはてなブックマークに追加