2019年06月13日

新しく作った「平成歌謡」カテゴリの一発目は、ザ・ブルーハーツの『青空』。



初めて知ったんですが、この動画はブルーハーツが初めてNHKに出演したときのもので、問い合わせが殺到したそうです。甲本ヒロトが狂ったように引き攣って歌っているのでヤク中なのか、はたまた、身体障碍者を揶揄しているのか、みたいなことを言う人がいたのでしょう。わからんではない。でも笑える。

そんなことより、やはり『青空』を語るうえで外せないのはそんな情報より、やはり歌詞ですね。


(歌詞・真島昌利)

ブラウン管の向こう側
かっこつけた騎兵隊が
インディアンを撃ち倒した
ピカピカに光った銃で
できれば僕の憂鬱を
撃ち倒してくれればよかったのに

神様にワイロを贈り
天国へのパスポートを
ねだるなんて本気なのか?
誠実さのかけらもなく
笑っている奴がいるよ
隠しているその手を見せてみろよ

生まれたところや皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう

運転手さん そのバスに
僕も乗っけてくれないか
行き先ならどこでもいい
こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問い詰める
まぶしいほど青い空の真下で



世間的には、「生まれたところや皮膚や目の色で」というフレーズが一番心に刺さるという声が多いようですが、私は「神様にワイロを贈り、天国へのパスポートを~」というところが一番引っ掛かります。


redriver1

ハワード・ホークスの最高傑作『赤い河』の主人公ジョン・ウェインは神様にワイロを贈るわけじゃないけど、意に沿わない者を次々に殺し、埋葬して聖書の一節を読めばすべて終わり。再び旅を続けます。子分のモンゴメリー・クリフトは「なぜ神様とグルになるんだ」とウェインを責めます。

この「神様とグルになる」と「神様にワイロを贈る」というのはほとんど同じ状況を謳っているように聞こえます。

奇しくもこの『青空』の冒頭は、アメリカ合衆国の西部開拓時代を揶揄しています。

『赤い河』はインディアンと対決する話じゃなく白人同士の物語ですが、神様という後ろ盾を利用して殺人を犯しているのは同じです。

この歌が発表されたのは1989年、つまり平成元年ですが、まだベルリンの壁が崩壊する前。昭和天皇崩御、天安門事件と立て続けに大事件があった頃です。

こんなはずじゃなかっただろ?
歴史が僕を問い詰める

これは、200年前のインディアン虐殺の時代より少しはましになったかと思ったら少しも変わらないじゃないか、という歴史からの問い詰めという意味なんでしょうか?

答える言葉がなくて、バスの運転手に行き先はどこでもいいから乗っけてくれ、と。


big_1411420904_1399249723_image

1999年のアメリカ映画『ゴーストワールド』のラストシーン。封切時に一回見たきりなので詳しい内容は忘れましたが、確か廃線になったはずのバスが来て主人公がそれに乗ってここではないどこかへ旅立つエンディングでした。

『青空』も同じく逃亡の歌なんですね。

昨日の『ホンマでっか⁉ TV』では、「日本人は『逃げる』ということをとても否定的に捉える。立ち向かうことを是とする人が世界でもダントツに多い」と言ってましたが、ブルーハーツはそれに異議を唱える。

逃げるのが何が悪い。こんな世の中なら逃げたほうがましでは?

ちょっと眉をしかめられる内容の歌をふざけた調子で歌うブルーハーツよ、永遠なれ!


青空
Ariola Japan Inc.
2014-04-01









  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月12日

もう一週間ほど前ですけど、山本太郎のれいわ新選組に寄付しました。


6ea2e81c-l

山本太郎がんばれ!
何しろいま日本で唯一まともな政治家ですからね。街頭で涙ぐみながら自殺者をなくしたいという演説にはこちらももらい泣きしそうになりました。

仄聞するところによると、ちょっと前の時点で1億6000万円以上集まってるとか。もっともっと集まるといいというか、一部の金持ちがドカンと何百万円も寄付してるというより、私みたいな貧困層の小市民が1000円だけとか5000円だけとか少額の寄付だけで全体の7割ほどを占めるそうです。

というか、相当な人数がれいわ新選組に寄付しているわけで、今回の参議院選挙では何がしかの風が吹くような……? というか吹いてもらわないと困る。老後のために2000万? アホか! とか言ってる間にまた公文書が消えてる。。。


懐かしいアイスバケツチャレンジ
00_m

これはあの懐かしいアイスバケツチャレンジの一コマ。まだ東京にいたときだから5年ほど前かな。

最初は寄付をするか、したくなければ氷水をかぶる、という遊びだったのが、いつからか、氷水をかぶったうえで寄付する遊びに変わりました。

なぜこんな昔話をしたかというと、ちょうどこの頃はアメブロをやってまして、読者登録してくれていた人が、

「寄付はひっそりとやるもの。寄付したい人は声高に寄付をしたとか言ってはいけない」

みたいなことを言っていて、それは違う! と強く思ったのを思い出したからです。


3年前の熊本地震
あのときもそうでした。何百万も寄付した芸能人が「売名行為だ」などとバッシングを受けました。

そもそも売名かどうかわからないというのもありますが、仮に売名だとして、売名の何がいけないんでしょうか? 

そのお金で助かる人がいるのならそれでいいんじゃないですか? 何もせずに能書きばかり垂れてる奴よりよっぽど偉い。

逆に、有名人は「これだけの寄付をしました」と堂々と言ったほうがいいと思う。インフルエンサーなんだから寄付しようかどうしようかと躊躇してる人の背中を後押しすることもあるでしょう。

だから私もめちゃくちゃ微力ながら、先日、「れいわ新選組に寄付しました」とツイートしました。

「寄付はひっそりと」というか「善行は黙ってやってこそ」みたいな美徳が蔓延したことが今日の政治的災厄を招いたと言っても過言じゃないと思います。

正しいこと、善いことと信じてるなら堂々と声高に主張しましょう!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月10日

おとといのETV特集『性犯罪をやめたい』を興味深く見ました。


D8jSr-1VUAA9yJm

画像のような感じで、自分のやったことを白状してもらう趣向。司会の人(医者?)は、

「悪感情をもたないようにするのが目的ではなく、悪感情をもっても大丈夫でいられる自分を手に入れるのが目的です」

と言うんですが、これは考えてみれば当たり前。私たちのような性犯罪に手を染めたことがない者でも色っぽい女性やロシュの多い女性を見たら悪感情はもつのだから。


性犯罪は弱い者いじめ
覗きを常習的にやっている人が言います。覗きをした結果、どういう感情をもつかという質問に対し、

「達成感。勝ったという感じ」

なるほど。前々から「性犯罪は弱い者いじめ」と思っていた私は我が意を得たりという感じでした。

だって、腕力で劣る女性を組み伏せて強姦したり、声を上げられない女性が恥ずかしがる顔を見ながら触りまくるとか、弱い者いじめ以外の何ものでもない。


驚愕の痴漢理由
D8jSr-1UEAE01dd

ほとんどの人が最終的な目的として、「性的快楽」や「達成感」、はたまた「収集癖を満たせる(盗撮の常習者)」などを挙げるのに対し、ある男性の告白には仰天しました。

その人は、痴漢の常習者なんですが、きっかけは離婚というのにまず驚き、さらに、元妻と同じ肌を探す、と。女性なら誰でもいいとか、色っぽい人なら、触れそうなら誰でも、とかそういうのではなく、奥さんと同じような肌でないとダメらしい。さらにそういう肌を触って得られる結果としての感情は、

「安心感」

と言うんですね。これには仰天しました。

失った家庭の安らぎを追い求めて痴漢をしている男がこの世にいるんだということを初めて知りました。おそらくこの番組を見なかったら死ぬまで知らなかったことでしょう。性的快感を得るためでもなく、弱い者いじめでもない痴漢が存在するという事実。


笑ってしまった人間模様
犯行に及ぶ前に、自分自身にどういう言い訳をするか、という質問に対して、

「ばれなきゃいいだろう」
「淋しい」
「目の前に立つ女性が悪い」
「これを最後にしよう」

という声が上がります。最後の一人が全員の意見に対し、「淋しいのはわかります。でもそれ以外は全部歪んでるなぁ、と」と答えるんですが、お前も充分歪んでるだろう! と思わず突っ込んでしまいました。


ご先祖様へのうしろめたさ
この治療プログラムをまっとうすることで得られるいいことは何か。という質問に対し、

「墓参りのときにうしろめたさを感じなくて済む」

と答えた男性がいて、他の人が全員深くうなずいていました。みんなやってはいけないとわかっていながらやってしまうんですね。

というか、いま生きている肉親に合わせる顔がない、とか、また怒られる、とかでなく、もう死んでしまった親や祖父母に対するうしろめたさというのが興味深かった。

「宗教心のない人間などいない」というのが私の持論ですが、これまた我が意を得たり! という感じでした。

性犯罪と一口にいっても千差万別なのが興味深く、もっと幅広く見られるべき良質な番組と感じました。ただ、どうあがいても深夜でしか放送できない内容だと思うので、そのへんの配慮は必要でしょうけど。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加