聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

秋の新ドラマは低調ですね(『オトナ女子』『エンジェル・ハート』など)

秋の新ドラマを何本か見始めたんですが、どうも「これ!」というのがなくて。

一番期待したのは、『エンジェル・ハート』ですかね。

7d4a64e0
『シティハンター』は全巻もってて好きでしたが、もう結構前にそのとき働いていたイタリアンレストランの同僚の子がほしいというのであげちゃいまして、その後『エンジェル・ハート』なる続編が始まってたなんてまったく知りませんでした。

だから三吉彩花が演じる中国人(?)の殺し屋は知りませんし、適役なのかどうかもわかりません。
が、冴羽遼に上川隆也、槇村香に相武紗季というのはいかがなもんでしょうか。でもネット上ではこの配役にほとんど異論がないそうで。うーん、私の感覚のほうがおかしいのかな。
ただ、物語の構成が雑じゃないですかね。もうちょっと丁寧に語ってほしいな。派手なアクションでごまかしてるという感じ。
海坊主にブラザートムというのはあまりにはまり役で楽しいし、冴子が高島礼子というのも悪くない。でも吉瀬美智子とかのほうが良かったような気も。
三吉彩花がかわいいので少なくとも2回目は見ます。それ以降はわかりません。


『オトナ女子』

篠原涼子ファンなので見てみました。年下のミュージシャン志望の男(斎藤工)を養うキャリアウーマンを演じる篠原涼子はさすがの貫禄と色気で見てて飽きません。
が、いまどき、トイレの個室に入ってたら後から入ってきた後輩たちが自分の悪口を言ってるとか、そういう古臭い手法を使ってるのが気に入りません。もうちょっと考えてほしいです。
斎藤工に「君に甘やかされてるとダメになる」と言われ、浮気相手の女となら対等になれると言われたときの篠原涼子の押し黙った顔つきと佇まいはやはり素晴らしく、これからさらにすごい女優さんになるんじゃないかと楽しみです。物語自体はよくあるタイプなんでしょうけど(この先どうなるかわかりませんが)主演女優の魅力で最後まで見てしまいそう。
が、どうしても納得いかないのは江口洋介のキャスティング。「90年代に数々のラブストーリーで名を挙げながらいまは落ちぶれて売れない小説を書いてる脚本家」にはどうあがいても見えないんですよね。もうちょっと知的なイメージのある俳優さんはいなかったものでしょうか。


『無痛 ~診える眼~』

西島秀俊ファンなので見始めたんですが、1回目で見るのやめました。
西島さんはいいんですが、伊藤淳史が暑苦しいんです。どうしてもまだ子どもにしか見えない彼が、「警視庁本庁に煙たがられる問題デカ」に見えないんですよね。ムキになってそう見せようとすればするほど子どもが駄々こねてるようにしか見えなくて。
物語も、人を一目見ただけでその人の病気を看破してしまう医者が主人公なんですが、そういう医者がいるのかどうか知りませんけど、その能力を「医学の力」ではなく「超能力」と捉えてるのがどうにも不可解。じゃあ職業は医者でなくてもいいのでは?と思ってしまう私がひねくれ者なのでしょうか。

『JKは雪女』

かわいい子総出演という惹句にまんまと乗せられて見たんですけど、学芸会以前のひどい演技を正視できず、5分もたずに見るのやめました。

あと、アニメですけど、『ルパン三世』新シリーズについては、きのう書いたのでこちらをどうぞ。


うーん、『無痛』を見ずに『偽装の夫婦』を見るべきでした。痛恨!!!!!



『平成ジレンマ』(戸塚ヨットスクールの30年、そして現在)

ここ数年、テレビ番組から劇場公開になることが多い東海テレビ製作のドキュメンタリー。2010年『平成ジレンマ』。

02837355

戸塚ヨットスクールといえばある年代以上の人なら誰でも知ってますよね。訓練生に激しい体罰をしたせいで死亡してしまい、30年前ものすごく話題になった学校です。

あのとき私は子どもだったので「こんなところに入れられたらいやだ」ぐらいしか思ってませんでしたが、長じてから校長が『TVタックル』に出て独自の教育論を話すところなどを見ていると、「あ、この人ってすごくまともなんだな。あのときのマスコミとか有識者と言われる人のほうがおかしかったのではないか」と思うようになりました。

この映画の作り手は明らかに校長寄りの立場ですが、できるだけ中立を保とうとしていることが窺われ、好感がもてました。しょせん神ではない人間に「中立」など不可能ですが、それを目指すことはドキュメンタリー作りにおいては大事なことでしょう。でないと一方の主張を押しつけるだけのお説教になってしまう。

この映画の場合、そういう「作品の作られ方」よりも、やはり校長の言っていることは是か非か、というところですね。

見る人の数だけ主義・主張があるんでしょうが、私もやはり校長寄りの立場です。

昔の映像を見るとかなりひどい体罰が行われていて、あれはいくら何でもひどいと思いましたが、「子どもは何もわかってないんだから体で憶えさせなきゃいかん」という主張に意義はありません。

いまじゃ「体罰は絶対ダメ」というイデオロギーが支配的ですが、体罰そのものがいけないという論調にはまったく同意できません。行きすぎた体罰がダメなんであって、教育的配慮からくる体罰は構わないと思います。私自身、教師から張り倒されたことがありますが、いまはよかったと思ってますよ。クラスメイトが体罰を受けても「あれは殴られるほうが悪いね」とみんな言ってたし、PTAも問題にしたりしませんでした。

そういえば、中学時代に好きだった体育教師が10年ぐらい前に自殺したんですが、その先生はたまに体罰をする人でした。でも、行きすぎた体罰をしたことはありません。ここで殴らなかったらこいつはダメになる、というときしか殴らなかった。問題になることはまったくありませんでしたが、世が移り、体罰そのものがダメな時代になって自分の教育哲学の行き詰まりを感じたのか自殺してしまいました。いい先生だったのに。

殺したのは誰だ!!

マスコミやPTAですよ。馬鹿な大人たちですよ。

新聞にはたまに、「○○市の××学校で体罰」と見出しが出ます。その体罰がどういう経緯でなされたものかなんて少しも検証しない。体罰が報告された、それは殴ったほうが悪いに決まってる、記事を書いて吊るし上げよう。

殴るべきでないときに殴ったのなら殴ったほうが悪いに決まってますが、殴られたほうが悪い場合だってある。その可能性をいっさい調べずに暴力を振るったというだけで吊るしあげて曝しものにして終わり。いったいどっちが暴力的なんだか。

この映画のなかで、自傷行為が癖になってる女の子が入校してくるんですが、結局学校の屋上から飛び降りて死んでしまうんですね。

するとマスコミが校長を取り囲んで「責任はないと言い切れるのか」とか「管理体制に問題はなかったのか」と問い詰めます。校長は「あんな突発行為を止めることなど不可能」と言い切ります。そうでしょう。そんなことで責任を問われたら誰も問題のある子どもを受け容れる人がいなくなってしまいます。

校長は「いまは生徒のほうが教師より上になってしまっている」と指摘し、私も常日頃からそう思っているので我が意を得たりという気持ちでした。何しろ生徒に教師の評価をつけさせるというんですから。校長は「教え方じゃない。憶え方だ」と言いますが、その通りだと思います。「教え方が悪い」とかいう生意気な子どもは殴ってでもわからせるべきです。

懲役を食らった校長に対し教育に関して講演してほしいと依頼する人がいて、聴講しに来る人がいるんですから、やはりあの校長の言には一理あると思いますね。いまだに「この子をお願いします」と全国の親御さんから多くの子どもが連れられてきてますし。すべての言葉が正しいとは思いませんが、根っこは間違ってない。

自殺した女の子について校長は、「ああいう子がなぜ生まれたのか、根っこを見てくださいよ。あの子をああいうふうにしてしまった原因は何なのか、そこを追究してもらいたい」

この言葉を「逃げ」と取る人間が減り、「まっとう」と受け取る人が増えることを切に望みます。





新リーガール武田玲奈ちゃんが異常にかわいい件について

もう新シーズンのリーガ・エスパニョーラが始まって2か月近くがたとうとしているときにナンですけど、新リーガールに選ばれて活躍中の武田玲奈という女の子が異常にかわいいということを、ひとつみなさまにご報告申し上げます。

hqdefault

第1節の「リーガ・ダイジェスト!」で紹介されたときに、「何だかぜんぜん汚れを知らない純真無垢そうな子だなぁ」と思ったんですが、それはいまでも変わりません。いや、永遠に変わらないでもらいたい。

こういう子が娘だったら、もう門限5時ですね。

これまでの歴代リーガールもそれなりにかわいい子だったと思いますが、いかんせん、憶えてません。しかし、この武田玲奈ちゃんは来季になってリーガルお役御免となっても忘れられないでしょうね。つーか、リーガールやめないでもらいたい。

だって、いままでリーガールが紹介するスペインのプチ情報なんて正直申しまして見てなかったんですよ。司会者がまた来週って言ったところでビデオ止めちゃってたので。

それが今季はリーガールのコーナー毎週見てるんです。それぐらいこの武田玲奈ちゃんの破壊力はすさまじいものがあります。


takedarena


まだ17歳ということでやはりJKの格好が似合いますね。つーか、ほんと異常にかわいい。門限3時!!!

いやいや、3時でも生ぬるい! もう家から出しません。外はバイ菌がうようよしてますから。私みたいなバイ菌がね。

かくなるうえは、WOWOWさん、この子を「終身名誉リーガール」に任命してください!!!



ギャラリー
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード