聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

中村文則『最後の命』(講談社文庫)

先日、感想を書いた『悪意の手記』の姉妹編ともいえるらしい『最後の命』を読みました。




うーん、これにも大いに疑問を感じざるをえませんでした。

主人公は、ある精神薄弱の女性を悪辣なホームレスたちにレイプするよう強制された暗い過去をもっています。そして、それが原因で女性と普通の関係をもつことができない。あれが原因だと思えば思うほどどんどんアブノーマルになってしまう。

さらに、そのときのホームレスが死にかけていたところを見殺しにするという過去ももっているんですね。ここまでダークにする必要があるのかというほどの暗さなんですが、あざといとかそういうことじゃなくて、テーマの掘り下げ方が、というか、話の語り方を間違えてる気がしてしょうがないんです。

『悪意の手記』が「人を殺したらどうなるか」という『罪と罰』のモチーフを良くも悪くも中村文則らしい語り方で語っていました。私はまったく乗れませんでしたが、好きな人もたくさんいるのだと思います。

今回の『最後の命』でも、主人公の本棚にドストエフスキーがあるなど、かなり『罪と罰』を意識しているなと思えるところがあります。冴木という男のメールのところなどは『悪霊』のスタヴローギンの手記を意識してるのかな、とか。

それはともかく、この小説では、まず主人公の部屋で女が殺されていて、部屋から出た指紋が主人公と暗い過去を共有する親友のものだった。はたしてその親友は真犯人なのか!? というミステリ仕立てなんですね。私はこの構成に納得がいきませんでした。

最後まで読んでも真相がはっきりしないのは別にいいんです。そういうのたくさんあるし。でも、過去に人を傷つけ、見殺しにしたこともある人間の懊悩を描くのが主眼なのに、殺人事件が起こって、指紋が出ました、あなたの親友のものです、彼は連続婦女暴行犯として指名手配されてます、というサスペンス風の語り口がどうして必要だったのか、少しも理解できないんです。

『悪意の手記』でも、後半、突然登場した女性が物語を解決に向かわせるストーリーの作り方に納得いかないと書きましたけど、この『最後の命』でも、主人公やその親友の内面描写よりもストーリー展開のほうが重視されすぎてはいないか、と思うのです。

何というか、古典的ハリウッド映画のような筋立てを借りないと主人公の懊悩を描けないような、苦肉の策のような気がするのです。それか、ミステリ仕立てにしないといまの読者は読んでくれないから、という「計算」が透けて見えるというか。

このあとの『掏摸』にはそんなの少しも感じなかったんですけどね。この前に書かれた『銃』にも感じませんでした。拳銃を拾う、というのがもうかなりサスペンス仕立てなんですが、そこから結末に至るまでの主人公の内面描写には少しもストーリー展開に力を借りたものではなく、純粋にその内面を掘り下げていく描写の連続で、小説を読む醍醐味とはまさにこれよ、とゾクゾク震えたのをはっきり憶えています。

この次の『悪と仮面のルール』と合わせて三部作と言われているらしいですが、すでに購入してあるので読んでみます。



第1節 ヒホン0-0レアル(この結果を吉と見るか凶と見るか)

ビルバオとバルサの注目対決も見たかったんですけど、早く起きることができず、結果だけ見ました。そうですか、バルサの勝利と。

ならばスポルティング・ヒホンとの開幕戦、レアルも勝たねばならぬ!と意気込んで戦ってくれたんですが、結果的にスコアレスドローでした。


485028602

縦への意識が昨季よりも強くなってるのはよかったと思います。ただ、ヒホンのセンターバック二人がかなりよかったのと、キーパーのポジショニングも素晴らしかったので、もっと左右に揺さぶることが必要じゃなかったかと。だから、ほとんどいいところのなかったダニーロを下げてカルバハルというのが86分って遅すぎると思いましたね。

それと、ベイルを使えというのはアホ会長から命令があるはずなんですけど、アホ会長からすれば使いさえすればいいわけで、どこで使うかなんて指示はないはず。なのにトップ下にこだわるベニテスってどうよ? というのが正直なところ。

ヒホンの中央の守備はほんと堅牢でしたから、サイドから切り崩すのが最善の策だと思いながら見てましたが、左はマルセロの頑張りがあったけど右からはあまりなかったですからねぇ。

それに、ポジションチェンジしすぎじゃないですかね。何だか前線の一人一人の役割がはっきりしてない感じがしました。相手を見てポジションを換えてるというより、自分たちの選手が不満を抱かないように入れ替わらせてる感じというか。

モドリッチはよく機能してましたよね。ポジショニングがいいし、ここぞというときのスルーパスもさすがだし、やはり彼がいるのといないのとでは違うチームだなと。イスコの献身的な守備にもしびれましたよ(上の画像)。

スコアレスドローは確かに痛いけど、まだ始まったばかりだし、昇格組が相手とはいえアウェイで勝ち点1ならそんなに悪い結果でもないでしょう。
それよりも最後の最後まで「1点もぎって勝つ!」という強い気持ちを見せてくれたので、私はよかったと思いますよ。いい気分で出勤できたのが何よりの証拠。

ただやっぱり問題はベイルをどこでどう使うかですな。

私としては他のマドリディスタ同様、前線は、右ハメス、左ロナウド、トップ下にイスコで、トップにベンゼマorヘセなんですけどね。でもそんなことしたらあのアホ会長が激怒するだろうし、ううう。



『民王』第4章「盟友」(泣いて馬謖を斬れ? ノーノー!)

ますます面白さを増してきた『民王』第4章「盟友」を見ました。

いやぁ~、今回も抜群の面白さでしたね。もうエンジン全開、フルスロットル状態。

CM8R4zpVEAAG47i

前回の予告で流れたこの映像がやたら笑えたんですけど、今回はここに至るまでの道程が描かれます。

まずは、前回、知英演じる女子大生(バカ息子にぞっこん)と体が入れ替わった草刈正雄演じる野党党首・蔵本が親子だった、ということが明かされます。なるほど、だから体が入れ替わってしまったのか。もし親子じゃなかったら誰とでも入れ替わり可能となって整合性がないというかちょっと興ざめするかもと思っていたのでこれはうれしい誤算でした。

そして、金田明夫演じる官房長官が赤ちゃんプレイに興じていたとスクープされ、予算委員会は紛糾、総理が官房長官を更迭しなければならなくなる、というのが今回の物語のあらましです。

蔵本の政党でもある議員が政治活動費でSMクラブ通いをしていた事実が発覚し、メディアは議員辞職を迫るなど、体が入れ替わった政治家二人が苦しい立場に追い込まれます。

今回、ドラマの肝となるのは、上記のメインプロットと並行して語られる、本仮屋ユイカ演じる職業紹介会社社長(ぜんぜんそんなふうに見えませんけど。あれじゃ悪い奴に騙されてすぐ素寒貧になってしまいそうな)が、自分が紹介したシングルマザーが子供の度重なる発熱のため何度も会社を休んだためクビになる、本仮屋ユイカが何とか社長に翻意を迫る、というエピソードですね。

このサブプロットがなかったらあまり面白みのない物語になっていたに違いありません。クビになった女性がいまの社長ではなく、その父親、創業者である先代社長に雇われた人、というのがさらに肝ですね。ここで何となくクライマックスが読めてしまう感はありましたが。しかし私は常に物語を見たり読んだりするときはできるだけ先を読まないことにしてるので、終わってからあぁなるほど、と思うことのほうが多いんです。

閑話休題。
遠藤憲一演じるバカ息子(見た目は総理)は、総理より力をもつ副総裁(西田敏行)から「泣いて馬謖を斬れ」と命じられ、秘書が書いた答弁書を丸暗記して予算委員会に臨みます。が、予想どおり、いや、期待どおり答弁書を破棄し、自分の言葉で語り始めます。
彼にとって官房長官は幼い頃から遊んでくれた大好きな人だし、何より父親の「盟友」なのですからね。

「プライベートなことじゃないですか。赤ちゃんプレイが大好きだからってクビにすることないでしょ? 官房長官として有能ならそれでいいじゃないですか。予算委員会って国の予算を決める大事な場所ですよね。こんなことで言い争いするなんて時間の無駄です」

と官房長官更迭を破棄し「それでもやっぱり国民がそんな官房長官がダメだと言うなら、私も総理を辞めます」という仰天発言でこの問題は幕を引きます。

ここはもう完全に昨今の政治家どもやメディへのへの痛烈かつ爽快な批判となってますね。体が入れ替わるという非現実的な手を使って現実世界を撃つ。見事です。

すると・・・

本仮屋ユイカのほうの問題では、菅田将暉演じる総理(見た目はバカ息子)が公安の力を使って社長の路チュー写真を入手し「クビを撤回しろ」と迫りますが、悪辣な二代目社長はそんなことくらいではビクともしません。しかし、何と都合のいいことに総理が先代社長と旧知の仲で、一部始終を聞いた先代がやってきて息子を更迭、自分が社長だ、私は従業員を守るのがモットーと言って大喝采。見てるこっちもニンマリしてしまいました。

泣いて馬謖を斬る。
諸葛亮孔明の故事にちなんだ言葉ですが、最初、総理が官房長官更迭を撤回したときは、確かにこのほうが面白いけど、孔明に喧嘩を売るとはすごいなぁ、つーか、やっぱり泣いて馬謖を斬ることって必要なときもあるんじゃないの? と思っていたら、サブプロットのほうで先代社長が息子を斬っちゃった(ぜんぜん泣いてなかったけど)という実に巧みな構成に唸りましたぜ。
サブプロットがなかったら面白くないどころか、イデオロギー的にも「幼い」というか「きれいごとすぎる」といった感じになってしまっていたことでしょう。あのサブプロットの存在のおかげでいいバランスが取れています。

先日、日記を書いた『ゴッドファーザーPARTⅡ』では父と子が対比して描かれていましたが、ここでは親子と親子が対比されています。『アンナ・カレーニナ』が先駆なのかもしれませんが、二組の人間を対比して描くことでテーマがより深く掘り下げらていますね。これまたお見事というほかありません。
そして…

知英の蔵本はバカ息子の泣いて馬謖を斬らない決断に打たれ、必死で調べ上げたのでしょう、SMクラブ通いしていた議員が完全に私費で遊んでいた事実を突き止め、守ります。

そして、上の画像になるんですよね。もともとバカ息子が好きな知英は、「あなたのおかげだよぉ」と蔵本の姿で総理に抱き着いてあろうことか頬ずりしてしまうという。いやぁ~、遠藤憲一ならずとも草刈正雄にあんなことされたらそりゃ目が点になるますわな。

しかし…

不満なのは、知英の体になった蔵本が娘の体とはいえ、何もしないこと。普通、男が女の体になったら、胸もんだり、アソコに指入れたりするでしょうよ。女は男の36倍気持ちいいってのがどこまでほんとか試したくなるのが筋ってもの。

そりゃま、話の本筋と何の関係もないからそういうシーンを描けないし、そもそも知英にそんなことさせられなってのはわかりますが、ちょっとだけセリフで匂わせるとか、それぐらいはしてほしかった。その部分だけ唯一リアリティがありません。

とはいえ、本当にエンジン全開フルスロットルでこの『民王』はどこまで行くのか、そしてどのような結末に至るのか。

予想はせずに来週金曜日を待ちましょう。

蛇足ながら、高橋一生演じる秘書・貝原の私生活の一端が出てきたのがよかった。寝てるときまで生真面目で几帳面なんですね。前回、図らずも童貞であることが視聴者にだけばらされましたが、貝原の身にも何かやんごとなき出来事が起こるような予感がします。

いや、やっぱり予想はやめておきましょう。(笑)



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード