聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

『民王』第3章「政敵」(政治は義理と人情!)

先週はお休みだった『民王』の第3章「政敵」を見ました。

無題
うん、前回はちょっと肩透かしを食らっちゃうくらいつまらなかったけど、今回は面白かった。まさか、という展開に。

今回のキーワードは「義理と人情」。

ちょっと前の日記で「義理と人情の任侠映画は古いのか?」と題したものを書きましたけど、いや、やっぱり義理と人情は永遠に不滅ですよ!

体が入れ替わってしまった総理(座右の銘は「政治は義理と人情」)とそのバカ息子。何と二人とも奥歯にチップが埋め込まれており、何者かが遠隔操作で二人の脳内をいじっているらしいことがわかったのが前回のラストでした。

総理は、政敵である蔵本(草刈正雄)という野党代表が犯人だろうと決めつけます。蔵本は警察官僚上がりだから公安を動かせる、だからよけいに怪しいというわけですが、フィクションにおいてこういう推測は必ず外れるんですよね。だって当たったら面白くないから。

さて、その政敵・蔵本とのテレビ討論において、こっちも遠隔操作してやろうじゃないかとばかり、総理が息子のイヤホンにどう答弁すべきかすべて教えてやるからおまえはその通り話せばいい、と指示するんですね。

で、フィクションにおいてはこういう目論見は必ず失敗するんですよね。だって成功したら面白くないから。

案の定、総理秘書のパソコンがフリーズしたかと思えば、バカ息子はイヤホンを外してしまう。そこへ蔵本の質問、「総理、あなたは東京都の最低賃金がいくらかご存じですか?」と。

続けざまに「あなたはそのイヤホンで秘書に答弁を教えてもらわないと何も答えられないんじゃないんですか?」と攻めてくる。万事休すか!?

しかし、バカ息子は最低賃金を知っていたのです。しかも、この時代の若者の貧困が具体的にどんなものか蔵本に質問します。

「最低賃金で1日8時間、月25日働いて給料はいくらだと思います? そこから家賃、光熱費、学費を引いた1日の生活費はいくらだと思いますか。774円です。もし風邪を引いても病院にさえ行けないんですよ。そのまま休みがちになったら給料が減るうえにクビになる。そして大学を辞めざるをえなくなるんです」

おそらくバカ息子の周りにそういう若者が一人はいたのでしょう。こういう感覚は永田町界隈だけで生活していたのでは絶対わからない。

さらにバカ息子はこう続けます。

「もう足の引っ張り合いはやめませんか。みんなで力を合わせて弱い人を助けましょうよ。泣いてる人を笑顔にしましょう。夢をもった若者を応援していきましょう。だって政治は義理と人情ですから」

そうなんですよ。義理と人情が一番大事。だから任侠映画はもう古いんじゃないかとの言葉は撤回します。いまこそ任侠の精神が必要な時代なのです。

ドラマは拍手喝采ののち内閣支持率は急上昇で終わりかと思ったら、知英演じるバカ息子の同級生が総理に色仕掛けで迫ってくるんですよね。肉食系の総理は鼻血出しながら感激するんですが、何と、その女子大生、実は政敵・蔵本だったのです!

蔵本と知英の体が入れ替わってしまったのでした。何という衝撃の展開。

なるほど、だから本仮屋ユイカと知英というあまり意味のなさそうな配役が必要だったんですね。大納得。

ここから先はまったく予測不能。次回からも括目して見よう。

いやぁ~、『民王』って、ほんっとに素晴らしいですね!!



合祀か分祀か以前に「神を信じているか」のほうが先では?

今日、アルタから生放送だった「週刊リテラシー」の半蔵門世論調査ならぬ新宿世論調査の質問は、

「靖国神社の英霊を合祀のままにすべきか、分祀すべきか、どちらがいいと思いますか」

というものでした。

yasukuni_jinja_01l


そもそも、神道では合祀というのは炎を一つにすることで、それを分けることなどできないのだから、質問そのものがナンセンス極まりないと思うんですが、それはまあいいとして、この問題についてはいろんな人がいろんなことを言ってますけど、普段「神」を信じてない人までがいろいろ論じているのがそもそもおかしいと思うんですよね。

靖国問題は政治問題だ、外交問題だ、いやいや外交問題じゃない、いやもとは外交問題じゃなかっただろうがいまはもう外交問題になっちゃってる、といろいろかまびすしいですが、やっぱり死んだ魂を神として祀っている神社の問題なのだから、外交問題になってるとしてもまずは宗教の問題だと思うんですよね。

でね、私の周りでもいろんな意見が飛び交ってるんですけど、普段から「俺は神なんか信じてない」と言ってる奴が、「分祀すべきだ」とか「A級戦犯のA級というのはAレベルという意味ではなく、A群、B群というグループ分けにすぎないから合祀でよい」とか言ってるんですけど、これってめちゃくちゃおかしいと思うんです。

だって、神を信じていないのであれば、死んだ軍人たちを神として祀るという行為そのものが彼らには「どうでもいいこと」のはずなのだから、「合祀でも分祀でもどっちでもいい」でなければおかしい。どうしても合祀か分祀かを論じたいのであれば、そもそもその人は「神を信じている」ことになります。

だから、靖国問題を論じる際に大事なことは、まず「あなたは神を信じますか?」と問うことから始めなければいけない、ということです。政治問題である前に宗教問題なのだから。

別に八百万の神々でなくてもいいと思いますよ。ヤハウェでもアッラーでも大日如来でも何でもいい(全部一緒か)。とにかく「信仰心」があるかどうかをまず明らかにして、靖国問題を論じる資格があるかどうか確認すべきです。

そうです。靖国問題は論じる資格のある人だけが論じられる問題なのです。

「神なんか信じてない」とか「神を信じてるなんて恥ずかしくて言えない」という人にはこの問題から退場してもらうべきです。

まずは信仰心の有無を確認することから始めないかぎり、靖国問題は永遠に解決しないと思います。



お祭り騒ぎ!! スーペル・コパ1stレグ ビルバオ4-0バルサ

昨季リーガを制したバルサと、バルサが国王杯でも優勝したため準優勝のビルバオが対戦するスペイン・スーパーカップ第1戦。

multrasoccer-212725

まずはビルバオのホーム、サン・マメス・バリアでの試合だったんですが、何とビルバオが4-0の大勝。もうお祭り騒ぎ。素晴らしかった。

バルサはスタメンからして変でしたよね。イニエスタもラキティッチも使わずにセルジ・ロベルトとラフィーニャがインテリオール。で、ブスケツではなくマスチェラーノがアンカーで、センターバックにはピケも使わずバルトラとヴェルマーレン。ネイマールの代わりにペドロと。

ネイマールはしょうがないとしても、やっぱりイニエスタもラキティッチも使わないとなると攻め手がないですよね。

逆に、ビルバオは新加入の左サイドハーフ・サビンとトップ下の5番の選手(名前忘れた)がものすごくチームにフィットしてるだけでなく、個人としての能力が高い。サビンがダニエウ・アウベスを抜き去ってクロスを上げてアドゥリスがヘディングで決めた2点目なんて半分以上サビンの点だと思うし。
5番の選手もなかなか気の利いたパスを出したり、ここぞというときは最前線まで飛び出してゴールを狙ったりと、面白い選手がビルバオに入ってきたなぁという感じ。

バルサは、センターバックが経験値が低い者同士だし中盤を完全に封じられていたので、前線の3人にほとんどボールが入らなかったですね。肝心要のメッシはやる気すら感じられなかった。ペドロも移籍が近いからなのか解説者が言っていたように、いつもの献身的な動きがなかったですよね。

しかし、それにしても4-0というスコアは予想できなかったな。うれしい大誤算。

そりゃまぁ、レアルがバルサの6冠を阻止するのが一番気分がいいんですけど、二番目に好きなクラブ、ビルバオが阻止してくれても充分気分がよろしい。

これで2ndレグ、カンプ・ノウでの試合がどうなるのか、ますます楽しみになってきましたな。

つーか、やっぱり他の国と同様にスーパーカップは中立地での一発勝負にしたほうがいいんじゃないの? リーグ戦開幕前とか開幕戦を挟んで2試合とかしんどいでしょう。

国王杯も決勝だけじゃなくてすべての試合で一発勝負にしたらいいと思う。そのほうがジャイアントキリングが起こりやすくて面白いと思うんだけどな。

とにもかくにも、このアドバンテージを活かすためにも、2ndレグでは、ビルバオには点を取りに行ってほしいですね。守るなんて意識があったらやられちゃうのはもう世界中の誰もが知ってるから大丈夫だとは思うけれど。1点取ったらほぼ優勝でしょうし。

頑張れビルバオ! バルサの6冠を阻止してくれ~~~~~~~~~~!!!!!



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。