聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

最低最悪の試合 リーガ第11節 セビージャ3-2マドリー

何だかんだの末にまたリーガを見れるようになったのは慶賀以外の何物でもないんですけど、今日の試合はひどかった。

無題

いや、私はいつかこんな日が来るんじゃないかと思ってましたよ。とかって言うと「結果論だ」とお叱りを受けそうなのでやめときます。

でもね、やっぱり「攻撃時に守備のことを考えて自重する」という戦術が気に入らなかったんですよ。

確かに、敵陣深く攻め入っていてもサイドバックやボランチがペナルティーエリアからかなり遠いところで相手ボールになったときのことを考えて陣取る、というのは「負けない」ためには必要なことかもしれません。だからこれまでCLも含めて無敗で来れたんでしょうが、ついにその神通力が及ばない事態になってしまいました。

神通力を消し去った一番の要因は「サンチェス・ピスフアン」というスタジアム特有の雰囲気でしょうね。やはり1点を先制して、スタジアムの雰囲気が最悪なときに嵩にかかって攻め込んで2点目、3点目を貪欲に取りに行くべきでした。

なのに、監督の「守備のことを考えて自重する」戦術が裏目に出てしまい、2点目が取れないうちに同点にされ、スタジアムの雰囲気が高揚してきたときに、まだ守備に重きを置くものだから、逆転、ダメ押しとサンチェス・ピスフアンはお祭り騒ぎ。サン・マメス・バリアとかビセンテ・カルデロンとかメスタージャとかカンポ・デ・フットボル・デ・バジェカスとかこのサンチェス・ピスフアンとか、アウェーチームから見れば「殺気立つような」スタジアムでは、ベニテス監督の「理論的戦術」はあまり意味を成さないんじゃないですかね?

嗚呼、前監督のアンチェロッティが懐かしい。守備を少々犠牲にしてもスペクタクルな攻撃を見せてくれましたから。

今季なんか、サイドを深くえぐってクロス! という場面にもゴール前にいるのがロナウド一人ということが多々あります。いてももう一人くらい。もっとガンガン攻めてほしい。それでカウンター食らっても失点しないアグレッシブな守備をすればいい。

何かこう、今季のレアルは「お利口さん」のサッカーをやってる気がします。確かに手堅い。これまで負けてなかった。でも、同時にスコアレスドローも多かった。失点はしないが得点もできない。

もしこれでタイトル取れたとしてもサポーターから不人気で解任は確実でしょう。で、またモウリーニョを呼ぶの? やめて!!! モウリーニョが帰ってきたらまたクラシコが殺伐としたものになってしまう。(だからチェルシーの皆さん、頑張って! つーか今週も負けたのにまだクビにならないのか。不思議)

ともかく、アンチェロッティをなぜクビにしたんだ! と思わせるようなサッカーはしないでください。

ハメスが入ってからはちょっとよかったですよね。それとベンゼマがいないのがやはり大きい。マルセロも。
ベイルはウイングとして使うならいいけど、CFはやはり違うと思いますな。最初からヘセを使ってほしかった。つーか、ロナウドの1トップでいいんじゃないの? ベンゼマがいない間は。

あと、カシージャとケイロル・ナバスの違いもでかすぎるほどでかいんじゃないでしょうか。今日の2点目はナバスなら防げたと思うのは私だけではないはず。



ガス・ヴァン・サント監督『プロミスト・ランド』(『ザ・エージェント』を見てないの?)

ガス・ヴァン・サント監督、マット・デイモン主演による2012年作品『プロミスト・ランド』を見ました。

images

うーん、これってどうなんでしょう。

物語は、デイモン演じる田舎育ちでありながら大学を出て大企業に勤めるキャリア志向の男が、シェールガス採掘のために農場を地上げする過程を通して、自分の過ちに気づく、というもの。

ガス・ヴァン・サント監督、いったいどうしたんでしょうか。これは決定的に古いです。

かつて、キャメロン・クロウ監督、トム・クルーズ主演による『ザ・エージェント』という傑作がありました。1996年作品です。

金のことしか頭にないスポーツエージェントが、自分の過ちに気づく物語。『プロミスト・ランド』と同じです。

ですが、決定的に違うのは、『ザ・エージェント』の場合、その物語が最初の10分で終わってしまうということです。自分の過ちに気づいた主人公が自ら会社を辞めて自分の会社を興し、そこで七転八倒しながら選手と心から理解しあえる関係を築く、というのがすべてのあらましです。

『プロミスト・ランド』は『ザ・エージェント』の16年もあとに作られていながら、あの映画があったことなんてまるでなかったかのように作られています。これはいけません。

確かに、田舎育ちの男が田舎育ちであるがゆえに田舎を蔑視している、という視点は新しいしとても重要なものでしょう。

でも、それは主人公のダークサイドとして設定されているだけで、最後に自分の過ちに気づいたとき、田舎蔑視の感情もすべてリセットされて、おしまい。これではあまりにつまらないです。この時代に作る意義を感じません。シェールガスというのは新しい素材なんでしょうけど、昔の石油とか鉄道とかと役割は同じ。

やっぱり『ザ・エージェント』は偉大です。
翻訳家の芝山幹郎さんは、あの映画を評して「紋切型をうっちゃるスゴ技」とおっしゃってましたが、言い得て妙ですね。まさしくその通りです。

逆に、この『プロミスト・ランド』は完全に紋切型の枠に納まってしまっています。とても残念です。



『私家版・ユダヤ文化論』に学ぶ逆説の感情

内田樹先生の『私家版・ユダヤ文化論』を久しぶりに読み返しました。



もっと読みやすい本だった印象があるんですが、ものすごくわかりにくい。他の内田先生の本がわかりやすいのでこれも読みやすくてわかりやすいという記憶が捏造されていたようです。

このあまりに独創的なユダヤ文化論は、内田先生によると「ユダヤ人が読んでもわかるように書いたから日本人が読んでもわかりにくいだろう」ということらしく、うん、やっぱりわかりにくい。というか読みにくい。

そういうことはほとんどどうでもいいことなんですが、この本の最大の肝は、

「反ユダヤ主義者は、実はユダヤ人をどうしようもなく愛している」

というところなんですよね。

ここで内田先生は、フロイトの「まちがい」を指摘してそこを迂回することにより「反ユダヤ主義者はユダヤ人を愛しているがゆえに、その愛を高めようとしてユダヤ人を憎むのだ」という驚愕の結論に導いていきます。

そこらへんのアクロバティックな理路については、実際にこの本を読んで体験してみてください。ユダヤ人にとって時間は未来から過去へ流れているとか、目から鱗の論考がびっしりです。

さて、問題の「愛しているがゆえに憎しみが要請される」という精神分析にはどうにも身につまされるんですよね。

私は昔から「プライドが高い」と言われ、一方で「劣等感が強い」と言われてきました。

その二つって相反するものなのにどうして?と思ってたんです。でも、周りにもプライドが高いがゆえに劣等感が強い人がたくさんいる。というか、プライドが高い人はほぼ100%劣等感に苛まれている。

この『私家版・ユダヤ文化論』を読んで腑に落ちました。

自己を愛する気持ちが強いために、その愛を高めようと、愛と葛藤する憎しみが要請されるんですね。自己愛が激しいからこそ自己憎悪も激しくなる。

じゃあどうすればいいのかというと、自己愛を高めるための自己憎悪をやめる、あるいは、その量を少なくすることが必要かと思われますが、それって「自分を好きになること」で、結局、自己愛がさらに高まるだけでは?

いや、「自己愛」と「自分が好き」というのは違うんでしょうか。

うーん、「わかった!」と思ったら、ますますわからなくなってきました。とりあえず日向ぼっこでもしましょう。



ギャラリー
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード