聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

クラシコはなくならない(カタルーニャ独立をめぐる「フィクション」について)

カタルーニャ独立の是非をめぐる住民投票で、独立賛成派が反対派を上回ったらしく、私はカタルーニャともスペインとも何の縁もゆかりもない人間なのでどっちでもいいんですが、サッカーファンとしては大いに気になるところでして。

というのが、カタルーニャが独立すれば、その州都のビッグクラブ、バルサもリーガ・エスパニョーラから脱退することになり、現在のリーガにおける2強クラブ、レアル・マドリードとバルサによる「エル・クラシコ(伝統の一戦、英語で言うところの「ザ・クラシック」なのでしょう)」が消滅するんじゃないか、という見方が支配的だからです。

fx-works.jp

私の見立てでは、クラシコはなくなりません。

理由は簡単。世界中が注目する試合が少なくとも年に2回はあるわけで、チケット収入だけでもかなりのものになるうえに全世界へ売るテレビ放映権収入を考えると文字どおり莫大なカネになる。そのようなカネをマドリーもバルサも、そしてスペインサッカー機構も手放すはずがありません。

でも、カタルーニャが独立したらスペインじゃなくなるんだからリーガ・エスパニョーラから脱退せねばならないのでは?

でもね、ちょっと考えてみましょう。

オーストラリアなんか地政学的には「オセアニア」なのにサッカーの世界では「アジア」じゃないですか。サッカーにおいてはオーストラリアはアジアである「ということにしておく」というフィクションなのですね。

そのようなフィクションはサッカー以外にもたくさんあって、例えば「時間」。

日本ではすべての時計が東経135度の時間に合わされています。明石など東経135度の土地の時計は実際の時間と時計の時間がぴったり合ってますが、その他のほとんどの土地では、実際の時間と時計の時間は合ってないのです。だから釧路で日の出が5時ちょうどでも、沖縄で日が昇るのが6時(←数字は正確ではありません)とかになる。

明治維新のあと、列車が走るようになってから人々は時計の時間に縛られて生きるようになったというのが定説ですが、いまじゃ飛行機も飛んでるし、テレビの時間もあるし、すべてたったひとつの時間に合わせないといけないから「こういうことにしておく」というフィクションがまかり通っているのです。

日付変更線なんかもね。
ロシアとアラスカの間を通ってずーっとまっすぐ下りて、ニュージーランドの東を迂回して、と「現実の日付変更線」は変なふうに曲がってますが、実際は東経(西経)180度1本の直線であって、でも、同じ国のなかで日付が違うと不都合がありすぎるから「こういう変な線にしておく」というフィクションがまるで現実であるかのようにまかり通っている。

上記は生活するうえでそういうフィクションを導入しないと不都合がありすぎるという「生活の知恵」みたいなものですが、例えばサマータイムなんていうのは、はっきりカネが目当てですよね。時間を1時間早めることでアフター5の時間を長くしてカネの巡りがよくなるようにしている。表向きは「労働者の余暇の時間を長くすることで疲れを取り勤労意欲を増すため」とかおそらく言ってるんでしょうけど、結局はカネの問題。

オーストラリアがサッカーの世界でアジアなのは、カネというよりは、ワールドカップに出場しやすくするためですが、これだってワールドカップに出るか出ないかでは入ってくるカネが違うというところに帰結する気がします。

だから、クラシコはなくなりません。

上記のような理由や他の例があるのだから、何だかんだ理屈をつけてクラシコは続きますよ。表向きは「クラシコを楽しみにしている全世界のファンのために」みたいな美辞麗句を並べてね。もちろんカネのことなんか言うはずがありません。

「サッカーの世界ではバルセロナはカタルーニャではなくスペインである」というフィクションがまかり通ることはほぼ間違いありません。そして、人々がそれを大歓迎するであろうことも。かくいう私もその一人ですがね。ウシシ



歌をうまく歌う必要なんかない(何のために歌うのか)

私はよく家でも職場でもどこでも「突然歌いだす奴」として有名なんですが、まぁたいていの場合、音程が外れてるわけです。

だから、周りは爆笑します。

「めちゃくちゃ音程外れてますよ」とか、「そんなに下手なら歌わないほうがいいんじゃないですか」とか言われます。

でもね、ちょっとここで考えてみましょう。

いったい、歌は何のために歌うのか。


006206.smpl

楽しくなるためでしょう? うまく歌うのはそのために「手段」であって「目的」じゃないはず。

私が下手な歌を歌うことで周りが笑いに包まれるならそれでいいではないか、と思うんです。

最近、「一人カラオケ」なる遊びが流行ってるという話ですが、あれも目的が「自分一人で楽しむため」ならそれでいいと思うんですが、「友人たちとカラオケに行くときのために練習するため」という人もいるらしく、それはちょっと違うんじゃないの、と。

そういう人は歌をみんなで歌うことで楽しくなることになんか興味がないのでしょう。うまく歌うことで喝采を浴びて自己満足に浸りたいだけ。それは「歌」の本来の目的ではないと思います。

うまかろうがうまくなかろうが、そんなのは「歌を歌う」ことにおいてほとんど意味を成しません。

下手でも楽しければいいのです。
楽しくなければいくらうまくても意味がないのです。



少子化問題は政治家と官僚に責任がある!

ちょっと前に、女性が妊娠しやすい時期という折れ線グラフが「実態と合ってない」と問題になりました。

昨日だったかおとといだったか、新聞にその続報みたいなのが載ってたんですけど、記事の内容は忘れました。以下に綴るのは「少子化問題」について私が日頃思っていることです。

そもそも少子化って「問題」なんですかね?

もう何年も前に「日本の人口が統計を取り始めてから初めて減少した」と話題になりました。
で、これは由々しき事態である、とメディアがこぞって取り上げましたが、由々しき事態のその実態とは、

「働く世代が減るから税収が減る」
「年金が破綻する」
「健康保険が破綻する」

とか、ぜ~んぶカネの話なんですよね。それも国家の。

誰も国のために子供を産んだりしないでしょうし、もしいたらアホですわな。産みたい人は産んだらいいし、産みたくない人は産まなければよろしい。それだけの話では?

『生物と無生物のあいだ』や『生物は分けてもわからない』などの著書で有名な分子生物学者の福本伸一さんが『サワコの朝』に出たとき、

「少子化がどうだとかそんなことに関係なく、遺伝子はもっと自由になりなさいって言ってるんだと思いますよ」

と言ってましたよ。要は、産みたい人は産めばよし、産みたくなければ産まねばよし、ということですよね。

そりゃ、この国が滅んでしまえば明日からどうやって暮らせばいいのか途方に暮れるわけですが、もう出生率が右肩下がりなのはずっと前からなんでしょ? それならもっともっと前から対策を立てておけばよかった。将来これだけ人口が減って高齢化が進めば税収がこれだけ減るから、と算盤をはじいて政策を立案し、予算を組むべきだったはず。

何もしないで、わぁ困っちゃった、解決策は女どもにたくさん子供を産んでもらうしかない、さぁ産め、産め、産め。

と、いろんな手厚い手当だとかを考え出して子どもを産むとお金がもらえるみたいな仕組みづくりに汲々としてるみたいですが、一昔前の川柳にこんなのがありましたぞ。

「女はな手当ぐらいじゃ子は産まぬ」

秀逸! 座布団5枚!!!!!

そりゃそうでしょう。手当ほしさに子供産む人がいたらそれこそアホですわな。

だいたい、いまは子どもがほしくても金がないから産めない人もたくさんいるという話。それ以前に結婚したくてもできない人も大勢いる。

それは、いつかはトリクルダウンがあるという物語を信じ込ませて、結果的に格差を拡大させてきた政治家と官僚に過大なる責任がある。

自分たちの責任を棚上げして「子を産まない女は少しも役に立たない人間」みたいなことを平気の平左で言う人って、それこそアホですわな。

てか、自分たちの責任とわかってるから確信犯的に子を産まない女が悪い、もっと産め産めって連呼してるんですかね。だとしたらアホではないが狡賢い。アホよりよけい始末が悪い。

ところで少子化問題でいつも笑っちゃうのが、

「このまま人口減少が続くと、23世紀末には日本人がいなくなる(←数字は適当です)」

というもの。

んなもん、100年も200年もこの状態が続くわけないでしょう。この日本列島に1億3000万人もいるのがもう飽和状態だから「神の摂理」が働いて少子化となってるんでしょ。だからある程度減れば今度は増えるでしょう。

だからやっぱり人口が減ることを少しも勘定に入れずに莫大な国債を発行してその場しのぎに血道を上げてきた政治の責任だと思いまする。

産みたくても産めない人のために保育所を充実させるとか、男の育休を取りやすくするとか、産め産めばかり言わずに、そういうところに知恵と金を使ってもらいたいもんです。

だから、管理職の4分の1を女性にするアイデアというの、私は賛成なのですよ。男ですけど。いや、男だからこそ賛成せねば、と思う今日この頃なのです。

ビバ! ビバビバ!!!



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード