聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

平均値なるものは幻想にすぎないことについて

私は昔なら学校で、いまなら職場でいつも思うのは「何でみんな同じような価値観でしか物事を見ないんだろうか」ということなんですね。

例えば、ちょっと前のベッキー不倫問題とかでも、ある意見が出るとそれに追従する意見ばかりが出て、異論を唱える者がいない。まぁ女性ばかりの職場だからよけいにそういう現象が起こりやすいのかもしれませんが、私が異論を唱えるとしら~っとした空気が流れる。それだけならいいんです。厭なのは、私とある女性が二人だけになったときに「実はあたしもピッチコックさんと同じこと考えてたんです」と言われることなんですよ。

じゃあ、なぜあのとき言わなかったのか!
別に加勢してほしかったという意味じゃありません。そういう意見をもっているなら堂々と言えばいいじゃないですか。なぜ他の女性たちの耳がないところで言うのか。

どうも人間は、というか日本人は平均値の高さを気にするようなんですね。ずっと前から思っていることではあるんですが。

この場ではいまこういう考え方が大勢を占めている、それならいまはそれに乗っとこう、みたいな。とにかく平均値の高いものに合わせよう、逆に平均値の低いものを排除しようという。

しかし、平均値というものは「幻想」にすぎません。

かつてまだ日本の映画人口が1億人ちょっとだったとき、「日本人は1年に平均1回だけ映画館に行く」と言われました。それ自体は正しい。

しかし、「1年に1回だけ映画館に行く人に向けて映画を作れ」という言い方は完璧なる間違いです。

なぜなら、平均値とはあくまでも抽象的な数字だから。

映画館のロビーとかエレベーターで、よく「こないだ見に行った映画サイコーだった」とか「次はあれ見に行きたい」と会話している人たちが大勢います。年に何度も行く人がたくさんいるわけです。

おそらく日本人の映画館での映画鑑賞の実態は「ほとんどの人がまったく映画館に行かず、一部の人たちだけが数十回以上通っている」ということだと思います。

クラスの半数が100点、残りの半数が0点なら平均点は50点ですが、そのクラスで実際に50点取った人間は1人もいない。

同じように、映画館に1回しか通わない人はもしかするとただの1人もいないかもしれないわけです。

「アメリカ人は年に平均10回映画館に行く、だからアメリカ人は日本人の10倍映画館に行っている」という言説は正しい。抽象的な数字同士を比較しているわけだから。

でも、平均値という抽象的な数字から「1年に1回だけ映画館に行く人」という具体的な人間像を想定することは絶対におかしい。

だから平均値に近いように自分を見せるというのは何とも愚かしいことだと思うわけです。

幻想でしかない「平均的な人間」を演じようとみんな必死になっている。私の目には出来の悪い喜劇にしか見えません。

別にいいじゃないすか、あなたはこれが好き、私はこれが嫌いでも。いろんな価値観があるから世の中面白いのだから。



無自覚な○○原理主義者たち

今朝、ツイッターでやたら不愉快なツイートを見てしまいまして。あまりに厭で反射的にその人へのフォローを切ってしまったほど。ま、つい先日興味本位でフォローした人だから別にかまわない。

それよりも、なぜ反射的とはいえフォローを切ってしまったかを今日一日考えてました。

その人のツイートというのがどういうものだったかというと、

「男子が集まって女のカラダがどうだこうだと下ネタばかり話すのは、『この世にはヘテロセクシャル以外の男もいる』という想像力が欠如しているからだ」

というもので、これ自体まちがった言説だとは思いません。

そりゃ、ホモセクシャルの男からすると女のカラダの話など少しも楽しくないでしょう。それどころか、自分の性的嗜好を隠すために乗って楽しむふりをしなければならないはずで、苦痛以外の何物でもない。私自身はホモセクシャルではないので、そういう人の苦しみ、つらさは頭で理解できるだけです。それについては何も反論ありません。

しかしですね、世の中にはヘテロセクシャルの男以外もいる、と言うならば、世の中には性的嗜好以外で苦しい思い、悲しい思いを強いられている人もいるということになぜ気がつかないのか、と思うわけです。

私が反射的にフォローを切ったのは、そのツイート主が「無自覚の性的嗜好原理主義者」だからなんですね。「この世の人間は性的嗜好だけでできている」みたいな誤った人間観に基づいて発言していることに無自覚なのがものすごく厭だったわけです。そしておそらく無自覚ゆえにその人自身が「正義の味方」を自認している。

こういう手合いは本当に始末が悪い。

ホモセクシャルやバイセクシャル、レズビアンや性同一性障害の人たちだけが差別を受けてるわけでもなければ、苦しみを背負っているわけではありません。

両親がどこの誰かもわからないという人はたくさんいると聞きます。私自身はいまだに両親が健在なのでなかなか想像力をめぐらすことができませんが、自分の両親がどこの誰かもわからないというのは自分のルーツが何もわからないということであって、どっしり地に足をつけて生活できない気がします。でもそういう出自を声高に言う人ってほとんどいないでしょう。だから知らず知らずそういう人の前で両親の話をしてしまうこともあるはずなのです。

私はサッカーが好きですが、「サッカーのせいで大事な人を失った」とサッカーを恨んでいる人だって世の中にはいるでしょう。その人の前で知らず知らずサッカーの話をして傷つけてしまうことは充分ありえることです。

だからといって、それがすべてダメだ、それは差別だ、それは配慮が足りない、と言ってしまったら、もう何も会話なんてできません。

何も言えなくなってしまう覚悟があるなら咎めればよろしい。でも、あのツイート主にはそんな覚悟などあろうはずもなく、それどころか「自分にはまだまだ言い足りないことがある」と言わんばかりの勢いでした。だから切りました。

原理主義というのは恐ろしい。他の物事が見えなくなってしまうから。

「すべては相対的である」

数千年前にそう看破し、「私の言葉でさえ疑いなさい」と弟子たちに教え諭した釈迦は、やはり歴史上最大の偉人だと思います。



冬の新ドラマ第1回前半戦(『はぶらし/女友だち』が面白い)

先日の日記(こちら)で、今クールは7本も見なくちゃ、なんて書きましたが、実は10本になっちゃいました。

WOWOWの2本を忘れていたのと、片瀬那奈の顔はできるだけ見たくないから見ないといった『マネーの天使』が、やはり小藪千豊や竹中直人が見たいのと、何より内容が面白そうなのでね。金銭トラブルに見舞われたときの勉強としてもいいかな、と。

で、すでに6本の第1回を見終えたので、その感想をつらつらと。(見た順)

『はぶらし/女友だち』
S_3665243070296

これは面白かったですね。まだ続くんで「面白かった」というのは語弊がありますが、かなり面白くなりそう。
人気脚本家の内田有紀のもとへ20年ぶりに同級生・池脇千鶴が一晩だけでいいから泊めてと訪ねてくる。子どもを連れてるし、仲のよかった友人だし、泊めちゃうんですね。内田有紀がいま書いてる脚本が池脇千鶴との思い出そのものを基にしているという引け目もあるに違いありませんが、物語は案の定というか、こちらの期待通りに一晩では終わらず、池脇千鶴がずっと居座りそうになることを暗示して第1話終了。主人公が困りに困るので見てるこちらは引きつけられます。
そして、何といってもタイトルが秀逸。『歯ブラシ/女友だち』では風情がありませんし、『はぶらし/女友達』では左右のバランスが悪い。『はぶらし/女友だち』という絶妙なブレンドが素晴らしい。

『マネーの天使』
片瀬那奈がうるさいんですが、結構面白かったです。葵わかなという女優さんがいいんです。かわいいとかじゃなくて(かわいいけど)ものすごく風格があってよろしい。まぁそういう役どころなんですが。でも目ヂカラのある役者さんってほとんどいなくなってしまったので貴重な存在になるんじゃないでしょうか。
雇用や給料未払いに関する法律知識も満載で勉強になります。

『逃げる女』
鎌田敏夫さんが脚本だから見ましたけど、これはもう見ません。
友人の嘘の証言で殺人犯として服役していた女が再審請求を認められて釈放されて…という設定が何かもう古臭くて。全体を覆う陰鬱な雰囲気も好きになれません。

『傘をもたない蟻たちは』
SFしか書いたことのない小説家が恋愛小説を依頼され、苦肉の策で一編ひねり出す、そのひねり出した物語がドラマのほとんどを占めるわけですが、面白くないわけじゃないけど、どうしても次見ようという気が湧いてこないんです。ものすごく安っぽいのが原因でしょうか。武田玲奈がまだ出てきてないのが気になりますが、もういいです。

『荒地の恋』
70年代中頃を舞台にした中年不倫もの。主人公・豊川悦司の妻・富田靖子が徐々に狂っていくさまが描かれるんですけど、少しも狂ってるように見えないんです。狂ってるふりをしてるだけのようで。『十三人の刺客』の稲垣吾郎みたいといえばわかってもらえるでしょうか。
もっと大きな問題は、家の内装にしても外の風景にしても、とても70年代中頃に見えないことですね。衣装とか髪型とかは昔の風情がありますけど、どうしてもこの物語が40年も昔の出来事だと信じることができません。なのでもう見ません。

『撃てない警官』
187847

これは面白くなりそうですね。
鬱病の警視庁警察官が本庁内で拳銃自殺する。田辺誠一演じる主人公にその責任が押しつけられ左遷が決まる。納得のいかない主人公は真相を調べ始める。するとあっけなく真相が判明するんですね。そして主人公は罠を仕掛けた上司・石黒賢に自分を本庁に呼び戻させようと決意する。
真相解明が目的でもなければ、悪を懲らしめることが目的でもない。ただ本庁の戻りたい、出世街道に戻りたい。そう、主人公も結構な悪人なのです。悪と悪のぶつかり合いがこのドラマの見どころかと。こりゃ次も見たいですわ。

というわけで、地上波の3本が個人的にはもう終了。BSはやっぱり強い。

今週来週から始まる残りの4本はどうなんでしょうか。



ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード