聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ノンフィクションW『吠える! 映画監督・浜野佐知 ~私がピンクを撮る理由~』

昨日のノンフィクションW『吠える! 映画監督・浜野佐知 ~私がピンクを撮る理由~』を見ました。

PN2010072301000684_-_-_CI0003

























浜野佐知監督といえばほぼ毎週のように新作が封切られる監督さんですが、私は見たことがあるかどうかわかりません。フィルモグラフィを見渡しても、どれもこれも見憶えのないタイトルばかりで。ピンク映画のタイトルって憶えにくいので、見たことあるけど忘れてるだけかもしれません。

しかしながら、少しも記憶にないということは、少なくとも面白いと思ったことはないのかな、と。

それは私が男だからだろうか。ということをこのドキュメンタリーを見ながら思いました。

男の監督が撮るレイプシーンでは、女がいくら嫌がっても最終的にはやられてしまい、しかも感じてしまう、という男の妄想を満たすためのものであるのに対し、浜野監督は女なので、そんなのあるわけない、死にもの狂いで抵抗するんだから、と決まって最終的に犯そうとした男が反撃を受けて終わりになる、と。

その場面を演じた女優さんにインタビューしても、「そうだよね、何をしてでも抵抗するよねって気になる。男の人はロマンチストで浜野監督はリアリスト」と言っていました。

うん、確かにそうなんでしょう。若い頃、助監督時代に力のある照明助手さんとかに犯されそうになって必死で抵抗し、翌日からは包丁を懐に忍ばせて寝ていたといいますから、そういう体験をもった人間からすれば、「レイプ願望」みたいな男に都合のいい概念は到底受け入れられないのでしょう。

そこらへんの心情はよくわかるにしても、この番組はあまりに浜野監督を「女性監督」という捉え方をしすぎじゃないですかね?

「映画に喧嘩を売ってここまで来た」と浜野監督は言うけれど、それは98年(97年だったか)の東京国際映画祭で、日本の女性監督で最も本数を撮っているのは6本撮った田中絹代、という公式アナウンスがあって、その時点ですでに300本以上撮っていた私の立場はどうなるんだ! と憤ったと言ってましたが、その一件は監督人生の後半じゃないですか。

「最初の喧嘩」は若松プロの初日にあったわけでしょう?

若松孝二と喧嘩したのかなと思っていたら、ホテルで同室になった男優と女優がセックスし始めて、そこに憤慨したと。いくらピンクを撮ってる現場の人間だからって…私は私の映画が汚された気がした、と大宮から原宿まで8時間も夜通し歩いて帰ったと。

でも、その「私の映画が汚された気がした」というのは「女性」だからじゃなかったはずですよね? はっきりとはわからないけど、私の目にはそう見えました。仮に浜野監督が男であったとしても、あのとき「自分の映画が汚された気がした」と喧嘩していたんじゃないでしょうか。

ならば、浜野監督の原点である「映画に喧嘩を売った」というのは「女性として」ではなく、もっと何か別の「映画に対する信条」とかそういうことだったんじゃないかと。

だから、「女性監督として」とか「女性であること」ばかりを前面に押し出したこの番組のコンセプトは間違ってると思いましたね。

「大宮から原宿まで8時間歩いたときに考えたことがいまの私を作った」と浜野監督は言っていましたが、そのときに具体的に何をどう考えたのかをもっと突っ込んでほしかった、というのが正直な思いです。

浜野監督のバイタリティがものすごくて43分があっという間でしたが、どうにも煮え切らない思いばかりが残ってしまいました。



看護師? 看護婦?(『嘆きの天使 ナースの泪』を見て)

城定秀夫監督の『嘆きの天使 ナースの泪』を見ました。

取り立てて面白いという映画ではありませんでした。城定監督の作品なら、例えば『女の犯罪史』とか『悦子のエロいい話 ~あるいは愛でいっぱいの海~』とかは傑作と思いますが、この映画はそれほどの作品とは思えません。主演の神咲詩織さんはよかったですけど。

さて、この映画を見ていて「お」と思ったのが、主役のナースが、「看護婦さん」と呼ばれて、「あ、いまは看護師さんですよね、すいません」と言われたとき、「看護婦さんでいいですよ。看護師って何かあたしイヤで…」と言っていたシーン。

これは、主人公の気持ちとして描かれているけれど、おそらくは脚本を書いた城定監督か貝原クリス亮さんのどちらかの、あるいはお二人ともの思いなんだろうなぁ、と思いました。

私も「看護師」という言葉が大嫌いでして。いつからでしたっけね、看護師と言わねばならなくなったのは。もう10年ぐらいたつんでしょうか。

よく、最後の「シ」がきつく冷たい印象を与える、と言われますが、まったくそのとおりかと。「カンゴシ」と「カンゴフ」では圧倒的に後者のほうに温かみを感じます。

でも、いまは非常にうるさい時代になってまして、文字にするときに「看護婦」だと女性差別になるんですってね。スチュワーデスをキャビンアテンダントと言い換えなければならなかったり、世の中のいったいどれだけの人がそれを望んでるのか知りませんが、おそらく少数派だと思います。

さて、看護婦がダメならやっぱり看護師しかないのか、というと事態は簡単でして。

女なら「看護婦」、男なら「看護夫」と文字にするときだけ書き分けて、口にするときはいずれも「カンゴフ」でいいと思うんですよね。

いかがでしょうか?



陸上自衛隊幹部が隊員に遺書を書かせたことについて

数日前の新聞に、「陸上自衛隊の幹部が隊員に遺書を書かせた」と否定的な論調で記事が載っていました。

昨日、与党の強行採決で成立してしまった解釈改憲による集団的自衛権を認めた戦争法案に私は断固として反対ですが、自衛隊に所属する人間がいつ死んでもおかしくないようにしておくことが間違っているとは少しも思えないんですよね。

記事では、これから日本は戦争できる国になってしまう、それを踏まえたうえでの措置でまことに嘆かわしい、という論調でした。

戦争できる「普通の国」になってしまうのは本当に嘆かわしいことです。これまでの70年間はいったい何だったのかと虚しくなるばかりです。

でもね、集団的自衛権は昨日認められたばかりですが(私は認めませんが)個別的自衛権はもともともってるじゃないですか。

つまり、他国から攻撃を受けたら自衛隊のみなさんには防衛のために命を懸けて戦ってもらわなくてはならないんです。そのために私たちの税金から給料もらってるわけでしょう? だから「いつ死ぬかわからない」「いつ戦争に巻き込まれるかわからない」という意識は、集団的自衛権云々に関わらず自衛隊員である以上、常にもっていてもらわないといけないものなんです。

確かに、戦争法案を与党が強行採決にもっていこうとしているときにこういうことが明らかになったというタイミングの悪さはあるでしょう。でも、遺書を書かせること自体が悪いことだとは少しも思いません。

湾岸戦争やイラク戦争のときも、自衛隊員の奥さんにインタビューすると、「いつ死んでしまうか…」みたいな答えが返ってきて、マスメディアはそれを「あってはならないこと」とセンチメンタルに伝えてましたが、軍隊に属する人間がいつ死んでしまうかわからないなんて当たり前のことでしょう。それがいやなら自衛隊員と結婚なんかしなきゃよかったんですよ。

そして、あろうことか、当の自衛隊員までもが「困ったことになった」とか言っていて、アホかと思いました。

国を防衛する役目を担っている者が「いつ戦争に巻き込まれてもおかしくないからつらい」なんて、それこそ「あってはならないこと」ですよ。彼らは自衛隊員が安定した「公務員」だから志願しただけなんじゃないの、と邪推してしまったもんです。

積極的平和主義とかまったく意味不明だし、そういう他国を侵略したり武力で干渉することはやめてほしいけれど、専守防衛までもがダメみたいな論調はやめてほしいですね。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。