聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

百田尚樹が「週刊リテラシー」で口走った3つの間違い

今日の「週刊リテラシー」ゲストは「炎上王」として知られる百田尚樹氏でした。

bn_photo_7600001_1

いままで写真でしか見たことがなく、喋ってるところを初めて見ましたが、なかなか面白いおっさんですね。

しかし、いくら面白いといってもその思想は容認できないというか、論理的にかなりおかしいことを言っていました。

最初の半蔵門世論調査「18歳で成人に賛成ですか、反対ですか?」という問いに対しては、選挙、酒・たばこ、少年法とさまざまな事柄を全部一緒くたに論じるのはおかしい、それぞれ別個の問題として考えるべきではないか、との答えで、これには私も大賛成。上杉隆氏の「人それぞれ大人になる年齢は違う」というのにはもっと大賛成。

しかし、話が安保法制に移ると百田氏は馬脚を現すのでした。

①安保法制に反対する大がかりなデモが先週末あったことに対して、「主催者発表の12万人を信用したとしても日本人全員のほんの0.1%。たったそれだけの人の意見で法案が覆るなんておかしい」との発言。

そりゃ確かにデモに集まった人の数は0.1%なんでしょうけど、デモに行った人間だけが安保法制に反対でそれ以外は全員賛成みたいに言うのは論理的におかしいです。私みたいに反対だけどデモに行かなかった、そもそも行きたくない人間だっているんですから。(私がデモに参加したくない理由は過去に書いてるので興味のある方は読んでみてください)

デモに行った人は、「何が何でも反対!」の人たちなんですよね。だから「そこまでじゃないけど猛反対」から「猛反対じゃないけど結構強く反対」とか「普通に反対」「どちらかといえば反対」までを入れると結構なパーセンテージになると思うんですが。

安保法制に反対してる人は一部のバカだけみたいな言説は橋下徹も言ってましたけど、ああいうのを我田引水というんだろうな、と。

あと、何が何でも反対!の人たちのネット上での盛り上がりに乗ろうと「ファッション」としてデモに参加してる人もいたはずなんですよ。「デモに参加してる俺ってかっこいいでしょ、みたいな。そういう人たちは思想的には百田氏たちの考えるようなバカかもしれませんが、しかし、政治現象としてファッションになるまで反対意見が高まっているというのは、やはりかなりの人の数があの法案はおかしいと感じてる何よりの証左だと思うわけです。


②安倍総理が参議院での安保法制論議そっちのけで大阪まで「ミヤネ屋」に出演しに行ったことについて、参院特別委員会の委員長から「いかがなものか」と批判され、参議院の委員会での採決ができなくなるのではないか、そこまでしてミヤネ屋に出るべきだったのか、ミヤネ屋よりリテラシーに出てよ安倍総理!!と司会の田村淳さんが大声で叫ぶと、百田氏は「視聴率が違うから」と言っていました。

言っていることは正しいでしょう。でも、見てる人の層がぜんぜん違うじゃないですか。ミヤネ屋を見てるアホな主婦と、週刊リテラシーを見てる政治に興味津々の老若男女とはまったく違う。

視聴率が違うから、じゃなくて、ちゃんとリテラシーをもった人たちに向けて言葉を発したらよけい危ないと直感してるんでしょ。アホな主婦向けならいくらでも喋れるし騙せるという計算もあったのでしょう。

だから「視聴率が違うから」という発言は間違いというよりそういう計算を含んだものだった、というところですかね。


最後のは一番ひどいです。


③安保法制について、解釈改憲をするぐらいなら堂々と憲法を改正すればいい、との発言。

これはこれで正論でしょう。

しかし、この発言の直前には「この法案ははっきり九条に違反してるから」と言ってました。違憲なのだから憲法を改正して合憲法案として堂々と国会を通せばいいと。

違憲?

確か番組の最初のほうでは、「安保法制は戦争をしないための法案」と言ってませんでしたっけ?

本当に戦争をしないための法案なら九条に違反していません。それを違憲とは、ついに本音がポロッと出てしまったようですね。やはり安保法制は「戦争法案」なのですよ。

ならば百田氏の言うとおりはっきり違憲なのだから、何が何でも成立させてはいけません!!!!!



「映画芸術」休刊の危機について

nQH9M14V


あの「映画芸術」が休刊するかもしれないとのニュースを見て、えっ!? という驚きと、やっぱり、という思いが交錯しました。

荒井晴彦編集長による映芸は、良くも悪くも「偏り」があって私は好きなんですがね。

『おくりびと』がワーストワンに選ばれたとき、「よくぞ!」と大賛意を示したもんですが、ネットでは、「アカデミー賞を受賞した作品をワーストに選ぶなんて国辱雑誌だ」とかえらく非難されてましたよね。アメリカ人はアホだからあの映画が駄作だってことがわからないんですよ。といくら言ってもその人たちにはこちらの言葉が届かない。

映芸に携わっている方々も、そういう隔靴掻痒な思いを抱いてらっしゃるんじゃないでしょうか。

確かに、なぜベストテンもワーストテンも日本映画だけに限ってるのかよくわかりませんけどね。日本映画とか外国映画とかじゃなくて、ただ「映画」があるだけなのに。

あとは、編集長が批判したい映画の特集では、ほめそうな人には執筆を依頼しないのもどうかと。

しかしながら、やっぱり映芸の休刊は淋しいニュースです。(ほんとに休刊するかどうかはわかりませんが前々から財政難と聞いていたので十中八九休刊、そして廃刊なのでしょう)

そりゃ、映画秘宝なんかも楽しいけど、やっぱり両方ないとね。キネ旬は業界誌だから御用記事ばかりですし。

そういえば、いま話題沸騰の五輪エンブレム問題と『おくりびと』のときの国辱扱いされた問題は根っこが一緒のような気がしますね。

あれって、ベルギーの劇場が本気で訴えてるのがかなり大きいんじゃないでしょうか。「特に問題はない」とかって言ってたら、そして、この問題に関してベルギー以外の国(特にアメリカ)から「別にいいんじゃない?」という声があったなら、こんなにネットで叩きまくる輩も出てこなかったんじゃないでしょうか?

外国人が言うことを鵜呑みにするのが日本人の一番悪い癖。

そういえば、「ツイッターは思想濃縮装置だ」と言ってる人がいて、自分と同じ考えをもってる人ばかりをフォローしてると偏りが固まってしまって柔軟な視点を見失ってしまうそうです。

映芸も、「政治的な偏りはあって当然」という考え方自体は正しいと思うのだけれど、もしかしたら、そういう「正論」に自らの足元をすくわれてしまい、読者を失っていったのかなぁ、という気もします。

ま、私もツイッターで似た考えの人しかフォローしてないから偉そうなことは言えませんが。(だって、反対側の意見を読んでると気分が荒んでくるんですよ。それでも読まなきゃいけない? うーむ。。。)



続・続『ミッション・インポッシブル』大解剖(最新作『ローグ・ネイション』でわかったトム・クルーズ真の狙い)

①少しもプロフェッショナルでないスパイたち
②ポーラ・ワグナーとの訣別

に続く第3弾。

第4作『ゴースト・プロトコル』でポーラ・ワグナーと袂を分ったトム・クルーズが再びJ・J・エイブラムスと組んで製作した最新作にして最高傑作『ローグ・ネイション』にはいったいどのような狙いがあったのでしょうか。そして、前作ではクレジットされなかったヴィング・レイムスは登場するのか、するならどういう形で…?


第5作 2015年『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
mi5_2015_0324_01

これまで、前作と新作の間にどれだけの時間が経過しているのかまったく示されていませんでしたが、今回だけ違います。
アレック・ボールドウィン演じるCIA長官が「イーサン・ハントのせいでクレムリンが爆破された」と激昂すること、また、新しい長官が決まっていないことなどから、この『ローグ・ネイション』は『ゴースト・プロトコル』の直後の物語であることがわかります。
これまでは一話完結の物語だったのに対し、今回は完全に連続もの。はたしてトムはこの2本で何をやりたかったのでしょうか。

まず、話の前段として、ゴースト・プロトコルが発令され事実上解体したIMFに対し、CIA長官が「CIAとIMFを統合すべきだ」と主張します。IMFはならず者集団だみたいなことも言ってました。そして、国外で1年前から〝シンジケート″という名の組織を追っているイーサンをCIAが追跡中だと息巻く。なるほど、当局は一切関知しないどころか、よけいなことをすると消されてしまうのか。

いや、そんなことより、また主人公が身内から追われるのか。また今回もミッションを忠実に遂行するプロフェッショナルは描かれないのか…いや、でも、前作ではその前に比べて私情の温度を下げていました。今回こそ『スパイ大作戦』のような「プロフェッショナル」がとうとう描かれるのでしょうか?

答えはノーです。そして同時にイエスです。

順を追って見ていきましょう。

イーサンがいきなりシンジケートに捕らえられてしまうのですが、なぜかそのシンジケートの一員である美女イルサ(このレベッカ・ファーガソンという女優さんがあらゆる意味において素晴らしい!)に救われます。はたしてイルサは何者なのか。

アメリカ国内ではCIA長官がイーサンの仲間であるサイモン・ペッグ演じるベンジーを嘘発見器にかけて居所をはかせようとしたり、長官代理的立場のジェレミー・レナー演じるブラントにイーサンたちを裏切れ、みたいなことを言ったりします。

しかし、ブラントは逆にヴィング・レイムス演じるルーサーを呼び、一緒にイーサンを助けようともちかけます。ようやく、シリーズ5本すべてに出演しているヴィング・レイムスの名前が出てきました。

ルーサーはブラントにこう答えます。「イーサンはダチだがおまえは違う」つまり、ブラントの命令だからやるのではなく、イーサンは仲間だからやるのだと。やはり彼も私情で動く人物です。
ベンジーもイーサンのことを友だちだと言っていました。友だちだから俺はお前と一緒に仕事をしたいと言います。どこまでもこのシリーズのスパイたちは『スパイ大作戦』のスパイとは根本から違うのです。

しかし、この「仲間」とか「友だち」という言葉がこのシリーズを貫く重要なキーワードだったのです。

イルサは実は英国MI6のスパイだったことがわかります。そして、シンジケートの親玉ソロモン・レーンもかつてはどこかの国のスパイだったと。手下たちもみな元スパイ。シンジケートとは、祖国に捨てられた用済みスパイの巣窟なのでした。

イルサは、あることがきっかけで自分がMI6長官から使い捨てにされたことを知ります。
イーサンたちもゴースト・プロトコル発令によって祖国政府から捨てられました。いまは身内から追われています。
悪の親玉ソロモン・レーンも祖国に裏切られた元スパイです。

国の都合でスパイとして養成され、用済みになったら簡単に捨てられるスパイという存在の哀しみが浮き彫りになります。

しかし、イーサンはいたって能天気です。捨てられたイルサが嘆くのとは対照的に、IMF再生のために身を粉にして働きます。とっくに祖国から捨てられたのになぜでしょうか? 仮にIMFが復活しても、また「当局は一切関知しない」という過酷なミッションが下るだけなのに。イーサンは自分を使い捨てにする組織を復活させようと目論んでいます。いったいなぜ?

クライマックスは、ソロモン・レーンを防弾ガラスで囲い込んで捕らえる場面ですが、あそこでの「俺たちはIMFだ」というイーサンのセリフに、トム・クルーズがこのシリーズにこめた想い、『スパイ大作戦』を映画化した本当の狙いを知った気がするのです。

思えば、このシリーズは『スパイ大作戦』の主役フェルプス君が組織を裏切ることから始まりました。そのフェルプス君を葬り去り、私情で動くイーサン・ハントとその仲間たちを描いてきました。

1作目では、かつてトムが所属したブラットパックという集団でリーダーだったのに不遇をかこっているエミリオ・エステベスをキャスティングし、彼の死によって物語を駆動しました。

2作目では、愛する女のために体を張るイーサンが描かれました。

3作目では、教え子リンジーのためにいつになく取り乱すイーサンが、そして最愛の妻ジュリアのために奔走する彼が描かれました。

4作目では、超高層ビルから落ちそうになったイーサンを、ブラントはじめ仲間たちが必死で助ける場面が描かれました。

5作目では、自分たちを使い捨てにする組織を復活させようと目論むイーサン・ハントが描かれています。仲間たちと一致団結して。

結局のところ、『スパイ大作戦』のようなプロフェッショナルが描かれていない、のではなかった。この『ミッション:インポッシブル』シリーズは、ほぼ20年の歳月をかけた、『スパイ大作戦』に対する絶妙にして壮大な「批評」だったのです。

テレビシリーズでは、「当局は一切関知しない」と決め込む組織にまったく不平不満を言わないスパイたちの活躍が描かれました。それがプロフェッショナルとしてのあるべき姿だと多くの人は思いました。

しかし、トム・クルーズはそれは違うと思った。スパイも人間である以上、感情を捨て去ることなどできない。人間味のあるスパイを描こうじゃないか。でもプロフェッショナル魂だけは消してはなるまい。

だから今回、イーサン・ハントが自分に課したミッションが「IMF復活」だったのでしょう。自分たちを使い捨てにする組織をあえて復活させること、それは組織の命令に唯々諾々と従うテレビ版のスパイたちより、もっともっとプロフェッショナル魂にあふれた行為ではないでしょうか。

『スパイ大作戦』にはなかったスパイたちの人間味を色濃く打ち出しながら、より大きく高潔なプロフェッショナル魂を描く。

それがトム・クルーズの真の狙いだったのだと思います。

次はいかなるミッションが下るのか、はたまたこのシリーズは終わりになるのか、J・J・エイブラムスとタッグを解消して新しいプロデューサーと組み、『ミッション:インポッシブル』はさらなる転回をしていくのでしょうか。

トム・クルーズの次なる狙いはまだまだまったくわかりません。



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。