聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ガス・ヴァン・サント監督『プロミスト・ランド』(『ザ・エージェント』を見てないの?)

ガス・ヴァン・サント監督、マット・デイモン主演による2012年作品『プロミスト・ランド』を見ました。

images

うーん、これってどうなんでしょう。

物語は、デイモン演じる田舎育ちでありながら大学を出て大企業に勤めるキャリア志向の男が、シェールガス採掘のために農場を地上げする過程を通して、自分の過ちに気づく、というもの。

ガス・ヴァン・サント監督、いったいどうしたんでしょうか。これは決定的に古いです。

かつて、キャメロン・クロウ監督、トム・クルーズ主演による『ザ・エージェント』という傑作がありました。1996年作品です。

金のことしか頭にないスポーツエージェントが、自分の過ちに気づく物語。『プロミスト・ランド』と同じです。

ですが、決定的に違うのは、『ザ・エージェント』の場合、その物語が最初の10分で終わってしまうということです。自分の過ちに気づいた主人公が自ら会社を辞めて自分の会社を興し、そこで七転八倒しながら選手と心から理解しあえる関係を築く、というのがすべてのあらましです。

『プロミスト・ランド』は『ザ・エージェント』の16年もあとに作られていながら、あの映画があったことなんてまるでなかったかのように作られています。これはいけません。

確かに、田舎育ちの男が田舎育ちであるがゆえに田舎を蔑視している、という視点は新しいしとても重要なものでしょう。

でも、それは主人公のダークサイドとして設定されているだけで、最後に自分の過ちに気づいたとき、田舎蔑視の感情もすべてリセットされて、おしまい。

これではあまりにつまらないです。この時代に作る意義を感じません。

シェールガスというのは新しい素材なんでしょうけど、昔の石油とか鉄道とかと役割は同じ。

やっぱり『ザ・エージェント』は偉大です。
翻訳家の芝山幹郎さんは、あの映画を評して「紋切型をうっちゃるすご技」とおっしゃってましたが、言いえて妙ですね。まさしくその通りです。

逆に、この『プロミスト・ランド』は完全に紋切型の枠に納まってしまっています。とても残念です。



『私家版・ユダヤ文化論』に学ぶ逆説の感情

内田樹先生の『私家版・ユダヤ文化論』を久しぶりに読み返しました。

41awfMvcbbL__SX304_BO1,204,203,200_

もっと読みやすい本だった印象があるんですが、ものすごくわかりにくい。他の内田先生の本がわかりやすいのでこれも読みやすくてわかりやすいという記憶が捏造されていたようです。

このあまりに独創的なユダヤ文化論は、内田先生によると「ユダヤ人が読んでもわかるように書いたから日本人が読んでもわかりにくいだろう」ということらしく、うん、やっぱりわかりにくい。というか読みにくい。

そういうことはほとんどどうでもいいことなんですが、この本の最大の肝は、

「反ユダヤ主義者は、実はユダヤ人をどうしようもなく愛している」

というところなんですよね。

ここで内田先生は、フロイトの「まちがい」を指摘してそこを迂回することにより、「反ユダヤ主義者はユダヤ人を愛しているがゆえに、その愛を高めようとしてユダヤ人を憎むのだ」という驚愕の結論に導いていきます。

そこらへんのアクロバティックな論理の飛躍については、実際にこの本を読んで体験してみてください。ユダヤ人にとって時間は未来から過去へ流れているとか、目から鱗の論考がびっしりです。

さて、問題の「愛しているがゆえに憎しみが要請される」という精神分析にはどうにも身につまされるんですよね。

私は昔から「プライドが高い」と言われ、一方で「劣等感が強い」と言われてきました。

その二つって相反するものなのにどうして?と思ってたんです。でも、周りにもプライドが高いがゆえに劣等感が強い人がたくさんいる。というか、プライドが高い人はほぼ100%劣等感に苛まれている。

この『私家版・ユダヤ文化論』を読んで腑に落ちました。

自己を愛する気持ちが強いために、その愛を高めようと、愛と葛藤する憎しみが要請されるんですね。自己愛が激しいからこそ自己憎悪も激しくなる。

じゃあどうすればいいのかというと、自己愛を高めるための自己憎悪をやめる、あるいは、その量を少なくすることが必要かと思われますが、それって「自分を好きになること」で、結局、自己愛がさらに高まるだけでは?

いや、「自己愛」と「自分が好き」というのは違うんでしょうか。

うーん、「わかった!」と思ったら、ますますわからなくなってきました。とりあえず日向ぼっこでもしましょう。



オールマン・ブラザーズ・バンド「ウィッピング・ポスト」in『アット・フィルモア・イースト』

ある人の強い勧めで、オールマン・ブラザーズ・バンドという私はまったく聞いたことのないバンドの最も有名かつすぐれたアルバムを購入しました。

『アット・フィルモア・イースト』

一曲目から静かでいながら力強さを感じさせるブルースが続きます。しかも一曲一曲が長いのですよ。5分ぐらいの曲もあるにはあるけど、20分ぐらいの曲もあったり、何だかそのへんはブルースロックというよりはプログレみたい。

最初から最後まで静かなこのアルバム、聴けば聴くほどに味があります。

ライナーノーツによると、このバンドは「ライブ・バンド」としての評価が非常に高いわりにレコードの評価が低く、レコードでもいいものが作れることを証明するために、フィルモア・イーストというスタジオで開いたライブを録音したそうです。
しかし、それじゃあ結局ライブ・バンドとしての評価がさらに高まっただけなんじゃないの?と思うのは私だけでしょうか。ライブじゃなくて完全に録音のために演奏しないとそのへんの評価は覆らない気がしますが。

ま、そのへんの事情はできあがった音楽とはまったく関係ないわけで、私は特に最後の7曲目、「ウィッピング・ポスト」というのが大好きです。長いです。

秋の夜長にぜひお聴きください。







最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。