聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

柄谷行人『憲法の無意識』(岩波新書)

柄谷行人さんの新著『憲法の無意識』を読みました。
安倍自民党は選挙になった途端に改憲のカの字も言わなくなりましたが、自公で3分の2を獲れば必ずまた言い出します。その前にこの本を読んだほうがいいかと。



『世界共和国へ』からちょうど10年。『世界史の構造』や『帝国の構造』などを経た柄谷さんの「いま問うべきこと」が綴られています。

いろいろ難しい歴史のことやら何やら語られていますが、私にはそこらへんを解説する技量も知識も教養も不足しています。だから読んでくださいとしか言えません。

ただ、この本で大きくうなずかざるをえなかったというか、私にとってこの本の価値はここだけにあると言っても過言じゃないのが、

「日本国憲法は押しつけられたからこそ意味がある」

という主張なんですね。

よくいるじゃないですか。押しつけられた憲法だからダメだ、日本人自らが憲法を作らなきゃという人。そこまではまだいいんですが、国民投票したうえでいまの憲法のままになるならそれはそれでいい、とあの人たちは言う。

それじゃあ、内容じゃなくてただの手続き上の問題なの、と。それならいまのままでいいじゃない。そんなの改憲論じゃない!

そういう人たちは論外にしても、実際には「日本人自ら憲法を作り変えるべきだ」と主張する人たちがいますよね。柄谷さんはそういう人たちに完全と異議を唱えます。

特に9条について。

押しつけられたからダメではなく、180度転換して、押しつけられたからOKだと。それはいかなる理路で成立する言説なのでしょうか?

柄谷さんはこんなような意味のことを書いています。

「9条がもし押しつけられず、自分たちで作った条文だったら、いまごろとっくに破棄され、戦争放棄という国是は変わっているはずだ」

なるほど。

で、押しつけられたからこそそれを守ろうとしたのだ、と書かれているんですが、そこは確かフロイトの無意識とか超自我とかの学説を援用した理路だったと記憶してるんですが、具体的にどういうものだったかはすみません、忘れてしまいました。フロイトって読んだことないもんで。『精神分析入門』はほんの20ページぐらいで挫折しましたから。マルクスの『資本論』にいたっては3ページももちませんでしたが。

というわけで、「押しつけ憲法だから改憲すべし」という主張を柄谷さんは完全に退けます。

まぁ、そんな難しい学説を利用しなくても、「9条はとってもいいものだから保持しましょう」で済む話じゃないか……いやいや、それを言ってはおしまいですね。

しかし、そういう「当たり前の言葉」が通用しなくなってる世の中なんだなと改めて痛感しました。だからフロイトとかマルクスをもち出して論破しないといけない。

いやな世の中です。



ユーロ2016ベスト8勝敗予想(優勝候補はやはりイタリア!)

ユーロ2016も決勝トーナメント1回戦が終わりましたね。見れるかどうかわからないといいながら3試合見ましたよ。

クロアチア0-1ポルトガル
フランス2-1アイルランド
イタリア2-0スペイン

クロアチアとポルトガルの試合は両者とも様子見の時間が長すぎてちょっと退屈でしたが、あとの2試合は見ごたえのあるいいゲームでした。

特にイタリアの横綱相撲ぶりにやはり目が行きます。あるコラムを読むと「イタリアがよかった以上にスペインがひどすぎた」と書いてありましたが、私はやはりイタリアの戦いぶりをほめるべきだと感じましたね。

高い位置から奪いに行って、どんどん縦パスを出して一気にゴール前へ。クロスを上げても失敗する可能性が高いと判断したら無理せず遅攻に切り替えるところなど「大人のサッカー」と思いましたよ。

それにやはりこの人の存在が大きいのでは?





7c12d_1374_c57acc7a_ceabfef2

まさに闘将といった感じ。カリスマですね。


応援していたアイルランドは負けたとはいえ、開催国フランス相手によく頑張りました。前半をリードして終えたときは「ひょっとしたら…」と期待しましたが、やはり地力の差が出てしまいましたか。相手はホームですしね。

見てない試合では、ドイツとベルギーが負けても驚かないと思ってましたが復活の勝利といっていい内容だったらしく、また、絶対勝つだろうと思っていたイングランドがアイスランドにまさかの敗戦。判官贔屓の私はアイスランドにこのまま決勝まで・・・とは思いますが、まぁ無理でしょう。フランスにもし勝ったらお祭り騒ぎですけど。

というわけで、私の準々決勝勝敗予想です。

×ポーランド―ポルトガル○
○ウェールズ―ベルギー×
×ドイツ―イタリア○
○フランス―アイスランド×

ポーランドのレヴァンドフスキとポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドのストライカー対決と思われますが、何となくどちらも決められず、伏兵が決めるような気がしますね。もし二人の大爆発があるなら、どちらかだと思います。二人ともが爆発して打ち合いになる気はしません。私はロナウド大爆発でのポルトガル勝利を期待してますが、おそらくクロアチア戦みたいに他の誰かが決めるのではないかと。あとは、ここまで苦しみながら勝ち進んできてるので、そこらへんでチームの一体感もあるのかなぁ、と。でも、レバンドフスキの大爆発も充分ありえますね。

ウェールズとベルギーはよくわかりません。私が見たのはどちらも1試合だけ。ウェールズはとにかくベイルのフリーキックがすごいことになってる。北アイルランド戦ではオウンゴールを誘発したに留まったみたいですが、それでもチームを救ったことに違いはない。
逆にベルギーは少しもよくなかったイタリア戦(というか、あれはやはりイタリアが強かったのですよ)しか見てませんが、ハンガリー戦ではようやくアザールがらしさを見せたとかで4-0の圧勝。
デ・ブルイネなどテクニシャンぞろいで現在のヨーロッパ最強なんて言われたりしてますが、ウェールズの泥臭いハードワークの前に負けると予想します。というかウェールズに勝ってほしい! 
ベルギーに攻め込まれながら何とか無失点で切り抜けた末に、後半アディショナルタイム、ベイルのフリーキックが炸裂して劇的な勝利を収めると見ます。

ドイツもスロバキアに3-0の圧勝だったとかで、センターバックも兼ねるGKノイアーの牙城を崩したチームはいまだゼロ。まだ調子のよくなかったポーランド戦しか見てないので何とも言えませんが、攻撃も守備も充実しているイタリアのほうが優勢だと思いますし、ああいう「本物の強さ」をもったチームに勝ち進んでほしいという期待もこめて。

フランスとアイスランドはもう地力の差ですね。アイスランドの選手は他に仕事をしながらサッカーをやってるらしく、それが今回の躍進で移籍話がたくさん出始めてると聞きます。そのこと自体は慶賀ですが、8年前のロシアみたいに、大躍進して移籍話が出た途端に大敗するんじゃないかと。8年前のロシアは優勝したスペインが相手でした。今回のアイスランドは開催国フランス。勝てないと思います。でも応援はしてます。

というわけで、いまのところの決勝カード予想は「ウェールズvsイタリア」ですね。これは願望でもあります。

そして優勝予想はイタリア。願望はウェールズです!



ラムゼイ・ルイス・トリオ「ジ・イン・クラウド」がすごすぎ!

ウディ・アレン先生の新作『教授のおかしな妄想殺人』はちょいとファンにとっちゃ残念な映画でしたが選曲のセンスは抜群でした。

何度も繰り返される旋律に「この曲、なんて曲?」と思った方も多いことでしょう。

かくいう私もその一人。

調べてみたら、ラムゼイ・ルイスという人がリーダーを務めるトリオの『ジ・イン・クラウド』というアルバムの一曲目、そのまんま「ジ・イン・クラウド」という曲なんですね。

偶然にも中古屋で激安値で売られていたため速攻買い。で、例によってヘビロテ状態。

すごいですよ。とりあえずは聴いてみてください。




私は普通のジャズとフュージョンの区別もつかない人間なので知りませんでしたが、これは「ジャズ・ロック」というジャンルなんだそうですね。

そのジャンルを極めたのがマイルスの『ビッチェズ・ブリュー』なんでしょうか? よくわかりません。

映画を見るときは映画史の流れを念頭に置いて見ますが、音楽は歴史とか関係なくただ聴くだけなので。ライナーノーツを読んでも「ふうん、そうなんだ」と思うだけですぐ忘れてしまいます。

しかし、このリズムとメロディは忘れることなどできません。

グラミー賞受賞というのにも大納得です。



ギャラリー
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
  • 『スパイダーマン:スパイダーバース』(垂直ヴィジュアルの妙味)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード