聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ノンフィクションW『ゆきゆきて、原一男』(なぜもっと踏み込まないのか)

ノンフィクションW『ゆきゆきて、原一男 ~反骨のドキュメンタリスト70歳の闘争~』を見ました。

20150804-harakazuo_v

何といっても原一男監督といえば『ゆきゆきて、神軍』にとどめを刺すといっても過言ではないくらい、あのどぎつい傑作が代名詞ともなっています。

その原監督が、10年くらい前だったか、フィクションを1本撮っているんですが、本職のドキュメンタリーは94年の『全身小説家』以来、もう20年以上も発表してないんですね。してないというか、上の画像にあるように、いくつもの企画を並行して自分で撮影を行い、録音もしてらっしゃるようですが、完成もしてないし発表もできてない。

とはいえ、今年だったか来年だったか新作が公開されるらしく、それはまことに慶賀だと万歳してしまったんですが、この番組で満足したのはその情報だけで、被写体に肉薄する原一男監督を追ったにしてはどうにも煮え切らない作品でした。

だって、ディレクターさんが完全に及び腰なんですもの。

時折、質問する声がマイクに拾われてましたが、ものすごく遠慮気味で、原監督が答えると「「あ、そうですか」みたいなリアクションで、ぜんぜん突っ込んでくれません。

プロデューサーでもある奥さんとはよく映画を見に行くらしく(『呪怨』とか見るんですね。へぇ~~)その様子を撮ってくれたのはうれしいんですが、奥さんは足に障碍があり、プライベートを撮らせてほしいとお願いしても許可してくれなかったとナレーションが入るのみ。

そこらへんのせめぎあいをもう少し活写してほしいんですけどね。原監督にしても、かなりきわどい、普通なら人が撮られるのを嫌がること/ものにカメラを向けてきた人なわけだし、なぜ拒むのかな、と。

もしかしたら、ドキュメンタリーを撮りたいのになかなか撮れないのは自らの不寛容が原因なのでは? と思ってしまいました。

だって、自分は撮るけど、人が自分を撮るのは許さない、なんてねぇ…

『全身小説家』も久しぶりに見たかったけど、他の番組を録るために断念。再放送はあるかしら。つーか、『ゆきゆきて、神軍』をこそ放送してほしいんですけどね。無理なのかな。


中村文則『悪と仮面のルール』(講談社文庫)

『悪意の手記』『最後の命』に続く中村文則さんの三部作最終作『悪と仮面のルール』を読みました。

51xHHQ9zKWL__SX355_BO1,204,203,200_

出だしを読むとぐいぐい引き込まれて、終盤近くまでかなり一気に読んだんですが、結果的に、うーん、これもちょっとどうなんだろう、という小説でした。

「邪」の家系に生まれた主人公がその血ゆえに苦しみ、父を殺し、顔を変えて幼馴染の女を探し、JLという名のテロ組織を作って…という内容なんですが、まず「邪の家系」とか冒頭で父に言われる「おまえに地獄を見せてやる」の「地獄」とかの言葉が、ことごとく観念的で具体性がないのが致命傷ではないかと。

フィクションは観念の産物にすぎないと言ってしまえばそれまでですが、しかし、あまりにひとつひとつの言葉が硬く、腹にストンと落ちてこないんですよね。

湾岸戦争やイラク戦争の裏で何があったか、という説明がものすごく長台詞で述べられていますが、「説明するな、描写せよ」といった筒井康隆さんがこの小説を読んだら一笑に付すんじゃないでしょうか。

筒井さんの小説はまったく説明なんてないですもんね。登場人物の性格や来歴、物語の背景など、すべて展開とともにわかるようになっています。

中村さんの『掏摸』や『銃』だって説明的だとか表現が生硬だとかの感想は少しもなかったんですけど、この三部作はすべて読み終わって徒労感だけが残りました。

何か「頭」だけで書いてる感じがするんですよね。具体がない。

それと、自分で解説を書くのはよくないと思うのですが、いかがでしょうか?



リーガ第3節 首都マドリードvsカタルーニャ州都バルセロナの2試合

ちょっと前までなら1日に2試合も見る時間はなかったんですけど、もう時間を気にする必要はなくなったので、レアルの試合だけでなく、アトレティコvsバルサの試合も続けて見ました。

20150913_CR7_getty-560x373


レアルは「得点力不足」と批判されたのがはるか昔であるかのようなゴールラッシュ。
エース、クリスティアーノ・ロナウドが5ゴール1アシストの大車輪の活躍でだったし、ベイルのトップ下がようやく機能し始めてきたし、ベンゼマのポストプレーはやっぱり素晴らしいし、クロースがいなくても、カジミーロ、モドリッチ、コバチッチのセンターハーフに少しも危なげがなく、6-0の圧勝。

しかし、後味が悪いのも事実。

後半、5-0で勝っていたとき、エスパニョールのクロスがマルセロの手に当たったんですよね。主審は充分見える位置にいたにもかかわらず、PKの笛を吹きませんでした。どう見てもあれはPKでしょう。

同じことがアトレティコvsバルサの試合でもありました。

ネイマールのシュートがアトレティコの選手の手に当たったのに主審はハンドの笛を吹かなかった。バルサの猛抗議にも「脇を締めてただろ」というようなジェスチャー。でもスローで見るとぜんぜん脇を締めてない。あれは明らかにハンド、PKでしょう。

この2試合、1試合は愛するレアル・マドリードの試合であり、もう1試合は強豪同士の対決ということで見たんですが、奇しくも、多民族国家スペイン王国の首都マドリードのチームvsカタルーニャ州の州都バルセロナのチームの対決だったんですね。

カタルーニャといえば、独立運動が盛んであることがよく報道されてますが、どうも今日の主審はカタルーニャ独立に反対の立場で、それがジャッジに影響を及ぼした感があります。というか絶対そうでしょう。マドリード中央政府に反旗を翻すとこうなるぞ、みたいな。

レアルが大勝したけど、あまり気分がよくないし、逆にバルサが勝ってよかったと思います。そりゃマドリディスタの私からすれば、引き分けか、アトレティコが勝ってバルサが勝ち点0で終わってくれるほうが都合がよかったんですが、審判に試合を壊されるくらいなら実力通りバルサが勝つほうがずっといい。

ロナウドの圧巻5ゴールやフェルナンド・トーレスの先制弾にも燃えたし、ネイマールの劇的同点フリーキックもすごかったけど、主審の不可解な判定のあとのメッシの意地の勝ち越しゴールが今日の2試合通して一番感動した場面でした。

人間は政治的な動物だから、それぞれ政治的主張はあってかまいません。特に選手がそういう思いを胸に戦うのは相乗効果を生むと思いますが、審判が政治的立場から不公平な判定をするのは絶対に許してはなりません。

政治的主張をしたいなら試合中でなく、別のところでやってもらいたい。

と切に思います。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。