聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

少子化問題は政治家と官僚に責任がある!

ちょっと前に、女性が妊娠しやすい時期という折れ線グラフが「実態と合ってない」と問題になりました。

昨日だったかおとといだったか、新聞にその続報みたいなのが載ってたんですけど、記事の内容は忘れました。以下に綴るのは「少子化問題」について私が日頃思っていることです。

そもそも「少子化」って問題なんですかね?

もう何年も前に、「日本の人口が統計を取り始めてから初めて減少した」と話題になりました。

で、これは由々しき事態である、とメディアがこぞって取り上げましたが、由々しき事態のその実態とは、

「働く世代が減るから税収が減る」
「年金が破綻する」
「健康保険が破綻する」

とか、ぜ~んぶカネの話なんですよね。それも国家の。

誰も国のために子供を産んだりしないでしょうし、もしいたらアホですわな。産みたい人は産んだらいいし、産みたくない人は産まなければよろしい。それだけの話では?

『生物と無生物のあいだ』や『生物は分けてもわからない』などの著書で有名な分子生物学者の福本伸一さんがテレ朝の『サワコの朝』に出たとき、

「少子化だどうだとかそんなことに関係なく、遺伝子はもっと自由になりなさい、言ってるんだと思いますよ」

とおっしゃっていました。要は、産みたい人は産めばよし、産みたくなければ産まねばよし、ということですよね。

そりゃ、この国が滅んでしまえば明日からどうやって暮らせばいいのか途方に暮れるわけですが、もう出生率が右肩下がりなのはずっと前からなんでしょ? それならもっともっと前から対策を立てておけばよかった。将来これだけ人口が減って高齢化が進めば税収がこれだけ減るから、と算盤をはじいて政策を立案し、予算を組むべきだったはず。

何もしないで、わぁ困っちゃった、解決策は女どもにたくさん子供を産んでもらうしかない、さぁ産め、産め、産め。

と、いろんな手厚い手当だとかを考え出して子どもを産むとお金がもらえるみたいな仕組みづくりに汲々としてるみたいですが、一昔前の川柳にこんなのがありましたぞ。

「女はな手当ぐらいじゃ子は産まぬ」

秀逸! 座布団5枚!!!!!

そりゃそうでしょう。手当ほしさに子供産む人がいたらそれこそアホですわな。

だいたい、いまは子どもがほしくても金がないから産めない人もたくさんいるという話。それ以前に結婚したくてもできない人も大勢いる。

それは、いつかはトリクルダウンがある、という物語を信じ込ませて、結果的に格差を拡大させてきた政治家と官僚に過大なる責任がある。

自分たちの責任を棚上げして「子を産まない女は少しも役に立たない人間」みたいなことを平気の平左で言う人って、それこそアホですわな。

てか、自分たちの責任とわかってるから確信犯的に子を産まない女が悪い、もっと産め産めって連呼してるんですかね。だとしたらアホではないが狡賢い。アホよりよけい始末が悪い。

ところで少子化問題でいつも笑っちゃうのが、

「このまま人口減少が続くと、23世紀末には日本人がいなくなる(←数字は適当です)」

というもの。

んなもん、100年も200年もこの状態が続くわけないでしょう。この日本列島に1億3000万人もいるのがもう飽和状態だから「神の摂理」が働いて、少子化となってるんじゃないんですかね。だからある程度減れば今度は増えるでしょう。

だからやっぱり人口が減ることを少しも勘定に入れずに莫大な国債を発行してその場しのぎに血道を上げてきた政治の責任だと思いまする。

産みたくても産めない人のために保育所を充実させるとか、男の育休を取りやすくするとか、産め産めばかり言わずに、そういうところに知恵と金を使ってもらいたいもんです。

だから、管理職の4分の1を女性にするアイデアというの、私は賛成なのですよ。男ですけど。いや、男だからこそ賛成せねば、と思う今日この頃なのです。

ビバ! ビバビバ!!!



リーガ第6節 レアル0-0マラガ(戦犯はベニテス監督!!)

前節で首位に立ったレアル・マドリードがホームにマラガを迎えての一戦。前半は相手の術中にはまってしまい、後半は何度も崩しながらも結局決めきれず、マラガの思惑通り勝ち点1を分け合いました。


001l


クリスティアーノ・ロナウドが15本ぐらいシュート打ったんですけどねぇ。やっぱり調子悪いんでしょう。いつもの彼ならハットトリックできてるぐらいチャンスが多かった。


前半は解説者の言っていた通り、マラガが中央を固めて、サイドからクロスを入れる一本調子な攻撃で少しも面白くなかったですが、ハーフタイムでもっと相手のバイタルエリアに入り込めと指示が出たらしく、中央でワンツーを使って崩したり、左右に散らしてマラガ守備陣を混乱させたりいろいろ手を尽くしたものの、結局無得点。ケイロル・ナバスが絶好調でまたも無失点だったけど、得点できなれば勝てるわけがありません。


まぁこういう日もある、と思えるといえば思えるんですけど、大いに疑問なのはベニテス監督の采配。


なぜ怪我したヘセに代えてコバチッチを入れただけで、残りの交代枠を使わなかったんでしょう??? ベンチにはルカス・バスケスもチェリシェフもいたのに。


考えられるのは、1点取ればカジミーロやアルベロアを入れるつもりだった、ということですかな。しかし、逃げ切る前に1点取らなきゃ意味がないわけで、いくら何でも残り15分の段階で一気に2枚替えして状況をガラリとえるべきじゃなかったでしょうか。逆にマラガは交代で入ったフレッシュな選手が数少ない攻撃時にボールキープして時間をうまく使ってましたよね。(それとアムラバトというのはいいCFですね)


ベニテスって守ることしか考えてないの? いや、チャンピオンズリーグを獲ったことのある監督がそんなわけないと思いますが、それにしてもハメスもベイルいないなか、ルカス・バスケスやチェリシェフにとってはアピールするいいチャンスだったわけで、そういう若手のやる気を引き出す意味でも使ってあげてほしかったな。


そういう前向きなスコアレスドローならまだいいけど、今日みたいな後ろ向きなスコアレスドローはいただけません。いくら相手GKカメニが大当たりだったとはいえ。


「ロナウドの調子が良ければ勝っていた」とか選手のせいにすることだけはやめてほしいです。
 



リーガ第5節 ビルバオ1-2レアル(めちゃ面白い試合!)

今節はミッドウィーク開催。それもビルバオのホーム要塞サン・マメス・バリアでの一戦。


images4YR3V4UE


ベンゼマの2発で勝利しましたが、ケイロル・ナバスの連続無失点記録は途絶えました。


途絶えてよかったと思いますよ。いつかは途切れるんだし、いくら連続無失点記録を作ってもタイトル取れなければ意味ないし。早いところ記録が途切れて、そのうえで勝つのが最上だと思ってましたから。この結果はよかったのでは?


守備時4-4-2、攻撃時4-3-3という変則的フォーメーションが最初はどうなのかな、と思いましたけど、ぺぺ&バランのCBコンビと3人のボランチのバランスが良かったんじゃないですかね。その代わりサイドを崩されてましたが。


モドリッチが素晴らしいのは言わずもがなですが、初スタメンのコバチッチが攻守に際立ってましたね。


マン・オブ・ザ・マッチにはこのクロアチアコンビか決めるべきときに決めてくれたベンゼマを選びたいところですが、やっぱりケイロル・ナバスかな。今日も。


いや、今日の試合では、特に誰が一番というわけではなく、チーム全体としてよかったように思います。


特に、CBまたはクロースからのサイドチェンジのボールが、相手DFがぎりぎり触れないところ、かつ見方がうまくトラップして前へドリブルできる絶妙のところへ飛んでいたのがよかったですね。ダイレクトプレーも多く、人の流れとボールの流れがダイナミックで見ていてとても楽しかった。再三再四のギリギリのタックルもよかったですね。ああいうことをやってくれるとナバスも守りやすい。失点はしたけど、ビルバオの攻撃をよくしのいだと思います。


だんだん、「チーム」として醸成されてきたんじゃないですか。不安なのは、クリスティアーノ・ロナウドがいまひとつ乗れてないところ。こないだ2試合で8点取ったのは何だったんだろう?


バルサがセルタに負けてくれたので(それにしても1-4とは驚き)これで首位。このまま突っ走れ!!!
 



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。