聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

看護師? 看護婦?(『嘆きの天使 ナースの泪』を見て)

城定秀夫監督の『嘆きの天使 ナースの泪』を見ました。

取り立てて面白いという映画ではありませんでした。城定監督の作品なら、例えば『女の犯罪史』とか『悦子のエロいい話 ~あるいは愛でいっぱいの海~』とかは傑作と思いますが、この映画はそれほどの作品とは思えません。主演の神咲詩織さんはよかったですけど。

さて、この映画を見ていて「お」と思ったのが、主役のナースが、「看護婦さん」と呼ばれて、「あ、いまは看護師さんですよね、すいません」と言われたとき、「看護婦さんでいいですよ。看護師って何かあたしイヤで…」と言っていたシーン。

これは、主人公の気持ちとして描かれているけれど、おそらくは脚本を書いた城定監督か貝原クリス亮さんのどちらかの、あるいはお二人ともの思いなんだろうなぁ、と思いました。

私も「看護師」という言葉が大嫌いでして。いつからでしたっけね、看護師と言わねばならなくなったのは。もう10年ぐらいたつんでしょうか。

よく、最後の「シ」がきつく冷たい印象を与える、と言われますが、まったくそのとおりかと。「カンゴシ」と「カンゴフ」では圧倒的に後者のほうに温かみを感じます。

でも、いまは非常にうるさい時代になってまして、文字にするときに「看護婦」だと女性差別になるんですってね。スチュワーデスをキャビンアテンダントと言い換えなければならなかったり、世の中のいったいどれだけの人がそれを望んでるのか知りませんが、おそらく少数派だと思います。

さて、看護婦がダメならやっぱり看護師しかないのか、というと事態は簡単でして。

女なら「看護婦」、男なら「看護夫」と文字にするときだけ書き分けて、口にするときはいずれも「カンゴフ」でいいと思うんですよね。

いかがでしょうか?


陸上自衛隊幹部が隊員に遺書を書かせたことについて

数日前の新聞に、「陸上自衛隊の幹部が隊員に遺書を書かせた」と否定的な論調で記事が載っていました。

昨日、与党の強行採決で成立してしまった解釈改憲による集団的自衛権を認めた戦争法案に私は断固として反対ですが、自衛隊に所属する人間がいつ死んでもおかしくないようにしておくことが間違っているとは少しも思えないんですよね。

記事では、これから日本は戦争できる国になってしまう、それを踏まえたうえでの措置でまことに嘆かわしい、という論調でした。

戦争できる「普通の国」になってしまうのは本当に嘆かわしいことです。これまでの70年間はいったい何だったのかと虚しくなるばかりです。

でもね、集団的自衛権は昨日認められたばかりですが(私は認めませんが)個別的自衛権はもともともってるじゃないですか。

つまり、他国から攻撃を受けたら自衛隊のみなさんには防衛のために命を懸けて戦ってもらわなくてはならないんです。そのために私たちの税金から給料もらってるわけでしょう? だから「いつ死ぬかわからない」「いつ戦争に巻き込まれるかわからない」という意識は、集団的自衛権云々に関わらず自衛隊員である以上、常にもっていてもらわないといけないものなんです。

確かに、戦争法案を与党が強行採決にもっていこうとしているときにこういうことが明らかになったというタイミングの悪さはあるでしょう。でも、遺書を書かせること自体が悪いことだとは少しも思いません。

湾岸戦争やイラク戦争のときも、自衛隊員の奥さんにインタビューすると、「いつ死んでしまうか…」みたいな答えが返ってきて、マスメディアはそれを「あってはならないこと」とセンチメンタルに伝えてましたが、軍隊に属する人間がいつ死んでしまうかわからないなんて当たり前のことでしょう。それがいやなら自衛隊員と結婚なんかしなきゃよかったんですよ。

そして、あろうことか、当の自衛隊員までもが「困ったことになった」とか言っていて、アホかと思いました。

国を防衛する役目を担っている者が「いつ戦争に巻き込まれてもおかしくないからつらい」なんて、それこそ「あってはならないこと」ですよ。彼らは自衛隊員が安定した「公務員」だから志願しただけなんじゃないの、と邪推してしまったもんです。

積極的平和主義とかまったく意味不明だし、そういう他国を侵略したり武力で干渉することはやめてほしいけれど、専守防衛までもがダメみたいな論調はやめてほしいですね。


レアル・マドリーの新主将は?(カシージャス退団をめぐって)

数日前にこんな記事を見ました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00328288-soccerk-socc

レアル・マドリーの新しいキャプテンは? というものです。

20141002_kasijyas_getty大方の予想どおり、これまでラウールのあとをついで主将になったカシージャスをポルトへ売却しました。
このこと自体は私は別に悪いこととは思っていません。モウリーニョがカシージャスを冷遇したといわれてましたが、それは個人的な好き嫌いではなく、キーパーとしてカシージャスは優秀じゃなかったからです。その証拠に、反射神経においてはカシージャスには数段劣るけれども、ポジショニングが的確でセーブよりもシュートを打たせないキーパーたるディエゴ・ロペスを重用していました。カシージャスはずば抜けた反射神経でスーパーセーブを連発していましたが、シュートを打たせすぎ、前に出て相手のチャンスの芽を摘むより、下がってセーブすることを優先していました。そこがモウリーニョの逆鱗に触れてしまい、キーパーとして超一流ではないことが露見してしまいました。

昨年のチャンピオンズリーグ決勝での失点がそれを如実に物語っていると思います。

アトレティコのコーナーキックで、カシージャスは前に出るべきでないところで出てしまい、失点しました。「前に出ないキーパー」と批判されたために「前に出なくては」という意識が強くなってしまったのでしょう。本来のプレースタイルではないことをやろうとした結果、ああいうことになってしまった。

あのままセルヒオ・ラモスの劇的な同点弾がないままデシマ達成が成らなかったら、カシージャスは戦犯として放出されていたと思います。
今シーズンの彼もあまりよくなかった。さすがにもちまえの反射神経を活かしたスーパーセーブもあったけれど、シュートにまったく反応できなかった場面も少なくありませんでした。

生え抜きであろうと主将であろうとチームの象徴であろうと、もはや優秀でないキーパーを置いておく理由はありません。だからカシージャス放出を私は支持します。(でも、フロレンティーノ・ペレスは最初から記者会見に同席すべきだったと思いますが。26年もマドリディスタとして働いた人間に対して敬意がなさすぎます)

で、主将が去ったからには来季からは新しい主将が生まれます。普通に考えれば副将セルヒオ・ラモスがキャプテンマークを受け継ぐところなんですが…

news_113990_1
年俸に不満があるのにペレス会長は首を縦に振らないとか、前監督アンチェロッティを解任したことに激怒してるとか、とにかく遺跡の噂が絶えません。

守備の要なので残ってほしいけど、あのアホな会長はド素人なのでそんなことお構いなしに高く売れるなら売る、反旗を翻す奴は売る、ということなんでしょう。

昨日は「ラモスは売らない」と言ったらしいですけど、交渉を優位に進めるための方便としか思えません。(いつもすごい活躍してるんだから年俸上げてやったらどうなのか。儲かってるんだから)

では、誰が新主将になるのか。

昨季までの第3キャプテンはマルセロでした。だからセルヒオ・ラモスが移籍してしまうなら、マルセロが繰り上がって主将になるところです。在籍年数でもトップですしね。

だけど・・・





member_23296_1
んんんーーー、マルセロってこういう顔なんですよね。
かわいらしくてムードメーカーというのはわかりますが、何というか、カシージャスやセルヒオ・ラモスに比べると「主将」という風格に欠けるんですよね。

チームのまとめ役にはいいのかもしれないけれど、マルセロが檄を飛ばしてはたしてチームの士気が上がるのかしらん? と考えると、ちょっと不安です。

第4キャプテンはペペ。ペペならまぁいいかな、と思うけど、何か彼もちょっと違うような。

風格といえば、クリスティアーノ・ロナウドを主将にする案もあると上の記事では書かれてますが、私は反対。彼はいい意味でも悪い意味でもエゴイスティックだから。そういう選手がいてもいいけど、主将にはちょっとね。

うーん、やはり生え抜きをどんどん放出してきたツケが回ってきたかな、という感じですね。もう誰もいない。

というわけで、セルヒオ・ラモスがもし奇跡の残留を果たすなら、それは、「他に主将になるべき選手がいないから」という前代未聞の理由によってじゃないか、と思ってしまうのでした。

 

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。