聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

『平成ジレンマ』(戸塚ヨットスクールの30年、そして現在)

ここ数年、テレビ番組から劇場公開になることが多い東海テレビ制作のドキュメンタリー。2010年『平成ジレンマ』。

02837355


戸塚ヨットスクールといえばある年代以上の人なら誰でも知ってますよね。訓練生に激しい体罰をしたせいで死亡してしまい、30年前ものすごく話題になった学校です。

あのとき私は子どもだったので、「こんなところに入れられたらいやだ」ぐらいしか思ってませんでしたが、長じてから校長が「TVタックル」に出て独自の教育論を話すところなどを見ていると、「あ、この人ってすごくまともなんだな。あのときのマスコミとか有識者と言われる人のほうがおかしかったのでは?」と思うようになりました。

この映画の作り手は明らかに校長寄りの立場ですが、できるだけ中立を保とうとしていることが窺われ、好感がもてました。ま、しょせん神ではない人間に「中立」など不可能ですが、それを目指すことはドキュメンタリー作りにおいては大事なことでしょう。でないと一方の主張を押しつけるだけのお説教になってしまうし。

この映画の場合、そういう「作品の作られ方」よりも、やはり校長の言っていることは是か非か、というところですね。

見る人の数だけ主義・主張があるんでしょうが、私もやはり校長寄りの立場です。

昔の映像を見るとかなりひどい体罰が行われていて、あれはいくら何でもひどいと思いましたが、「子どもは何もわかってないんだから体で覚えさせなきゃいかん」という主張に意義はありません。

いまじゃ「体罰は絶対ダメ」というイデオロギーが支配的ですが、体罰そのものがいけないという論調にはまったく同意できません。行きすぎた体罰がダメなんであって、教育的配慮からくる体罰は構わないと思います。私自身、教師から張り倒されたことがありますが、いまはよかったと思ってますよ。クラスメイトが体罰を受けても「あれは殴られるほうが悪いね」とみんな思ってたし、PTAも問題にしたりしませんでした。

そういえば、中学時代に好きだった体育教師が10年ぐらい前に自殺したんですが、その先生はたまに体罰をする人でした。でも、行きすぎた体罰をしたことはありません。ここで殴らなかったらこいつはダメになる、というときしか殴らなかった。当時は問題になることはまったくありませんでしたが、世が移り、体罰そのものがダメな時代になって自分の教育哲学の行き詰まりを感じたのか自殺してしまいました。いい先生だったのに。殺したのは誰だ!!

マスコミやPTAですよ。馬鹿な大人たちですよ。

新聞にはたまに、「○○市の××学校で体罰」と見出しが出ます。その体罰がどういう経緯でなされたものかなんて少しも検証しない。体罰が報告された、それは殴ったほうが悪いに決まってる、記事を書いて吊るし上げよう。

殴るべきでないときに殴ったのなら殴ったほうが悪いに決まってますが、殴られたほうが悪い場合だってある。その可能性をいっさい調べずに暴力を振るった人間を吊るしあげて曝しものにして終わり。いったいどっちが暴力的なんだか。

この映画のなかで、自傷行為が癖になってる女の子が入校してくるんですが、結局学校の屋上から飛び降りて死んでしまうんですね。

するとマスコミが校長を取り囲んで「責任はないと言い切れるのか」とか「管理体制に問題はなかったのか」と問い詰めます。校長は、「あんな突発行為を止めることなど不可能」と言い切ります。そうでしょう。そんなことで責任を問われたら誰も問題のある子どもを受け容れる人がいなくなってしまいます。

校長は、「いまは生徒のほうが教師より上になってしまっている」と指摘し、私も常日頃からそう思っているので我が意を得たりという気持ちでした。何しろ生徒に教師の評価をつけさせるというんですから。校長は「教え方じゃない。憶え方だ」と言いますが、その通りだと思います。「教え方が悪い」とかいう生意気な子どもは殴ってでもわからせるべきです。

懲役を食らった人に、教育に関して講演してほしいと依頼する人がいて、聴講しに来る人がいるんですから、やはりあの校長の言には一理あると思いますね。いまだに「この子をお願いします」と全国の親御さんから多くの子どもが連れられてきてますし。すべての言葉が正しいとは思いませんが、根っこは間違ってない。

自殺した女の子について校長は、「ああいう子がなぜ生まれたのか、根っこを見てくださいよ。あの子をああいうふうにしてしまった原因は何なのか、そこを追及してもらいたい」

この言葉を「逃げ」と取る人間が減り、「まっとう」と受け取る人が増えることを切に望みます。



新リーガール武田玲奈ちゃんが異常にかわいい件について

もう新シーズンのリーガ・エスパニョーラが始まって2か月近くがたとうとしているときにナンですけど、新リーガールに選ばれて活躍中の武田玲奈という女の子が異常にかわいいということを、ひとつみなさまにご報告申し上げます。

hqdefault

第1節の「リーガ・ダイジェスト!」で紹介されたときに、「何だかぜんぜん汚れを知らない純真無垢そうな子だなぁ」と思ったんですが、それはいまでも変わりません。いや、永遠に変わらないでもらいたい。

こういう子が娘だったら、もう門限5時ですね。

これまでの歴代リーガールもそれなりにかわいい子だったと思いますが、いかんせん、憶えてません。しかし、この武田玲奈ちゃんは来季になってリーガルお役御免となっても忘れられないでしょうね。つーか、リーガールやめないでもらいたい。

だって、いままでリーガールが紹介するスペインのプチ情報なんて正直申しまして見てなかったんですよ。司会者がまた来週って言ったところでビデオ止めちゃってたので。

それが今季はリーガールのコーナー毎週見てるんです。それぐらいこの武田玲奈ちゃんの破壊力はすさまじいものがあります。


takedarena


まだ17歳ということでやはりJKの格好が似合いますね。つーか、ほんと異常にかわいい。門限3時!!!

いやいや、3時でも生ぬるい! もう家から出しません。外はバイ菌がうようよしてますから。私みたいなバイ菌がね。

かくなるうえは、WOWOWさん、この子を「終身名誉リーガール」に任命してください!!!



リーガ第7節 マドリード・ダービーの主役はケイロル・ナバス!!!

今日はレアルド・ダービー。舞台はアトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンということで、引き分けでもオーケーと言いたいところですが、やっぱり勝ってほしかった。

終始、ボールは支配していても、試合は支配しきれてなかった。解説の都並さんが言ってた通り、サイドバックが上がるとトリボーテの両サイド、クロースとモドリッチがその穴を常に埋めていて堅い守りではあったけど、スペクタクルに欠けるサッカーでした。

何かこう、最初から引き分けを狙ってるというか、首尾よく前半9分にベンゼマが千載一遇のチャンスを見事に決めてくれましたが、そこから是が非でも追加点を取る!という積極性はあまりなくて、そのまま逃げ切ろうとしていたのはすごく不満です。

でも、守護神ケイロル・ナバスの大活躍には目を瞠りましたね。

img_1b38bb373da86cde543f53977dcfc17f116015

グリーズマンのPKを止めた場面しかり、最後の最後、ジャクソン・マルティネスの決まってもおかしくないシュートを止めたスーパーセーブの場面など、今日のレアルのメンバーで一番輝いてました。というか、最近はこの人がほとんど一番輝いてますが。

カシージャスが「聖イケル」と言われていたころ、チームは低迷していました。今期も7試合終わって4勝3分け。無敗なのはいいんだけれど、引き分けが多いのが気になる。バルサもビジャレアルも負けてくれたしセルタも引き分けということで順位が上がったわけですが、何だかすっきりしないなぁ。

めちゃ面白い試合ではあったんですけどね。特に最後の数分はスペクタクル!!! 

ああいうサッカーを全面的に展開してほしいんですけどね。少々失点してもいいから常に3点以上取るぐらいの。

贅沢? いやいや、昨季までのアンチェロッティはそういうサッカーをやってましたよ。いまは負けないけど勝ちきれないし、無得点のときも多いし。

ハメスが帰ってきたらまた違うんでしょうけど。



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。