2020年01月22日

Fさんにまつわるあれやこれや

いまの職場にはとても面白い人がいます。

以下、特徴を箇条書きにしてみます。

・みんなから嫌われている。
・仕事を憶えようとしない。
・そのくせ偉そうに命令だけはする。
・「私は指示する人間です」と自分の地位にあぐらをかいている。
・自分自身を客観視できない。
・顔がドラキュラみたい。

というような感じです。まぁどこにでもいると言えばどこにでもいる輩ですな。

この人(仮にFさんとしましょう)について昨日、仰天してしまうことを聞きました。

何でも、私にパワハラ告発されるんじゃないかと恐れているらしい、と。


なんでやねん

確かに去年、自分のことを棚に上げて他人を非難してばかりなので一喝したこともあるし、その半年後くらいには別の部署の問題児(この人も確かに問題多いけどFさんに比べたらまだまだかわいげがある)のことをトップの人に直談判したことがあり、結構いろんな人に聞こえていたみたいなので、それで恐れているのか。

どちらにしても「パワハラ」という認識はまったく違うでしょう。

あの人はパワーハラスメントをしているのではなく「自分には何ができて何ができないかがわかっていない」ことに問題がある。

自分はこの仕事ができない、あるいは苦手である。

そういう認識をもって初めて「これは誰それに聞いて憶えよう」「こっちは他の人に聞こう」という行動が生まれるわけで、自分にできることとできないこと、わかっていることとわかっていないことの区別がつけられることをほんとの「知性」だという、というのが私の持論なのだけれど、Fさんには「知性」がない。

それが最大にして唯一といっていい問題なのに「パワハラ告発を恐れてる」って、それこそ自分が抱えている問題がわかっていない、つまり知性がないということ。

Fさんに教えてあげたくてうずうずしてしまう。あなたは言葉の本当の意味で頭が悪いんですよ、と。「何かがわからない」ことを頭が悪いとは言いません。「何がわからないかがわからない」ことを頭が悪いというのです。

しかしま、Fさんのおかげでそれ以外のみんなが一致団結できているので、いい効果もあるのかもしれない。(そういえば1年前はHさん以外のみんなで一致団結していたっけ。Hさんはもういまやれっきとした我がチームのリーダーですぜ。愛すべき天然ボケ)


弟子がほしい件
さて、話題はガラリと変わって、別の部署の女性に弟子ができたんですね。と思っていたら、その人が近々辞めると今日になって聞きまして、だからただの引継ぎなんですけど、しかし弟子には違いない。

私もホテルの客室清掃の副責任者をやっていたときは新人にベッドメイクを教えたりする側だったからわかるけれど、その女性が弟子に仕事を教えている姿がとても楽しそうなんですよ。

images.jfif

そう、確かにあれは楽しい。

弟子がこちらの「教えてあげたい気持ち」をくすぐってくれると教え方にも熱がこもってしまう。

そして、教えているうちに「自分はこういうことがわかっていない」ということに気づかされる。弟子の無垢で素朴な質問にハッとなることがある。

そのとき師匠として「学び直さなければ」という気持ちになる。

よく「地位が人を作る」というけれど、それは「この地位にふさわしい人間にならねば」という気持ちがその人自身を成長させるからでしょう。

だから、Fさんは長らく指導的立場にいたらしいけれど、そういう立場にあぐらをかいて学ぶ気持ちをおろそかにしてきたからあの歳でその地位にふさわしくないどころか、子どもみたいなわがままを言い、挙げ句の果てに「パワハラ告発されるのでは……」などという頓珍漢な疑惑が頭の中で渦を巻いているのだと思う。

私は弟子がほしい。つまり後輩がほしいのだ。別の部署では後輩が何人もいるが、その部署では指導的立場の人間しか教えてはいけないことになっているので師匠になれない。

本来の部署と別の部署と両方の仕事ができるのは実は私だけで(いまのところ)今日はそれをほめてくれる人がいたのだけど、それはあくまでも私が「弟子として優秀」であることにすぎず、やはり師匠として優秀であることも見せなければFさんのことを笑っていられないな、というのもまた事実。

というわけで、嗚呼オレも弟子がほしい、と思った真冬の雨中でした。





2020年01月18日

先日発表されたアカデミー賞ノミネーションにおいて、演技部門にノミネートされた有色人種が一人だけだったとかで「多様性の欠如」と批判されているとか。

stephen-king

そこへアカデミー会員でもある小説家のスティーブン・キングが、

「芸術において多様性を考慮したことは私は一度もない。クオリティだけだ。それ以外は間違った行為だと私は思う」

という発言をして非難の集中砲火を浴びているとか。

まったくナンセンス!

キングの発言がじゃなくて、キングが非難されることがです。

キングはちゃんと機会の平等は担保されるべきだって言ってますよね。機会の平等が担保されているかどうかが大事なのであって「結果の平等」まで求めるのは無理筋です。最近はいつでもどこでもPC=政治的正しさばかりを求める人が増えてしまいました。困った風潮だと思います。


5c6320fa3b000075036ac7fb

『華氏911』という映画がありました。ジョージ・W・ブッシュを批判することは「政治的に正しい」行為でしょう。しかし、この映画は政治的な主張をすることに躍起になってしまったために致命的な欠陥があります。

それは「ブッシュがアルカイダと結びついている」という作者の言いたいことをナレーションで語るだけ、というもの。映像的な裏付けが何もない。ただ言いたいことを垂れ流しているだけの映画でした。

つまり、政治的主張が正しいからといってその映画が優れていることにはならない、ということです。

多様性というのは大事なことでしょうが、その追求のために作品の質が落ちたんじゃ意味がない。今回ノミネートを逸した作品がそうだとは言いません。ほとんど見てないし、見てない以上は口が裂けても言えない。(しかし世の中には見てない映画のことを語る輩が何と多いことよ)

確かに、結果の不平等は機会の不平等につながります。

「ノミネートされただけでも家が建つ、日本とはえらい違いや」とは、私に映像編集の極意を教えてくださった谷口登司夫さんの言葉ですが、ノミネートされればギャラも上がってオファーも増える。機会の平等を追求するためには白人男性ばかりの会員の構成を是正していくべきです。(すでにいろいろと手は打ってあるみたいですけど)

しかし、それは映画芸術科学アカデミーという「組織」が考えるべきことであって、純粋に「一個人」が投票するときに結果の平等など考えなくていい。

これが面白かった。これもよかったけど、あっちのほうがよかった。

お祭りなんだから無邪気に楽しめばいい。お祭りに政治などもちこんでもらっては困る。






2020年01月16日

2020年1月期に見始めたドラマとアニメは全部で6本。

見始めた順に簡単な感想を。


『贋作 男はつらいよ』
これはきつかったですね。桂雀々はまだ芸達者なほうでいいんですが(でも渥美清のほうが百万倍は上)常盤貴子の芝居とか見てられない。どうしても倍賞千恵子と比較してしまう。他の面子も同様。
お話がどうとかいう以前に、というか、同じ話じゃないですか。同じ話だからこそ役者の芝居で魅せてくれないと見てられない。第1話でリタイア。


『映像研には手を出すな!』
images.jfif

『四畳半神話大系』の湯浅政明監督が5年ぶりに手掛けるというテレビアニメ。
第1話では「メタ・アニメ」なのかな、と思ったら、第2話では特別そういうわけでもなく、アニメ好きが自分たちが作ろうとしているアニメの世界で楽しく遊んでいるだけというか。登場人物たちは楽しいんだろうけど、見ているこちらは少しも楽しくない。出演している芸人たちだけが楽しんでて少しも笑えないバラエティと同じようなものか。
次回以降の展開に期待します。


『pet』
pet

東京時代の恩師である村井さだゆきさんがシリーズ構成をなさっているということで見始めたんですが……うーん、これは面白いとか面白くないとかいう以前に私には合わないです。世界観なのか何なのかはわからないけど。恩師の作品ですが2話の途中でギブアップ。


『知らなくていいコト』
ogp2

吉高由里子の作品はすべて見るようにしています。女として魅力があるとは思わないけど、女優としては素敵すぎる。なぜなら「主役しか似合わない」から。あんなに個性豊かな役者が脇にいたら主役の邪魔になってしまう。だからこの子が脇役の作品って私はデビュー作の『紀子の食卓』しか知らない。あの映画でも異彩を放っていました。(もう14年前!)

それはともかく、この『知らなくていいコト』はなかなか大きなテーマを扱っていますね。

母親が死ぬ直前に「あなたはキアヌ・リーヴスの子だ」と言い、まさかとは思いつつも喜んでいたら、実は殺人犯の娘だった。第1話では「殺人犯の遺伝子」を理由に彼氏に振られ、第2話では「DNAマッチング婚活」なるものが取り上げられる。

市川由衣(何でこんな役で出てるんだろうと思ったら、そういうことかという展開でしたね)のセリフがすべてを象徴しています。

「洗脳じゃありません。科学です」

洗脳は宗教の分野だとでも言いたいのでしょうが、いかんせん、科学もまた宗教なんですよね。たいていの科学者(特に数学者や物理学者)は神の存在を信じているらしいですから。

DNAの魔力を信じて吉高を振った重岡大毅と、そんなものなどどこ吹く風と彼女が殺人犯の娘と知りながらプロポーズした元カレの柄本佑。一人の女をめぐる二人の男の対立がこの物語を貫くメインの葛藤ということになりましょう。

そこに「科学」と「宗教」がどう関わってくるのか。いや、科学など私にはどうでもいい。「宗教」の領域に踏み込んでくれなくては意味がない。

「好き」という気持ちだって「宗教」ですから。


『彼らを見ればわかること』
耐えきれず20分ももたずにリタイア。なぜ小説家に脚本を書かせたんでしょうか? 脚本家に小説は書けても小説家に脚本が書けるとはかぎらないのに。戯曲>シナリオ>小説の順に難しいのは常識です。


『コタキ兄弟と四苦八苦』
images (1).jfif

前作『獣になれない私たち』は好きになれなかったけど、『逃げ恥』の野木亜紀子さんの新作ということで見始めました。開巻早々「監督:山下敦弘」と出たので不安になりましたが、テレビドラマは映画ほど監督の色が出ないのか、あまり間延びしてなくてホッと一安心。

常識的な兄と非常識な弟という鉄板設定。しかも未婚の兄に対して弟のほうが人情味があってモテそう(既婚)というこれまた鉄板設定。

この二人は『第三の男』のジョゼフ・コットンとオーソン・ウェルズですよね。人情よりも社会正義を重んじるジョゼフ・コットンが古館寛治で、不正を犯したオーソン・ウェルズが滝藤賢一。女=アリダ・ヴァリ=市川実日子は、違法だけどやさしさを見せる滝藤賢一を選び、社会正義を貫いた古館寛治は決して選ばれない。

それだけなら名作を焼き直しただけですが、滝藤賢一も妻から離婚を迫られているのにサインできない。「他人の離婚届なら簡単にサインできるのに」というセリフがこのキャラクターをより深いものにしていると感じました。

この作品も二人の男がメインの対立軸ですね。

『知らなくていいコト』と『コタキ兄弟と四苦八苦』、どちらに軍配が上がるか。

どっちも頑張れ!!!