2020年03月31日

志村けんが死んだ。職場の同僚さんはショックで立ち直れないと休んでいる人がいますが、私はそれほどではないものの結構なショックを受けています。

『8時だョ! 全員集合』より『ドリブの大爆笑』のほうが好きだったし、周りもだいたいそんな感じでしたが、いまだにはっきり憶えているドリフのコントは『全員集合』のやつなんですよね。

なぜかはわからないが、あまりに面白くて翌日の授業中にも噴き出してしまい、廊下に立たされたほど。

YouTubeにあるかなと思って検索したけれど、ヒットしない。同じようなのがあったけど、違うんですよね。私が見たのは小泉今日子がゲストで出てるやつなのです。でも、いいのさ。憶えてるから。

どんなコントかというと、「ドリフの国語・算数・理科・社会」というのがありましたよね。あのシリーズの1本です。

仲本工事も高木ブーも加藤茶ですらその他大勢の一人。完全にいかりや長介と志村けんの二人芝居でした。」


x1080.jfif


以下、採録します。


いかりや「いいか、みんな。ここにリンゴが5つあります」
志村けん「誰の」
いかりや「誰のでもいいんだ。ここにリンゴが5つあります」
志村けん「だから誰の」
いかりや「だから誰のでもいいんだよ!」
志村けん「誰のでもいいってそんなのあるかよ。誰のかわかんなかったら気色悪い。なぁ、みんな!」
いかりや「わかったわかった。じゃ先生のだ。先生のリンゴが5個あります。そのうち3個食べました」
志村けん「誰が」
いかりや「誰でもいいんだよ!」
志村けん「誰かわからないのに食べたって言われてもなぁ」
いかりや「じゃ、おまえだ。志村が食った」
志村けん「先生のリンゴ食べるなんて俺そんなことしねえよ」
いかりや「じゃ先生だ。先生が自分のリンゴを3個食べた。それでいいな?」
志村けん「先生さ、いろいろさっきからめんどくさいこと言ってっけど、それって結局5引く3でしょ?」
いかりや「え、志村……おまえわかるのか」
志村けん「5引く3なら最初から5引く3って言ってくれたらいいのに誰のリンゴが5個あるとか何とか言うからややこしくなっちゃうんだよ。先生、俺たちのこと馬鹿にしてるだろ」
いかりや「志村、先生悪かった。謝る。よし志村、行くぞ。5引く3は?」
志村けん「わかりません!」

ドヒャアァーーーーーーーーーーー!

とまぁ、こんな次第。

しかし、ドリフって同じネタをアレンジして再演したりしてましたっけ? 私が憶えているのは確かに小泉今日子がゲストのやつなんですけどね。

もしかしたら自分で自分の記憶を勝手に捻じ曲げてしまっているのか。

それはそうと、さっきテレビで「おととい亡くなったコメディアンの志村けんさん」と言っていたけれど、確かに志村けんやいかりや、ひいてはドリフターズの面々は「コメディアン」という呼称がふさわしい。「お笑い芸人」というと何か気の利いたコメントをする人、程度の意味合いしかないような気がします。

コメディアンと呼べる人が少なくなったこの時代に、巨星がまたひとつ墜ちました。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月30日

ちょいと前にも言いましたけど、明日3月31日をもって当ブログはガラケーでは読めなくなるそうです。
4月からはパソコンやスマホなどからアクセスしてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
早いもので、もうすぐ4月なんですね。ついこないだ年が明けたような気がしますが。

さて、4月といえば入学式ですが、今年の4月に小学校に入学する人が2013年の4月2日から2014年の4月1日までに生まれた人というのはもはや常識です。

でも、学年そのものは「4月1日から翌年の3月31日まで」なのになぜ4月2日生まれから新学年なのか知っていますか?

私は日本年金機構で働いていたときに職員に教えてもらいました。

突然、話は年金のことに変わりますが、ある人が3月31日で退職したとします。すると厚生年金の資格も喪失しますよね。

その場合、資格喪失の日にちはいつになるか。書類には「3月31日退職」と書かれてあっても社会保険オンラインシステムでは「4月1日資格喪失」になるんです。

その理由を職員に尋ねたところ、こんな答えが返ってきました。

「それは民法の規定によるんです。3月31日に資格喪失にするとその日の0時、つまり3月30日の夜の12時で退職したことになる。つまり31日退職なのに30日退職になってしまう。だから3月31日いっぱい会社に在籍していたのならその翌日を資格喪失日にしないとシステム上不都合が生じるんです」

あ、なるほど。じゃあ、4月2日生まれから新しい学年というのも同じ理由なんですね?

と訊いたら、その通りですと。

「3月31日退職なら4月1日厚生年金資格喪失になる」を逆にして応用すればいいわけです。

つまり、4月1日に生まれたら、何時に生まれようと民法の規定ではその日の0時、つまり3月31日の夜の12時に生まれたことになる。つまり民法上は3月31日生まれ。だからひとつ前の学年になるわけです。

4月2日生まれなら民法上は4月1日生まれになる。だから「4月2から翌年4月1日生まれまでが同じ学年になる」というわけです。

言われたみたら、なぁ~んだ、ってな感じですが、こういうところにも「現代社会はフィクションでいっぱい」という日頃の私の主張が如実に表れているな、と。

だって、いつ生まれても法的には前日に生まれたことになるんですよ。いつ会社を辞めても年金的には翌日に辞めたことになるんですよ。これが「フィクション」でなくて何なのか。

法律なんて実在しません。実在しているとみんなが思い込んでいるだけです。


関連記事
同性婚問題(「神」というフィクション)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加