2019年12月03日

Netflix製作ながらアカデミー賞に絡むということで一週間限定公開のノア・バームバック監督最新作『マリッジ・ストーリー』。(以下ネタバレあります)


監督の仕事とは?
marriagestory1 (1)

いやぁ、実に素晴らしかったですね。

いまは仕事で疲弊しているので寝てしまいそうな予感がしましたが、とにかく脚本の出来がいいのも当然ながらあるけれども、とにかく主役二人の芝居がとんでもなく素晴らしく、眠気が完全に吹き飛びました。

スカーレット・ヨハンソンもアダム・ドライバーも芸達者な俳優であることは周知の事実でしょうが、この『マリッジ・ストーリー』は二人のこれまでのベストでしょう。あれだけの超絶演技を引き出したノア・バームバック監督の手腕が光る一作ですね。

そういえば、映画の専門学校時代、中国語圏の映画で監督のクレジットがなぜ「導演」なのか、という人がいて、「監督の一番の仕事は俳優から演技を導き出すことだからじゃないか」と答えると「あ!」といまさら気づいたかのような顔をしていました、監督した経験がある人ですよ。

別の監督経験のある友人も「誰それが演技賞を総なめしたのは監督の功績と言ってたけど、違うよな」と言ってきたので「何で」と答えると「ウソーー!」と飛び上がらんばかりに驚いていました。監督の一番の仕事は演技指導なのに。

溝口健二みたいに、芝居だけつけてどう撮るかは宮川一夫に任せても大丈夫。
ポール・バーホーベンみたいに「僕は編集はしないんだ。撮影が終わったら素材を編集マンに渡して出来上がりを待つ」と編集にまったく口出ししなくても大丈夫。

でも、演技指導を他の人に任せてしまったら、その監督は監督でなくなってしまう。演技指導する人が本当の監督。以上のような認識を映画作りを目指す人間がもっていないことに愕然となったものですが、それはまた別の話。

とにかく、この『マリッジ・ストーリー』でのノア・バームバック監督の演技指導は素晴らしかったと思います。

ただ……


芝居場でなぜカットを割るのか
marriagestory2

主役の二人が最後のほうで口喧嘩をはじめ、アダム・ドライバーが泣き崩れる素晴らしいシーンがあります。

二人の超絶演技の絶頂場面ですが、私は素晴らしいと思うと同時に、かなりの疑問を感じました。

それは撮り方。正しくは見せ方。

なぜ何度もカットを割ってしまったんでしょう?

アダム・ドライバーが泣き崩れるまで二人のエモーションが高まり続ける場面なわけだから、ワンカットで見せないといけないんじゃないですか?

二人のクロースアップなんかいらない。もっと引いた画でかつては愛し合った男女が男が号泣するまで激しい口論をするその様を「まさにいま目の前で起こっているかのように」見せてほしかった。そのためにはカットを割るべきではなかった。

『once ダブリンの街角で』という映画がありました。

あの映画でも、いままさに歌が生まれる瞬間をカットを割って見せていましたよね。なぜワンカットで見せてくれないのかと再見するたびに思います。

先述のとおり、この映画では不必要なクロースアップが多いと思いました。最後にアダム・ドライバーが息子と会話して落涙する場面だって、もっと引いた画でワンカットで見せてほしかった。役者の芝居を一番重視して抜群の演技指導を施しているのに、それを十全に楽しめる形で見せてくれない。

文句ばかり書きましたが、私はこの映画にアカデミー監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞を取ってもらいたいと切に思います。(脚本賞の受賞はほぼ当確のような気がしますが。少なくとも脚本家組合賞は取るかと)

なぜ作品賞は応援しないのかって?

やっぱりホームドラマが作品賞って違うと思うんですよね。『クレイマー、クレイマー』あたりからこじんまりした人間ドラマが作品賞を取ることが増えましたけど、アカデミー賞というお祭りにそういう映画はふさわしくないんじゃないかというのが個人的な意見です。


関連記事
『曽根崎心中』を見て改めて思う監督の腕とは







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月30日

最近、「やくざ」という言葉が放送禁止用語になっていると知り、目が点になりました。

これ、本当のことらしいです。

別に「めくら」「つんぼ」「エタ」「非人」みたいな差別される側を指す蔑称じゃないのに、いったいなぜなのか。


AS20170329002159_commL

やくざに取材できなくなった
やくざ関連の著書をたくさん出しているジャーナリストの溝口敦氏によると、

・「やくざ」という言葉は江戸時代からある言葉だけども、やくざという存在を認めている人たちが使う言葉である。
・「やくざ」をやめて「暴力団」にするというのは警察の呼称に合わせているだけ。マスコミは警察に牛耳られているから。

ということだそうです。

かつて、やくざ関係の取材をするときは、やくざに直接取材していたそうです。刑事より記者のほうが情報をたくさんもっていて、いろいろ教えてあげたとか。

ところがいまでは反社会勢力との接触を断たなければいけないから、やくざに取材できない。警察が発表することを鵜呑みにしてそのまま発表するしかない。

だから「マスコミは警察に牛耳られている」となるわけですが、だとしたら、これは憲法違反じゃないの?


放送禁止用語とは
ms3165_190326majokko01

「放送禁止用語」とは、この言葉は放送してはいけないと法律で決められている、と誤解している人がいまだに多いですが、まったく違います。

放送業界が自分たちで「こういう言葉は放送しないようにしましょう」と業界内だけで決めているただの自主規制です。

「この言葉は放送してはいけない」なんて法律は作りたくても作れません。なぜなら言論の自由と表現の自由が憲法で保障されているわけだから明らかな憲法違反です。

そして、これもあまり知られていませんが、法律と憲法の違い。

法律は、人を殺したらこれだけの刑に処すとか、権力者が大衆を縛るもの。

対して憲法は、権力者の暴走を防ぎ、大衆の権利を保障するもの。だから基本的人権も、表現の自由も、集会・結社の自由も、職業選択の自由も憲法に書かれているし、同時に、自白は証拠にならないとか拷問の禁止も刑事訴訟法ではなく憲法に書かれている。(そのとおりに運用されているかは別問題)

だから、警察がマスコミを牛耳った結果として「やくざ」という言葉が放送禁止用語になるなら、これは言論の自由や表現の自由に反するし、何より警察という権力の暴走を促すという、憲法の精神に反したものとなる。

溝口氏はマスコミを牛耳っている警察を一方的に悪者に仕立て上げたいみたいですが、私は警察と結果的に癒着しているマスコミも悪いと思う。

反社がどうとかそんなこと関係なしに取材してどんどん記事を書けばいいと思う。言いなりになったり忖度したりしてはダメ。それが「ジャーナリズム」というものじゃないの?

「やくざ」が放送禁止用語になった今回の憲法違反は、警察とマスコミのコラボレーションでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月28日

昨日の『5時に夢中!』で、「グラビア2秒説」というのが取り上げられていました。


toumi1 (1)

何でも、あるカメラマンが、週刊誌などの美女のグラビアに関して、

「コンビニでお客さんが自分が撮ったグラビアを2秒間見てくれたら、それでいい」

みたいなことを言ったそうです。

グラビアなんて一目だけ見てページをめくることが多い。それは私の経験からも言えます。誰しもそうじゃないかな。

だから、2秒だけでも見入ってくれたら撮った人はうれしいらしい。それが「グラビア2秒説」。

それを聞いて、「カメラマン一瞬説」という言葉が浮かびました。

撮影所にいたとき、Yさんという、重役も頭の上がらないカメラマンがいて幅を利かせていたんですが、撮影部にはあとSさんとHさんという人もいて、このHさんがとんでもないカメラマンだったんですよ。

とんでもないというのは「カメラマンとしての才能がとんでもない」ということ。

引きの画が持ち味の人だったので録音部泣かせでしたが、ラッシュを見ると、映った瞬間に「スゲーーーー!」ってなるんです。

何でこのカットを200ミリの望遠で撮るんだろうと現場で不思議だったのが、撮られた映像を見ると、なるほど、こういう画が撮りたくて望遠だったのかと驚嘆しました。

だから「カメラマン一瞬説」。

Hさんより上の立場だったYさんの撮った画を見て胸打たれたことなかったですもん。

カメラマンの才能ほど一目でわかるものはありません。おそろしや。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加