2019年08月22日

いま、文芸評論家の三浦雅士さんが経済学者・岩井克人さんに聞き書きした『資本主義から市民主義へ』(ちくま学芸文庫)を読んでいます。




まだ途中なんですが、めちゃくちゃ面白い知見にあふれていて夢中で読んでいます。


奴隷制度は必然だった⁉
この本で一番面白いのは「会社はモノだけれど同時に法人という形でヒトでもあるように、人間もまたヒトであり同時にモノなのだ」というところ。

「人間が生物学的にヒトであるのは自明の理だけれども、社会を営む存在としてのヒトはまず何よりも『法人』という概念によって獲得されたのではないか。つまり、法人である以上は会社と同じくモノでもある。だから奴隷制度は必然だった」

うーん、これはめちゃくちゃ面白い!


ホリエモンの誤算
img_87e8cc289

ホリエモンのニッポン放送の株買い占めによる乗っ取りが失敗に終わったことが例に出され、次のようなことが語られます。

「堀江さんが『カネで買えないモノはない』といったのは100%正しい。でも、ヒトとしての会社はカネでは買えない」と。

なるほど、あの騒動の本質はそういうことだったのか。


モノとして扱われる体験
今日、病院へ行ってきました。そこでこの本で言われていること「人間はヒトであり同時にモノでもある」を体験したんですね。

精神科なので、最初は↓こんな感じです。

10230002068

「人間対人間」といったかんじですね。私の話をよく聞いてくれる。

で、瞳孔の収縮を見ます。いい画像がなかったので、膝関節を見る医者に替えます。

maxresdefault

これは人間をモノとして扱っていますね。このように、人間は相手の人間をヒトとして扱ったりモノとして扱ったりをその場の状況に応じて使い分けていることに初めて気づいたわけです。

よく、ドラマなんかで女が男に「私、あなたの物じゃないから!」とかいう場面がありますが、ああいうふうに、人間をモノとして扱うのは普通よくないこととされています。しかしながら、誰だって人間をモノとして扱ったり扱われたりしている、ということにいまさらながら気づかされた次第。


映画というカウンターカルチャー
images

映画も人間をモノとして扱いますよね。特にアクション映画がそうだし、次がポルノ映画かな。いや、どんな映画だって人間の肉体を描いているのだから、すべての映画が人間をモノとして扱っている。

黒沢清監督は、
「愛してると一言つぶやくより、一発ぶん殴るほうが映画においては決定的なのだ」
と言っています。

映画は、人間のヒトとしての心理も描くけれど、同時にモノとして物理的な捉え方もする。映画黎明期のサイレント映画ってどれも役者が不気味で怪奇的じゃないですか。あれは「モノとしての人間」が描かれているからでしょう。

資本主義が花開いた19世紀は近代文学が花開いた時代でもありました。そこでは「個人としての人間」つまり「人間精神」が尊ばれていた。「ヒトとしての人間」ですね。

その19世紀末にモノとしての人間を扱う「映画」というメディアが生まれたのは非常に示唆的ではないでしょうか。

ホリエモンは会社をモノとしてのみ見たために失敗しましたが、近代精神は人間をヒトとしてのみ見ようとした。それもまた片手落ちである。そこに映画というカウンターカルチャーが「モノとしての人間」を復活させた。

「歴史」というものの壮大さを感じるのはこういうときですね。岩井さんと三浦さんはしきりと「最終的には文学の問題だ」と言っていますが、私に言わせれば「すべては映画の問題だ」

そういえば、奴隷制度が廃止されたのも19世紀でした。19世紀は「ヒトとしての人間」と「モノとしての人間」のせめぎあいだったのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月20日

山田太一さんの1979年作品『沿線地図』の13話・14話。いやぁ~、仰天しましたね!(以下ネタバレあります。見てない人は絶対読んじゃダメですよ)

前回までの記事
①まるで自画像のような
②両親たちのウロウロ
③父親の落とし穴
④脚本家の苦心
⑤前面に出てきた笠智衆
⑥口紅はいらない

浮気話で引っ張る引っ張る
img-013-1

前回の「口紅はいらない」で、浮気がばれるかばれないかで引っ張るのはおかしいと書きましたが、今回も2話続けて浮気のことばかりで「ここまで引っ張るか」と少しうんざりした感じで見ていました。半狂乱になる岸惠子を薄い目で見る児玉清みたいな感じで。

それが、二組の夫婦がとりあえず和解したあと、4人で会いましょうとなる。なるほど、いままでは銀行員と電器屋という違いこそあれ、どちらもまっとうに生きてきた夫婦が、今度は「過ちを犯した者同士」として会い、そのうえで子どもたちの妊娠に向き合っていくんだな。それならこの長かった浮気話にも意味があるよな。

と思っていたら……


仰天の笠智衆!
IMG_20190820_072530 (3)

前々からヤングマンを一人で見ながら物思いにふける笠智衆が何かやらかすんじゃないかと思っていたら、児玉清に電話がかかってくる。「父が何か?」

とうとう何かやらかしたのか! と思っていたら、自殺⁉⁉

え、何で???

そう来るとは思わなかった。ずっと何かを考えていたようですが、うーん。

何で浮気話でここまで引っ張るのかとうんざりして、なるほど、そういうわけかと納得しかけたところでお爺さんの自殺。いやぁ~、これは当事者でなくても気持ちの整理ができないというか何というか。

実は、私はこのドラマで最後のほうで誰かが死ぬのは知っていました。貼り付ける画像を検索していたら白布をかぶった人に広岡瞬が寄り添っている画像がありましたので。

でも、私は真行寺君枝だと思ってたんですよね。先週、妊娠したというのもあり、流産とか切迫早産とかで子どもは生まれたけど(あるいは母子ともに)死んじゃうとか。でもいまその画像をよく見てみると通夜の席に真行寺君枝もいますね。なるだけ見ないようにしていたので、そうか、死ぬのは笠智衆だったのかと仰天している次第。

なぜ自殺したのか、そのことで問題を抱えた家族6人がどのように収束するのか、そのことについては来週を楽しみにするとして、以下は今回印象に残ったことについて。


母と娘の違い
亭主の浮気で完全に機嫌を損ねた岸惠子は、向かいの不動産屋・野村昭子が訪ねてくると、笑顔を繕ってワンピースを見せびらかしたり、決してボロを出しませんが、笠智衆が訪ねてきたときの真行寺君枝は不機嫌な表情を隠せない。

独立して暮らしているから同年代の人間よりはよっぽど大人なんでしょうが、やはり電器屋として少しもゆっくりした日常を過ごしたことのない母親に比べると、まだまだ18歳の女の子はそこまでよそ行きの顔はできないんですね。岸惠子は児玉清にしきりと「教養がない電器屋」と自己卑下して言いますが、教養のある娘よりよっぽど偉い。教養の有無なんかより苦労して年輪を重ねている人間のほうがよっぽど偉い、という山田太一さんの人間観が如実に表れていると思いました。
 

「ウソ家族」に悦びを見出す男
新井康弘のスナックに岸惠子が行ったときに、家族の愚痴を言う男がいましたよね。前にも一度登場したことがあるというのはすっかり忘れてましたが、母親と妻のことで愚痴ばかり言う。でもそれは全部嘘で、彼は独身だという。

おそらく、妻に逃げられたか何かなのでしょう。妻がいればこういう愚痴を言っているだろうということをこぼして自己満足している。あれは何だか妙に哀しかったですね。

ああいう、疑似家族ですらない、「ウソ家族」に悦びを見出すしかない人間よりも、子どもたちが勝手しようが、夫や妻が勝手しようが、本当の家族がいるならそのほうが幸せだよ、というメッセージなのでしょう。

ちょっとメッセージ過多な気がしないでもないですが(意味するところがはっきりわかるだけに)でもあの男の悲哀は今回の2時間では突出していて、彼を主人公にしたドラマを見てみたいとすら思いました。


何か笠智衆の自殺の報にまだ心がざわついていますが、しかし、冷静になって考えてみると、子どもたちが妊娠で堕ろすか堕ろさないかでもめているときに、親たちは浮気でバタバタしている。本当なら、広岡瞬は両親に相談するのが筋なんでしょうが、両親はそれどころじゃない。秘密を打ち明けられた笠智衆が自殺したということは、親たちがしっかりしていれば死なずにすんだ、ということなんでしょうか? 

ただ、私の極私的な好みを言わせてもらえば、誰かが死ぬことで結末を引き寄せるのはあまり好きではありません。

来週の最終回では、そんな個人的な好みなんか吹っ飛ばすような展開/転回を期待します。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月18日

昨日、ビルバオがアドゥリスの超絶ゴラッソでバルサを打ち砕き(しかしバルサはメッシがいないとぜんぜんダメですな。引退したらどうなるんだろう)今日はレアル。昨季がさんざんで、プレシーズンもさんざんな出来。何しろ7試合で18失点ですからね。負け癖も治ってないし、失点癖も治ってない。ダイジェストでしか見てないけど、簡単に裏を取られすぎ。

と思っていたら、今日の第1節、終わってみれば快勝といっていい出来だったのでとりあえずはホッとしました。


karim-benzema-real-madrid-17082019_2b9x9abig4a1ztg8w2beg3nd

スタメン(4-3-3)
GK:クルトワ
DF:オドリオソラ、バラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF: モドリッチ、カゼミーロ、クロース
FW: ベイル、ベンゼマ、ヴィニシウス


驚愕のベイル!
何といっても驚きはベイルのスタメン入りですね。真っ先に放出されるかと思っていたら何だかんだの末にまだ残ってる。しかも安く売る気はないペレス会長のおかげといっていいのか、アザールが怪我したこともあってスタメンを勝ち取る。

しかし、怪我のおかげだけじゃないですよね。あの驚異的なスプリントは開幕に向けてきちんと仕上げてきた証拠だし、クロスもシュートも鋭かった。

ベイルがこの調子なら、今日出場するんじゃないかといわれていたハメスもかなり仕上げてきてるんじゃないかと期待してしまいます。出てないからわからないけど、二人とも残留を希望していまだ残っているわけだし。


心配なヴィニシウス
私はヴィニシウスがどうも心配です。昨季、苦しいときは彼を中心にチームが組まれていましたが、かつてBBCといわれたうちの二人、ベイルとベンゼマが躍動すると、まだ若く経験値の低い彼がものすごく普通の選手に見えてしまう。

今日のベイルは守備でも光ってましたよね。相手ボールになったら、下がって4-4-2になっていた。おそらくヴィニシウスも下がって4-5-1を形成しろというジダンからの指示があったんじゃないかと思うんですが、彼は下がるのが遅い。攻撃で貢献できたかというとそうでもなく、これでアザールが復帰したら居場所がなくなりそう。


VARの是非
しかし、今日の試合はVARに助けてもらった試合でもありました。
前半終了間際のオフサイドは確かにオフサイドでした。でも、逆の立場でゴールを取り消されることだってあるわけで、何かいまだにVARには慣れられない。そりゃ、ゴールに入ってるのに認められないとか、そういうのはやめてほしいけど、あのイアゴ・アスパスのオフサイドはどうなんでしょうね。「誤審も含めてサッカー」といっていた時代が懐かしいのは私だけ?

それよりもっと大きいのはモドリッチの退場。あれが一発レッド??? そりゃ後ろからアキレス腱を引っかけてたから危険なのはわかるけど退場はちょっと行き過ぎのような。わざとやったんじゃなくて、ボールに行こうとした足を下ろそうとしたらたまたまそこにデニス・スアレスの足があっただけでは?

という不満もあるけど、私はあの退場が功を奏したと思います。何しろキーパー以外の10人全員が攻撃大好きなチームですから。あまり前がかりになると簡単に裏を取られて逆転の可能性もある。あそこで1人少なくなったことで「無理をしない」攻撃に移行できたかな、と。2点目のクロースの弾丸シュートも無理をしないおかげですよね。

それより3点目が今日のハイライトでしょうが、それより、モドリッチが退場になってもすぐに交代で同じMFのイスコを入れたり、ルカス・バスケスを入れて守備の安定を図るなどの措置を取らず、4-2-3というものすごいシステムでじっと我慢していたジダンの采配もすごいと感服しました。実質4-4-1だったような気もしますが。でもやっぱりヴィニシウスの位置が高すぎたような……?

モドリッチ退場で、次節は中盤の構成をいじらざるをえなくなりました。カゼミーロとクロースは鉄板として、あと一人は? イスコ? ハメス? はたまたバルベルデ?

私はハメスを見たい! ジダンはモドリッチ、カゼミーロ、クロースの3人に囚われている感があるので、モドリッチ退場でハメスが見られる! と期待しているのは私だけでしょうか? いや、モドリッチも好きなんですよ。誤解のなきよう。(過去記事を見てもらえばわかります)

あと、セルタではイアゴ・アスパスがさすがの活躍でしたが、最後に強烈なシュートを叩き込んだロサーダという18歳の選手に大注目! あの積極性は素晴らしい。今季、大ブレイクするのは確実と見ます。


THE REAL MADRID WAY レアル・マドリードの流儀
スティーヴン・G・マンディス
東邦出版
2018-05-17




  • このエントリーをはてなブックマークに追加